AKB48 堀江聖夏 評判記

AKB48

堀江聖夏 (C) セントフォース

「ほりえってぃ」

堀江聖夏、平成5年生、AKB48第三期生。
オーディション合格後、わずか2週間で活動を辞退しているため、アイドルの輪郭を持たない。
アナウンサーとしての「顔」のほうが当然、馴染み深い。アイドルの姿形からアナウンサーへの可能性を探るのではなく、アナウンサーとして作る立ち居振る舞いからアイドルに対する可能性を妄執するしかないという逆転があるものの、テレビカメラの前で活発に、かつ奇抜に動く様子は、文芸の世界をなんとしてでも生き抜こうと鼻息を荒くするアイドルに通じるものがある。とくに、乃木坂46桜井玲香に活力を付したようなビジュアルには、もしこの子がAKB48を辞めていなかったら、という甘美な妄想への道標がたしかにある。

 

総合評価 36点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 5点

演劇表現 7点 バラエティ 9点

情動感染 5点

AKB48 活動期間  2006年~2006年

 

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...

アイドルの可能性を考える 第十六回 秋元康 編

「秋元康=歌詞の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」を執筆 ...

乃木坂46 斉藤優里 評判記

「うれしい!  たのしい!  大好き!」 斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一 ...