AKB48 前田敦子 評価

AKB48

前田敦子 (C) 日刊スポーツ

「未来を切り拓いた功績不朽のアイドル」

前田敦子、平成3年生、AKB48の第一期生。2代目センターであり、「神7」のメンバー。
平成年間を通し、グループアイドルの枠組みだけでなく、「アイドル」そのものとして、冠絶した主人公を描いた人物。センターポジションを務めた回数は、実に「22回」と他の追随をまったく許さない。しかし、前田の主人公感とはそのような記録に支えられているのではない。7年間の物語の中で、情報に囲繞され苦渋する現代アイドル特有の反動を彼女が溢したシーンは、第3回AKB48選抜総選挙時の叫び(『私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください』)のみであり、このファンとの距離感、つまりフィクションの作り方こそ、前田敦子が他のアイドルの到達を許さない境域に立つことの真の証しと云える。後世、平成のアイドルシーンを振り返った際に、まず最初に挙げられるアイドルの名、それは「前田敦子」になるのではないか。

グループの黎明期において常に矢面に立たされ、内外からクリティークの的にさらされ、堪えがたい苦しみを味わう少女の精神的孤独と境遇は、いつしか、平凡な女の子が夢見る、シンデレラストーリーへと塗り替わる。触れる者すべてを不愉快にする沈鬱なオーラをまとうが、ひとつの笑顔を溢すだけで周囲に堆積した屈託を打ち消してしまう…、そのような魔力をそなえた少女が、抱え込んだオブセッションと業に翻弄されながらも女王と成り上がったとき、日常を演じ、幻想の矛先に選ばれる人間の表情がどのように変わるのか、俗悪になりきれず通俗に傾くのか、その辿るべき末路を、象徴を前田敦子は教養小説(純文学)として見事に描ききった。彼女の風姿は、やがてグループアイドル史のなかに強烈なかがやきを放つ系譜を刻むことになる。

むかし好きだった女や、好きだと云えなかった女、実際に恋愛をした女。時が経ち、彼女たちの顔がボンヤリとしか思い出せなくなる。アイドルを演じる少女たちのなかにその面影をもつ者が居て(あるいは面影と呼べるもの自体存在しないのかもしれないが)、アイドルの顔と思い出の中で揺く女の顔がすり替わってしまう。「過去の女」が目の前で笑うアイドルの姿形と比較して決定的に劣ることを頭ではしっかりと理解できているのに、むしろそのすり替わりをハッキリと否定したいのに、どうしてもかさなってしまう。頭からはなれない。堪えがたい…、つまり、このような悶えの提供が純文学の境域に立つアイドルの、前田敦子の魅力なのではないか。彼女は常に、観者に自己否定をうながす。

「カフェテーブル」からはじまった「前田敦子」というアイドル、文学の存在は、国民を巻き込むアイドルブームを誘発し、グループアイドル「AKB48」は国民的アイドルの座に押し上げられ、現代アイドル史の性格を決定付けることになる。激動期を生き抜いた前田敦子の物語が、後世のアイドルたちが書き連ねる物語の構成要素を全て包括してしまうという点をどうみるべきか、現代アイドルに課せられた試練として、価値のあるテーマになるだろう。前田敦子に賛辞を贈るべきか、現役アイドルの資質不足と斬り捨てるべきか。どちらにせよ、今後、前田敦子のアイドルとしての文量を超える人物が誕生する可能性はきわめて低いのではないか、とおもう。前田敦子は、新たなアイドルブームの幕開けを飾った寵児として、現代アイドルが描くすべての物語の書き出しに描写されるべき人物である。

 

総合評価 82点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 16点

演劇表現 16点 バラエティ 16点

情動感染 18点

AKB48 活動期間 2005年~2012年

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...