AKB48 三木にこる 評価

AKB48

三木にこる(C)オリコンニュース

「伝説の8期生」

三木にこる、平成7年生、AKB48の第八期生。
アメリカ合衆国出身のハーフ、らしい。AKB48として活動した期間はわずか8ヶ月。研究生セレクションにおいて失格し、正規メンバーに昇格することなくアイドルの物語に幕を閉じている(8期生は合計で15人、そのすべてが研究生の立場のままグループの物語からはじき出されている)。
デビュー当時、詳細なプロフィールは公開されておらず、そのハーフの”ような”面持ちから、三木は8期生のなかでは石井彩夏に次ぐ注目株であったようだ。ファンと直接に”会った”数少ない時間のなかで、自身のファンをしっかりと虜にしており、セレクション合否告知後、彼女との別れを惜しむファンの声が情報として残っている。
アイドル現役時の物語はきわめて乏しいが、アイドル卒業後(卒業という表現が適切かどうか、わからないが)、8期生を襲った悪夢について、伝説の8期生、となにやら大仰な見出しのもとにアイドルへの名残を打ち出しつつ、「研究生」という立場に置かれたアイドルの屈託を語っており、アイドル当時の彼女の横顔、その輪郭をなぞることは可能である。
ただ、8期生を襲った悪夢=内部オーディションなるセレクション審査と、他のセレクション審査を同列に語り、システムそのものの是非を問うことは避けるべきかもしれない。
8期生を襲った悪夢とは、グループを守るための覚悟の提示、といった高尚なものではなく、エゴやプライドを守ろうとする苦闘の劇にすぎない。自分たちが真剣に作り上げてきたものを、まだまだ公衆感覚の残った新米アイドルに笑われてしまった。バカにされてしまった。だから許せなかった。斬るしかなかった。ようするにアイドルと作り手の両方が未熟だった、子供だった、ということにすぎない。つまりは
この悪夢の経験を糧に、セレクション審査を見直す、というのは、むしろ自分たちの行動から目を背けているわけである。セレクション審査は結果にすぎず、動機はほかのところにあるのだから。
オーディションをくぐり抜けファンやマスコミの眼前で「お披露目」されたアイドルが、ある意味では失敗作の烙印を押され「アイドル」を剥奪されてしまうという、セレクション審査によってもたらされる暗さ、夢に対する厳しさ、現実感覚の囲繞…、これは8期生が遭遇した悪夢とは別の場所で議論されるべき問題ではないか。というのも、ややあって、「坂道研修生」から正規メンバーへと昇格した少女たちの惨状、アイドルとしての弱さ、頼りなさ、圧倒的な実力不足を見るに、やはり、越えなくてはならないハードルのようなものは用意されて然るべきではないか、と今日あらためて思うわけである。

 

総合評価 36点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 6点

演劇表現 6点 バラエティ 7点

情動感染 9点

AKB48 活動期間 2009年~2009年