AKB48 相笠萌 評価

相笠萌 (C)aigasa_moe/instagram

「農夫のような素朴さ」 

ある意味ではアイドルの新しいジャンルを切り拓いたパイオニア、先駆者と呼べる人物かもしれない。一風変わった、他のアイドルとは異なる陳腐ではない「毒舌」キャラを作り上げた人物。ファンと持ちつ持たれつな毒舌を。たしかに、彼女の「毒舌」は既成のアイドルの枠組みからはずれ、異物感すらあったが、果たしてそれがどのような意味を生むのか疑問でもあった。「毒舌」を交えたファンとの物語がアイドル本人とファンの双方にどのような効果をもたらすのかと考えたとき、答えは、”アイドルとして何ほどの成長も望めない物語”となった。ファンが無邪気に作る幻想や妄執に対してきわめて怜悧なアクチュアルを投げつける、といった行為から希望を見出すことはやはりむずかしいだろう。

相笠萌のそれは、いわゆる”ツンデレ”ではなく、モラトリアム特有の感情の流露が起き、本心が溢れた結果として「毒舌」が姿を現すのである。そして、それが他の多くのアイドルからはうかがえない切れ味の良いウィットに富んだ科白に感じられるのは、「相笠萌とそのファン」という構図の上でのみ成り立つ”甘え”だからである。しかし、言い換えれば多くのアイドルが「アイドルとファン」という構図が原因で不成立を迎える関係性、つまり距離感を抱えるなかで、そのアンチテーゼと捉えられるコンテンツを素朴で無垢な少女がつくりあげたのだから、やはり評価されるべきだろう。グループが標榜するコンセプトに準じてもいる点も看過できない。

そのような批評空間とは無縁に、相笠萌自身が誇るもの、存在理由にしたもの、それはダンスであった。しかし、如何にダンスの技術があっても、それを表現という領域に到達させることができないのであれば、批評という物語を作り評価へと導くこともまた不可能である。なぜ、彼女のダンスは表現の閾に踏み込まなかったのか、踏み込めなかったのか、理由は、あえて述べるまでもないだろう。技術に裏打ちされた表現行為を試みるつもりならば、やはり、”ストイック”の忘却は許されないのである。

 

総合評価 47点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 10点

演劇表現 10点 バラエティ 6点

情動感染 13点

AKB48 活動期間 2011年~2017年

評価点数の見方