AKB48 横山由依 評価

AKB48

横山由依(C)音楽ナタリー

「バナールなアイドル」

横山由依、平成4年生、AKB48の第九期生であり、AKBグループの二代目総監督。
前田敦子以降の、つまりAKB48の第二章の、その主人公としてもっとも期待されたアイドルだが、実際には前田ではなく高橋みなみのあとを継ぎ、AKBグループの総監督としてアイドルの物語の大部分を費やしている。
同期には森杏奈、大場美奈、島崎遥香と錚々たるアイドルが名を連ねている。しかし前田の直系として選ばれた少女、それは横山由依であった。横山が9期の中で突出した主人公感を投げつけることができたのは、やはりそのビジュアルに因るだろう。とにかくこのひとはビジュアルがとびきりに良い。努力だ真面目だなんだ言われているけれど、このひとがアイドルとしてシーンの最前線に立ち続けることができたのは、ビジュアルが良いからである。もちろんSKE48のオーディションに落選したり、同期のライバルたちが次々と自滅していったりと、群を抜く強運の持ち主ではあるが、そのグループアイドルとしての強運を活かすにはなによりもビジュアルが良くなくてははじまらない。
だが現実にAKB48の次世代の主人公として描かれたのは島崎遥香であり、横山は表題曲のセンターにすら一度も立てていない。島崎遥香本人の持つ資質、その圧倒的な存在感を無視することはできないが、横山がセンターに立てなかった理由のすべてを島崎遥香に還元することはできないだろう。横山由依がセンターに立てなかった理由は単純明快である。ただ単にアイドルとしてつまらなかっただけである。
このひとはほんとうにつまらない、退屈なアイドル、いや、人物である。その内面の平板さは、凡庸=可能性をもった存在と扱いアイドルの魅力として扱うにはあまりにも退屈にすぎ、その横顔を眺め、多くのアイドルファンがあくびを漏らした。言葉とはそのひとの人柄を表すものだ。たとえば、話題にもなった、選挙イベントにおける横山由依のスピーチの長さ、ウィットの欠如、これは彼女のアイドルとしての物語の冗長さ=退屈でつまらない「アイドル」をよくあらわしたシーンと云えるだろう。責任感はあるかもしれない、だが強烈なスピリットがない。誠実かもしれない、だが、どこか笑顔が冷笑的である。要するに通俗的なのだ、このひとは。

しかし一方で、彼女の退屈さ、つまらなさこそ、言葉の真の意味でバナールと云えるのではないか、という感慨もある。横山が束ねることになったAKB48、これは平凡で不完全な少女の集合であり、不完全さを抱えた少女が成長をしていく姿、その物語の共有こそ、今日におけるアイドルの完成形である。しかし裏を返せば、瑞々しい、不完全な少女を前にして可能性を見いだす、期待に胸を膨らませる、これはスリリングな体験そのものであり、またそれは少女が才能を持つことを証し立てる、つまり凡庸とはかけ離れた話題になるのではないか、と。
たしかに、横山由依もアイドルの扉をひらいたばかりの頃は可能性の塊であったが、すぐにそれがまがい物であることが露見し、物語の中心軸から弾き飛ばされてしまった。可能性とともに少女の純粋さをも徐々に失っていくという横山由依の情況、ストーリー展開こそ、まさしくバナールな現象と呼べるだろう。バナールであることさえ言い訳にしてしまう、そのような存在こそバナールたりえるのであり、純粋なグループアイドルと呼ぶべきかもしれない。というのも、平成が終わり、令和がはじまった現在、アイドルシーンは「凡庸さ」という才能を過剰に求めすぎているようにおもえるわけである。「凡庸」をひとつの才能つまり可能性とみなすことで、ほんとうに凡庸なアイドルが日の目を見ないシーンになりつつある。
横山由依の卒業の報に触れて想うのは、何も起こらない物語、これも悪くないのではないか、という思惟である。たとえば、横山由依と川栄李奈の稚気、レッスン上で肩を寄せあい、じゃれ合うという、特別なことは何も起こらないその日常風景にファンはさんざめいたわけだが、それは、説明するまでもなく、今日の「グループアイドル」におけるメインコンテンツとして鼓動するものである。アイドルの何気ない日常風景にふれるからこそ、ファンはアイドルを演じる少女に没入できるのだ、という当たり前の事実、しかしどこか忘れつつあった事柄に、アイドルから卒業して行く”彼女”の横顔を眺めることによって、ようやく到達するわけである。

 

総合評価 59点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 13点

演劇表現 14点 バラエティ 10点

情動感染 7点

AKB48 活動期間 2009年~2021年

  関連記事

   

乃木坂46 憂鬱と風船ガム 評価

「憂鬱と風船ガム」 歌詞、楽曲、ライブ表現について、 14枚目シングル『ハルジオ ...

乃木坂46 Tender days 評価

「Tender days」 楽曲、歌詞について、 10枚目シングル『何度目の青空 ...

日向坂46 声の足跡 評価

「声の足跡」 ミュージックビデオ、ライブ表現について、 ドラマ『声春っ!』の主題 ...