AKB48 武藤十夢 評価

AKB48

 

View this post on Instagram

 

武藤十夢さん(@tommuto_official)がシェアした投稿

「ダークナイト」


乃木坂46の象徴として「リセエンヌ」を描いたと語る秋元康のインタビュー記事を読んだとき、私の頭のなかでその言葉の持つイメージが駆け回り、導き、たどり着いたさきには、武藤十夢の後姿があった。乃木坂46が誕生した2011年に、武藤十夢はAKB48の第12期生とデビューしている。デビュー当時の武藤十夢がみせるアイドルとしての距離感のつくりかたはAKB48では異端的に映り、乃木坂46に所属するアイドルの立ち居振る舞いに近かった。清楚だけれど豪快に笑う武藤十夢は乃木坂46とほとんど同じスタート地点に立っていた、と云える(もちろん、これは、結果論的な俯瞰である)。乃木坂46のアイドルたちと同じように「リセエンヌ」であった少女が、乃木坂46とは異なる道を歩むことになり、AKB48のなかにあっては、異質な、フランスの女生徒的なイメージが「ダークナイト」へと移り変わっていく光景は、アイドルシーンのメーンストリートがAKB48から乃木坂46へと移行する瞬間とかさなるのではないか。

境遇とは人を変える。性格とは、生活で変わるものだ。武藤十夢というアイドルにとって、彼女の性格をもっとも決定づけた”境遇”とは、「田野優花」に外ならないだろう。武藤のまわりを縦横無尽に動き、躍動する田野優花。その圧倒的な存在感を前に、武藤十夢という少女が作り上げる虚構に共鳴的で沈鬱な、大きくて濃い影がさしたのは容易に想像ができる。天真爛漫な主人公とお嬢様感のある親友、ライバル、良き理解者、という構図は少女漫画的には満点である。しかし、その完全な”人物設定”も、当の本人にしてみれば、とても、演りきれない、屈辱だろう。だが、その鬱屈とした感情は、田野優花と接するうちに、姿を消したようである。田野の生まれ持った主人公感によるのか、武藤の資質によるものなのか、わからない。武藤十夢と田野優花は”つがい”となる。それは、現在のアイドルシーンでは中々、みられない光景である(大園桃子と梅澤美波の関係がそれと似ているかもしれない)。直接闘うことが許されず、敵でもなく、心を許し合う友人でもない。しかし、共存を強いられる関係。そのような『白夜行』的な、”ふたりの関係”の成立を求めるファンは、最早、どこにも居ないだろう。田野優花の圧倒的な主役感、未知の可能性に対し、無邪気に抱きつく田野に対し、拒絶感を隠せない場面もあったが、2人の関係とは、それまでのアイドルシーンにはなかった、「ある種の稚気や無垢が横溢していた(*1)」特別な関係に想える。武藤十夢がだれかと2人で並ぶと、その空間を眺める人間は、武藤の隣りにいる人間の良さを発見し、目がはなせなくなってしまう。武藤は、他者の潜在能力を引き出す能力を有しているのかもしれない。田野優花という暴れ馬が彼女に懐き、武藤もまたその存在に身を委ねることが可能であった背景には、このような資質の存在があるのだろう。そして、個性が引き出された田野が武藤に抱きつくことによって、武藤十夢というアイドルの「リセエンヌ」が強調され、アイデンティティが確立されていく…。つまり、田野の欠落は、リセエンヌの欠落でもあった。

田野優花の卒業後、現在の武藤十夢がみせる表情はとてもやわらかい。軸のしっかりとした、安定したダンスは新米アイドルたちと一線を画する。武藤十夢というアイドル自体に安定感があるように映る。”動き”で観るものに安心感をあたえる。恥ずかしさを誤魔化したような笑い顔をつくる癖のなかに、失ったものを引きずる影がみえる。トップアイドルとして、第一線を維持し、生き残っていることの意味はおおきい。しかし、同時に、それは生来の”儚さ”の放棄でもある。彼女の、おもいついたアイデアを取り入れることに躊躇する傾向、そのアイデアを捨てたことをクドクドと説明してしまう性向は、失ったものの大切さを失ったあとに気付くという、愚かさの経験から生まれたものだろう。田野優花の身勝手な失敗と自身のアイドルとしての成功は、彼女を仄暗い人間に成長させてしまったように想う。長濱ねるがそうであるように、彼女もまた、自身が今立っている場所に、その姿に、奇跡を感じていない。インタビューをどれだけ追っても、武藤十夢は”アイドル”に理想像をもっていない。理想がないのだから、もちろん奇跡を摑むことはできないだろう。田野優花と”つがい”であった頃の自然体を感じない。田野にみせた拒絶感と反動を、今はだれにもみせない。理不尽なシステムや不条理な境遇に小石を投げつけるような行動はとらない。常に、ながれに身をまかせているように感じる。諦念があるわけでもなく、葛藤や苦悩を内在した表情や言葉をみせるが、反抗しないまま、膝に手をあてて、屈んだまま、ながされていく。それが彼女のほんとうの自然体にすらみえる。

総合評価 60点
アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 8点 バラエティ 12点

情動感染 10点

AKB48 活動期間 2011年~

引用:(*1)福田和也「石原慎太郎の季節」

評価点数の見方