乃木坂46 君の名は希望 評価

君の名は希望(C)モデルプレス

「想像もできなかったこと」

歌詞、楽曲について、

『君の名は希望』は乃木坂46にとってひとつの転換点となった楽曲である。西野七瀬の発見、台頭。生田絵梨花のアイデンティティの確立など、この楽曲によって存在理由を満たしたメンバーは多い。しかし、秋元康自身が生駒里奈に贈った楽曲だと公言した以上、それに沿った批評空間が優先して作られるべきだろう。

この楽曲の歌詞に登場する「僕」と「君」を異なる視点から読み解くのも、おもしろい。

僕=ファン 君=アイドル

僕=秋元康 君=生駒里奈

僕=生駒里奈 君=乃木坂46

僕=乃木坂46 君=生駒里奈

「こんなに誰かを恋しくなる 自分がいたなんて 想像もできなかったこと」(*1) このフレーズだけでも様々な明喩が、メタファーが駆け巡る。乃木坂46のファンの多くが「こんなにアイドルを恋しくなる自分がいたなんて、想像もできなかった」というモノローグを抱えているのではないか。そして、乃木坂46の第一期生たちの多くも、アイドル自身も、アイドルを演ることへの希求を、思い焦がれを想像していなかったはずだ。それぞれの視点において、登場人物たちがそれぞれの物語性を抱え、役割を演じている。そこに、ボールが転がってくることで、その世界が私たちの前に立ち現れ、呼吸し、動きはじめる。これは時代の経過に耐えうる光景と云える。現代のアイドルファンがアイドルと出逢い、仮想恋愛に移行していく過程を標準化して保存を試みた点は文学と呼べるのではないか。この作詞の世界感とは、作詞家・秋元康の世代から眺めた現代日本人の「姿」ということなのだろうか。そこにリアルとのズレを感じてしまうが、その世代の抱える思想や価値観が誘導してしまう自己投影として、イデオロギーの成立を意識させられるのだから、手腕がある、と評価できる。

 

総合評価 86点

現代アイドル史に名を残す作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 19点

ボーカル 18点 ライブ・映像 15点

情動感染 16点

引用:見出し、(*1)君の名は希望

評価点数の見方

乃木坂46, 楽曲