AKB48 武藤十夢 評価

AKB48

武藤十夢 (C)tommuto_official/instagram

「ダークナイト」

武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。
深窓の令嬢的な登場人物を描く。同時に、同性が恋に胸を焦がすような騎士の風貌も具える。
乃木坂46の象徴に「リセエンヌ」を描いたと語る秋元康のインタビュー記事を読んだとき、その言葉の持つイメージが駆けめぐり、導き、たどり着いたさきには、武藤十夢の後姿があった。乃木坂46が誕生した2011年に、武藤十夢はAKB48の第12期生とデビューしている。デビュー当時の武藤十夢がみせる、アイドルの距離感のつくり方は、AKB48では異端に映り、乃木坂46に所属するアイドルの立ち居振る舞いに近かったようにおもう。清楚だけれど、豪快に笑う。武藤十夢は乃木坂46とほとんど同じスタート地点に立っていた、とつよく感じる。乃木坂46のアイドルたちと同じように「リセエンヌ」であった少女が、乃木坂46とは異なる道を歩み、AKB48のなかにあっては、異質を描出するフランスの女生徒的なイメージが、「ダークナイト」へと移り変わっていく光景は、アイドルシーンのメーンストリートがAKB48から乃木坂46へと移行する瞬間とかさなるのではないか。

境遇とは人を変える。性格とは、生活で変わるものだ。武藤十夢というアイドルにとって、彼女の性格をもっとも決定づけた”境遇”とは、「田野優花」に外ならないだろう。武藤のまわりを縦横無尽に躍動する田野優花。彼女の圧倒的な存在感を前に、少女であった武藤が作り上げる虚構の底に、沈鬱で、大きくて歪んだ影がさしたのは容易に想像できる。天真爛漫な主人公とお嬢様感のある親友、ライバル、良き理解者、という構図は、少女漫画的には文句なしに満点だ。しかし、この完璧な”人物設定”も武藤十夢本人にしてみれば、とても演りきれない、屈辱だろう。だが、皮肉にも、この武藤の抱え込んだ屈託は、武藤十夢と田野優花が”つがい”であることの証になる。
グループアイドルにとって、自身の物語のなかに”つがい”となるべき登場人物が誕生し、「彼女」と邂逅することは豊穣な物語への兆しである。闘争的な対峙を作るが、けして敵ではない。だが、心を許し合う友人でもない。あらゆる場面で共存を強いられる関係。もし、片方が戦場で倒れたのなら、そのまま見捨て、自分だけ光りのある方へ向き直らなければならない。”つがい”こそ稚気を作る原動力であり、前田敦子と大島優子以降、宿命的に、選ばれた一握りの少女たちの物語に降る、人間喜劇である。武藤と田野の稚気とは、東野圭吾の『白夜行』的なイロをしており、互いの行動によって、不鮮明な少女の輪郭が読者の前に描かれて行く、といった構図をみせている。田野優花の圧倒的な主役感がもたらす未知の可能性に対し、武藤は拒絶感を隠せない場面も、もちろん、あった。それまでのシーンに作られなかった反動と無垢を混載する、一方の少女による約束されない献身によって、もうひとりの少女が支えられるといった稚気を武藤と田野は描いている。武藤十夢が誰かと並ぶと、そこに広がる空間を眺める人間は、武藤の隣りに座った人間の魅力を拾い上げ、目がはなせなくなってしまう。武藤は、他者の潜在能力を引き出す資質を有している、と云ったら大仰かもしれないが…、暴れ馬が彼女に懐き、武藤もまたその存在に身を委ねることを可能にした背景には、稀有な資質の発揮があったのは間違いないだろう。そして、個性を引き出された田野が武藤に抱きつくことによって、アイドル・武藤十夢の「リセエンヌ」が強調され、アイデンティティが確立されて行く。つまり、武藤十夢にとって、田野の欠落とは「リセエンヌ」の欠落でもあった。彼女が「リセエンヌ」から「ダークナイト」へと塗り替えられた瞬間とは、田野に対する屈辱を掲げた瞬間ではなく、逸材であった田野優花が”アイドルの可能性”を喪失し、グループそのものが隘路に踏み込んだ瞬間である。

田野優花の卒業後、武藤十夢がみせる表情はとてもやわらかい。軸のしっかりとした、安定したダンスは新米アイドルたちと一線を画する。アイドル・武藤十夢そのものに安定感がある、と錯覚させる揺らめきを彼女はみせる。恥ずかしさを誤魔化したような笑い顔をつくる癖のなかに、失ったものを引きずる”かげ”がみえる。たしかに、トップアイドルとして、第一線を維持しながら生き残っている意味はおおきい。しかし、同時に、それは生来の”儚さ”の放棄でもある。彼女の、おもいついたアイデアを現実に取り入れる行為に躊躇する傾向、やがて、アイデアを捨ててしまった結果をクドクドと説明してしまう性向は、失ったものの大切さを失ったあとに気付くという、愚かさの経験から育まれたものなのだろう、と想像する。田野優花の身勝手な失敗と、自身の演じる「アイドル」の成功は、彼女を仄暗い人間に成長させてしまったように想う。長濱ねるがそうであるように、彼女もまた、自身が今立っている場所に、その姿に、奇跡を感じていない。インタビューをどれだけ追っても、武藤十夢は”アイドル”に理想像をもっていない。理想がないのだから、もちろん奇跡との遭遇は看過される。田野優花と”つがい”であった頃の自然体を彼女は描かない。田野にみせた拒絶感と反動を、今は誰にも打つけない。理不尽なシステムや不条理な境遇に小石を投げつけるような行動はとらない。常に、ながれに身をまかせているように感じる。諦念があるわけでもなく、葛藤や苦悩を内在した表情や言葉をみせるが、反抗しないまま、膝に手をあてて、屈んだまま、ながされていく。それが彼女のほんとうの自然体であるかのように。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 15点

演劇表現 8点 バラエティ 12点

情動感染 13点

AKB48 活動期間 2011年~

評価点数の見方