乃木坂46 僕のこと、知ってる? 評価

乃木坂46, 楽曲

(C) 2019「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会

「記憶喪失」

歌詞について、

自己像の捩じれ、存在理由の揺らぎ、自我を喪失し「迷子」になりながら成熟を獲得しようと試みる「僕」を描く。アイドルシーンの収斂と安易に云い切れない、楽曲がそなえる”世界感”は広大であり、虚構に対する批評空間、その余地はあまりにも膨大に映る。退屈を投げつけ、落胆をあたえる場面は、音が鳴り止むその時まで、ひとつもない。詩に触れてしまった鑑賞者に、それぞれ、独自の批評展開をはじめさせる希求力を把持する。”ここではないどこかへ”という作詞家・秋元康のクリシェが倦みを作らない理由は、物語の展開にケレンに似た逆転が仕掛けられているからだ。穏やかで澄んだ響きのなかに強烈なアイロニーが込められており、作家生来の俗悪さとイノセンスの止揚があぶり出す魅力は凄まじいの一言。作家のアイデンティティの成立が楽曲の詩的世界の成り立ちと響きあう事実は、シーンの「傍観者」といった立場を意識的に振る舞う作詞家・秋元康、彼自身もまた、グループアイドルの作り出す成長共有、このコンテンツに否応なく囚われていることを証している。現代でアイドルを演じる少女の内奥を現代日本人の映し鏡と扱い精緻に写実する文学性、つまりアイドルに対する批評性の所持が明確に提示された結果、常に情報といった揶揄に囲繞され、かつ、それを過剰に自覚する作詞家・秋元康の存在理由が十全に満たされて行く…、この光景こそ、グループアイドルシーンのイコンと云えるだろう。(*1)

現代でアイドル(もうひとりの自分)を演じる行為とは、架空の世界に産み落とされた”もうひとりの自分”を育てながら、仮想と現実を行き交い、「本当」の自分のアイデンティティの確立を試みる、そして、それをひとつの物語としてファンに語る所業である。興味深いのは『僕のこと、知ってる?』の”世界感”においては、アイドル=「僕」が架空の世界をさまよい歩くうちに、それが現実世界での自我の喪失に、ピアノマン的な「迷子」の仮装へと完全にすり替えられている点である。喪失体験の通過によって成熟を獲得しようと「迷子」になる…、アイドルとしては爛熟期にあたる物語からも、『僕のこと、知ってる?』ともっとも響きあうグループアイドルは白石麻衣と云えるだろう。この歌詞を書かせた原動力に彼女の作った虚構から放たれる寂寥があるのは間違いない。「僕のこと知ってる?」、この問いかけは、名前や顔への誰何ではなく、本質的な徴の消滅、つまり本当の自分を一体誰が知っているのか、という陳腐な自問自答であるのは云うまでもない。アイドルを演じ暮らす日常の時間が、アイドルに成る前の日常の記憶を凌ぎつつある段階で遭遇する憂鬱と嘆き、「僕」のことを知らない街で、「僕」のことを知らない「誰か」なら、きっと本当の自分を教えてくれるはずだ、という無垢な妄執と感傷、これらをあざ笑うかのように、「僕」は「街に貼られたポスター」=過去にうつし出された自分自身から「足跡」を発見する。悲喜劇的な倒錯に満ちた結末と云えるが、しかし、たしかに希望に溢れている。(*2)
平成が終わり、令和が始まった現在、このタイミングで、圧倒的な美を誇り、圧倒的な人気を獲得した白石麻衣の写実、つまり私小説的な物語を想わせる楽曲の提示を”はじめて”実現し、それをグループアイドル史の成熟に重ね合わせることに成功したのだから、会心の作と呼ぶほかないだろう。

 

総合評価 83点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 17点 歌詞 20点

ボーカル 16点 ライブ・映像 14点

情動感染 16点

引用:(*1)(*2) 秋元康/僕のこと、知ってる?

歌唱メンバー:秋元真夏、生田絵梨花、伊藤理々杏、井上小百合、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、北野日奈子、久保史緒里、齋藤飛鳥、阪口珠美、桜井玲香、佐藤楓、白石麻衣、新内眞衣、鈴木絢音、高山一実、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、与田祐希、渡辺みり愛

作詞: 秋元康 作曲:中村泰輔 編曲:中村泰輔

 

STU48 門脇実優菜 評価

「技巧の極致」 門脇実優菜、平成15年生、STU48の第一期生。 デビューした段 ...

STU48 兵頭葵 評価

「青い向日葵」 兵頭葵、平成13年生、STU48の第一期生。 さっぱりした気性の ...

STU48 榊美優 評価

「CUCA」 榊美優、平成14年生、STU48の第一期生。 淡々としていて、常に ...