AKB48 岡崎ちなみ 評価

AKB48

岡崎ちなみ (C)DREAMING MONSTERオフィシャルブログ

「夢の続きをもう一度」

岡﨑ちなみ、1992年生、AKB48の第十一期生。
切れ長の目、流麗な佇まい、抑揚を欠く仕草、エミール・ゾラの小説の登場人物のような”寒さに傷めつけられた”人間が抱える剣呑さから、岡崎ちなみは物語の主人公というよりも、物語の中心で賛美される存在を脅かし、不安をあたえ、成長をうながす役割をもった人物に映る。けして主役にはなれない、なにかの一番にはなれない苦渋や屈託を抱えたアイドルに映る。AKB48をわずか3ヶ月(ファンの前にはじめてその姿を見せた日から約2週間)で去った彼女の姿形をこのように描写できるのは、岡崎ちなみが現在(いま)も「夢の続き」を描き続けているからである。

AKB48を卒業後、『ねがいごと』、『かわいい娘には旅させ隊』、『DREAMING MONSTER』とアイドルを演じ、さらには劇団『Miss女子会』に参加するなど、その略歴を眺め、読み、浮かび上がってくるのは、文芸の世界に、都会のなかでもっともひかりの眩しい場所の虜になった少女の後ろ姿である。他人を喜ばすことに無上の喜びを感じる一方で、女優に憧れる女性特有の貪婪な慾情の自覚に悩まされる一人の女性の物語である。やれたけどやらなかったこと、やりたいけどやれなかったこと、やれたかもしれないこと、といったアナザーストーリーの存在を常に意識し、振り回され、不眠に陥り、憂鬱におそわれる。アイドルを演じる日常から離れ、”本来の日常”に戻る。やり残したことがまだある、と独白を作り、もう一度架空の世界へ帰還する。その度に、グループアイドルの醜態を、闘争を毎日のように目撃し、自らも晒す。自身の可能性の幅を押し広げるというよりも、自分の可能性がどこに落ちているのか、希望を捨てきれずに探し続けている。この通俗的でなじみ深い姿への妄執が「アイドル・岡崎ちなみ」をきわめて文学的な魅力を発散するアイドルに映す。
60点以上をつけたアイドルは、ひとつの時代を代表するトップアイドルグループ(現在ならば乃木坂46)の選抜メンバーとおなじ水準の資質をそなえている、と判断している。平成の終わりと令和の始まり、現在もライブステージの上でマイクを握って唄い踊る彼女の勇姿にはそれを説得させる力が宿っているだろう。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 11点

AKB48 活動期間 2010年~2010年

評価点数の見方