乃木坂46 生駒里奈 評価

乃木坂46

生駒里奈 (C) 乃木坂46公式サイト

「希望があるところには必ず試練があるものだから」

絶望の果てに希望を見つけたろう
同じ望みならここでかなえよう

くるり / ワールズエンド・スーパーノヴァ

生駒里奈、平成7年生、乃木坂46のオープニングメンバーであり、初代センター。
青春の犠牲を抱きしめる姿形、叫喚、情動の発露、情報に囲繞され傷めつけられる境遇、なによりも、その”不完全さ”がつくる圧倒的な主人公感から、前田敦子の系譜に連なる人物と云える。
生駒里奈は庶民的な親しみやすさをそなえた有徳な人物であるが、功労者よりも、到達者という印象のほうがつよい。乃木坂46に所属する少女たちがアイドルを演じるにあたり、虚構の必要性を自覚し、もうひとつの別の世界へ踏み込む”きっかけ”をあたえた登場人物、それが生駒里奈である。彼女は常にグループの矢面に立ち、クリティークの的となった。仲間でありライバルでもあるアイドルたちの一歩先をあゆみ、迎え撃つ試練を打倒し、あるいはそれと相討ちになり、おくれてきた仲間には希望の存在だけをみせた。やはり、到達者と云ってよいだろう。
だが、こうした想到は大衆とは無縁のものであり、彼女の物語は常に誤解と歩調を共にしている。彼女の横顔は同時代を生きるアイドルのバイブルにはならなかったし、だれも過剰な憧れを抱かなかった。たとえば、西野七瀬白石麻衣、なによりも生田絵梨花のように、次の世代を生きる少女の内になにものかの物語を受け継ぐという意志を宿らせることが生駒にはできなかった。彼女がひきおこすのは、ひとにぎりの賞賛とそれを徹底的に押しつぶそうとする憎悪だけである。だから、だれも「生駒里奈」になりたいとは思わなかったし、なれるとも思わなかった。つまりそこに見る孤立こそ、生駒里奈=到達者であることの証なのだ。

人間というものは、個々の存在として個人的生活を送っているのみならず、意識的あるいは無意識的に、自分の生きている時代の生活や自分の同時代人の生活をも生活していくものである。…われわれは誰しも、いろいろな個人的目的、目標、希望、見込みなどを眼前に思い浮かべて、そういうもののためにより高度の努力や活動へと駆り立てられもしようが、しかし私たちを取り巻く非個人的なもの、つまり時代そのものが、外見上ははなはだ活気に富んでいても、その実、内面的には希望も見込みも全然欠いているというような場合には、つまり時代が希望も見込みも持たずに困りきっているという実情が暗暗裡に認識できて、私たちが意識的または無意識的になんらかの形で提出する質問、すなわち一切の努力や活動の究極の、超個人的な、絶対的な意味に関する質問に対して、時代が空しく沈黙しつづけるというような場合には、そういう状況は必然的に、普通以上に誠実な人間にある種の麻痺作用を及ぼさずにはおくまいと思う。しかもこの作用は、個人の精神的、道徳的な面から、さらにその肉体的、有機的な面にまで拡がっていくかもしれない。「なんのために」という質問に対して、時代が納得のいく返事をしてくれないというのに、現在与えられているものの力量を上回るほどの著しい業績を挙げようという気持ちになるには、ごくまれな、あの英雄的な性格を持った精神的孤独と直截さか、あるいは恐るべき生命力が必要であろう。ところでハンス・カストルプには、そのどれも欠けていた。だから、本当の敬意をこめた意味からにもせよ、彼はやはり「凡庸」だったのであろう。

トーマス・マン / 魔の山(高橋義孝 訳)

グループにおいて、他の追随を許さない求心的な主人公への業を背負う生駒里奈、彼女の物語をビルディングスロマンと呼んでも過褒にはならないはずだ。ビルディングスロマンを日本語に訳すと、自己形成小説、成長小説、教養小説となる。教養小説とは、トーマス・マンの「魔の山」を例にすれば、凡庸な「主人公がいろいろな体験を重ねてヒューマニズムの精神を獲得する」物語、となる。つまり、試練を乗り越え、希望を手にするアイドル・生駒里奈の成長物語こそ、ビルディングスロマンと名付けられるのではないか。煌めく才能に囲繞され、その中央に立たされ、あたまをかき乱し、もだえ苦しむアイドルの姿、それはまさしく「凡庸」と形容すべきアイドルの醜態であり、アイドルとの成長共有への憧憬を満たす陰影と云える。とくに、『君の名は希望』のミュージックビデオ、その狭い舞台、息苦しい仮構のなかでみせた、天才を仮装する叫喚こそ、生駒里奈が「凡庸」であることを裏付ける明確な醜態であろう。だが、同時に、生駒里奈の放つ”主人公感”には独特な異物感、つまり「精神的孤独」を抱え込んだ人間だけが作り出す「英雄的」な手触りがたしかにあり、トーマス・マンの書く主人公、ハンス・カストルプとは”イロ”が異なるようにも思える。『Against』を通じて、「現在与えられているものの力量を上回るほどの著しい業績を挙げよう」と先導し、「麻痺作用」を及ぼす、閉塞からの脱却を試みた姿勢には、彼女が「凡庸」を凌ぐ資質をそなえる徴をたしかに覗く。生駒里奈の凄みとは、作り手から凡庸の象徴と見込まれグループの中心に置かれそのとおりの成長物語を記しつつも、なおかつその凡庸という枠すらも貫く成長を描いた点にある。事実、『Against』提供以後、不毛の覚醒、よりほぐして云えば、出口の見えない、アイドルを演じる日常に悩まされる少女が、自己否定を支えにして自己の超克を試みる、といった展開がシーンに頻出している。つまり生駒里奈は、シーンの動向に対し、”来るべきものの側”として起立する、エポックと形容できる。*1

いままで、かれの作品では、否定のあとに開けられた空洞を、もっぱら肉体的情念で埋めていたのですが、この作品ではそれが精神的に肯定されることによって、倫理への通路が開かれているようにおもわれます。 しかも、そこにはなんの感傷的な抒情もなく、ハードボイルド・リアリズムは手堅く守られており、眼に見える外面的なもの以外はなにも描くまいと決心しているようです。

福田恆存 / 老人と海の背景

本来の生駒里奈は、トーマス・マンではなく、ヘミングウェイと距離が近い。彼女の物語はヘミングウェイの文体のように徹底的に感情が抑制され、研ぎ澄まされ、洗練されている。彼女の姿形は、「どうしてもそこで生きる人間に不本意な妥協を強いる世間において、懸命に、ごまかしなく、しかも誇りを守り抜こうと闘う果敢さ」を抱えた「ハードボイルド」に映る。*2
境遇に振り回されながらもグループアイドルの”主人公”として屹立し、闘争との対峙を隠さない姿勢が異端児と扱われてしまう点は、松井珠理奈と共時している。松井珠理奈こそ、「精神的孤独と直截さ」を持ち、なおかつ、「恐るべき生命力」をそなえたアイドル、「英雄的」なグループアイドルの雛形である。松井や生駒の際立ったエモーショナルとは、アイドルの存在そのものをヴァルネラブルの境域へと、読者の潜在意識を誘導する。その結果、終始、安易に内奥を吐露している人物と映るのだから、ファンはアイドルのことを良くも悪くもわかった気になってしまう。しかし、人間の心とはそんなに浅いものではない。彼女たちはビルディングスロマンでありながら無理解や誤解を抱える倒錯した登場人物であった、と云える。*3

『君の名は希望』以降、生駒里奈を主人公とした乃木坂46の物語は彼女そのものを”端境期”に扱い、生駒里奈という中心軸から放たれた少女たちの物語は群像劇へと傾倒して行く。その群像劇のなかで描写される”生駒里奈”は「眼に見える外面的なもの以外はなにも描くまい」と堅く「決心しているよう」に映った。彼女の「感傷」が多少なりとも覗えたのは”卒業”決定後に制作された『Against』くらいではないだろうか。『Against』において、自身の存在理由、自己をもっとも的確に表現できる手法の模索への、とりあえずの回答が示されたことは、現代アイドルにとってひとつの到達点にタッチしたと評価できる。そして、その段階で物語がぶつ切りに終わってしまうのもまた、ヘミングウェイの短編小説のような読後感を読者に与えるのである。*4

 

総合評価 80点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 14点 バラエティ 17点

情動感染 18点

乃木坂46 活動期間 2011年~2018年

引用:*1 *3トーマス・マン / 魔の山
*2 福田和也/作家の値うち

*4福田恆存 / 老人と海の背景

  関連記事

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...