AKB48 前田敦子 評価

前田敦子 (C)日刊スポーツ

「未来を切り拓いた功績不朽のアイドル」

前田敦子はAKB48のオープニングメンバーであり、神7のメンバーである。
新たなアイドルブームの幕開けを担った寵児として、現代アイドルが書くすべての物語のはじまりに、紡ぎ出される物語のプロローグに描写されるべき人物である。

グループの黎明期において常に矢面に立たされ、内外からクリティークの的に曝されつづける少女の「境遇」は、いつしか平凡な女の子が叶えたシンデレラストーリーにすり替わる。触れる者すべてを不愉快にしてしまう沈鬱なオーラを纏う少女が、抱え込んだオブセッションと業に翻弄されながらも、女王と成り上がったとき、少女の作り出す表情がどのように変わるのか、醜くも美しい俗物となるのか。その辿るべき末路の象徴とされる成長物語を余すことなく描き、後世に残した。この「前田敦子」というアイドル、文学の存在は、国民を巻き込むアイドルブームを誘発し、グループアイドル「AKB48」は国民的アイドルの座に押し上げられ、現代アイドル史の性格を決定付けた。
激動期を生き抜いた前田敦子の物語が、後世のアイドルたちが書き連ねる物語の構成要素を全て包括してしまうという点をどうみるべきか、現代アイドルに課せられた試練として、価値のあるテーマになるだろう。前田敦子に賛辞を贈るべきか、現役アイドルの資質不足と斬り捨てるべきか。どちらにせよ、今後、前田敦子のアイドルとしての文量を超える人物が誕生する可能性はきわめて低いのではないか、とおもう。

 

総合評価 83点

現代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 16点

演劇表現 16点 バラエティ 15点

情動感染 20点

AKB48 活動期間 2005年~2012年

評価点数の見方

AKB48