AKB48 森杏奈 評価

AKB48

森杏奈 (C) 森杏奈オフィシャルブログ/

「甦る過去」

森杏奈、1994年生、AKB48の第九期生。
AKB48の第二章と位置付けられた”9期”のなかにあって森杏奈の存在感はきわめて突出している。洗練された優雅さの中にメランコリックな響きと強烈な色彩をそなえたアイドルであり、後にグループを代表するメンバーへと成長する同期の横山由依、島崎遥香を凌ぐ資質の持ち主であった。怪訝を映す瞳のクールさと破顔、拳を握りしめて雀躍するように燥ぐキュートな仕草、この明確な止揚が顕にする、枯れることのない彼女の姿形は、現代アイドルとして、時代の要請を先回りし、迎え撃っていたようにおもう。現代人特有の「情報の雨」に打ちのめされ、ボロボロになりながら、叫びを圧しころし、孤絶と憂鬱に苦しむ森杏奈の物語は、アイドルを演じる多くの少女と令和が始まった現在(いま)も遠く響き合っており、ひとつのイコンを指し示したと云えるだろう。
ライブステージの上で森杏奈がつくり出す内向的な表情は、彼女が正規メンバーに昇格した直後に誕生する、西野七瀬のアイデンティティでもある”うつむき”を先駆けていたが、この逸材の物語が西野七瀬的な儚さではなく、寒さや脆さを迎え入れ、アイドルとして豊穣を獲得する前に、架空の世界の幕を閉じる結果になったのは、両者に与えられた境遇の差に因るのだろう。境遇如何でアイドルを演じる少女の作る”顔”がどのようにも染まる、染められる、というのはアイドルシーンの病弊と云えるかもしれない。デビュー直後、少女の目の前で執行された”第8期生への粛清”、その損失回避の対象となったのが、他でもない第9期生(森杏奈、大場美奈)なのだ。過去という辺境から脱却し、古い自分を毀して、あたらしい自分を作る、希望に満ちあふれる少女の物語こそ豊穣と呼べるはずだが、当時の作り手とファンはそれを許可しない。彼らは、あまりにも不寛容であり、擦りむいたまま歩きだそうとする少女の物語をけして受け入れない。何故なら”8期の顛末”が養う覚悟をどうやっても捨てきれないからだ。だが、この損失を回避しようとする心理こそ、グループを隘路に導く要因の一つである。たとえば、西野七瀬の系譜に連なる「河田陽菜」が存在しない「日向坂46」を、アナザーストーリーとして描いてみれば、それが如何に殺風景な物語になるのか、グループにとってどれほどの損失か、想像することは容易だろう。
乃木坂46のブレイクを決定的にした圧倒的な主人公と同等の資質を備えたアイドルを自ら手放し、筐体そのものが常闇の隘路に陥っていく…滑稽な光景。なによりも、この光景に、ファンだけでなく作り手も馴れきってしまった、という点こそ、グループの抱える病弊のもっとも明確な徴の現れと云えるだろう。

 

総合評価 64点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 13点

演劇表現 12点 バラエティ 10点

情動感染 13点

AKB48  活動期間 2009年~2011年

評価点数の見方