乃木坂46 君の名は希望 評価

乃木坂46, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

乃木坂46フォトコレクションさん(@nogizaka.girls)がシェアした投稿

 

『君の名は希望』は乃木坂46にとってひとつの転換点となった楽曲である。西野七瀬の発見、台頭。生田絵梨花のアイデンティティの確立など、この楽曲によって存在理由を満たしたメンバーは多い。
しかし、秋元康自身が生駒里奈に贈った楽曲だと公言した以上、それに沿った批評を試みるべきだろう。

この楽曲の歌詞に登場する「僕」と「君」を異なる視点から読み解くのも、おもしろい。

僕=ファン 君=アイドル

僕=秋元康 君=生駒里奈

僕=生駒里奈 君=乃木坂46

僕=乃木坂46 君=生駒里奈

「こんなに誰かを恋しくなる 自分がいたなんて 想像もできなかったこと」(*1) このフレーズだけでも様々なメタファーが駆け巡る。
それぞれの視点において、登場人物たちがそれぞれの役割を演じている。そこに、ボールが転がってくることで、その世界が私たちの前に立ち現れ、呼吸し、動きはじめる。これは時代の経過に耐えうる光景と云える。

この作詞の世界感とは、作詞家・秋元康の世代から眺めた現代日本人の「姿」ということなのだろうか。そこにリアルとのズレを感じてしまうが、その世代の抱える思想や価値観が誘導してしまう自己投影として、イデオロギーの成立を意識させられるのだから、手腕がある、と評価できる。

 

総合評価 86点

近代アイドル史に名を残す作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 19点

ボーカル 18点 ライブ・映像 15点

情動感染 16点

 

引用:(*1)君の名は希望

評価点数の見方