STU48 瀧野由美子 評価

STU48

(C)STU48 瀧野由美子1st写真集 公式twitterアカウント

「アナクロニズム」

瀧野由美子、平成9年生、STU48の第一期生であり、初代センター。
デビューした段階ですでに「センター」を担うことへの必然性を満たす要素の数多くを顕在化し、そのひとつひとつがファンに鮮烈な印象を与えている。近年デビューしたアイドルのなかではもっとも良い、と感じる。
郷愁的で成熟したビジュアル、ふてぶてしい面構え、クセのある声音、つまり感情の起伏を洞察し易い仕草を作るアイドルで、たとえば、志半ば倒れる仲間の憂い顔をつよくにらみつけ、そこからもう一度光りのある方へ向き直ろうとする姿を彼女はファンの前で惜しげなく描く。しかもこうした日常の勇猛さをライブステージの上では求心力へと塗り替えてしまうのだから、ずば抜けている。主人公やエースといった役割を背負う少女の宿命さを一貫してファンに投げつけており、まさに「大器」と形容するに相応しいアイドルと云える。

このひとの特質はやはりビジュアルにある。清楚なビジュアルをもっているけれど、それは乃木坂46が標榜する古典的あるいはリセエンヌ的な清楚ではなく、”セーラー服ともんぺ”といったやや時代錯誤とも云える、郷愁的な清楚感である。作詞家・秋元康の創り出すノスタルジックな詩的世界への浸透力がきわめてたかい、生命感のつよいアイドルに見える。また、岡田奈々の具える、他のアイドルを末端的登場人物へと追いやる風姿にも圧倒されることなく共存を可能にしている点も看過できない。この逸材が他のアイドルグループでメジャーデビューすることなく瀬戸内で「胎動」していたことは、STU48にとって、ファンにとって、奇跡との遭遇と呼べるのではないか。ただし、日常の立ち居振る舞いのなかにアイドルとしての「鮮度」を自ら損なうような場面を描くことも多い。この点は残念に感じるものの、それは彼女が昭和の町を再現したジオラマ世界から飛び出して来たかのようなアイドル像=アナクロニズムを作り上げていることの代償なのかもしれない。
つまり
瀧野由美子というアイドルのアイデンティティとは「美」にほかならない。ライブパフォーマンスや演技力の面で貧弱さを隠しきれないが、彼女にとってアイドルを演じることへの命題はそのような演劇の範疇にはない。彼女の命題とは、「瀧野由美子」の美がアイドルという虚構の中でどのような悶えをみせるのか、この点にあるだろう。鑑賞で満たされるだけの美ではなく、アイドルファンの心を打つ青春の犠牲、日常の喪失、現実と仮想の行き交い、それらの過程で否応なく遭遇する幻想や妄執を抱きしめ、叫びを圧しころし、ボロボロになりながら儚さの獲得に踏み込めるのか、AKB48からつづくグループアイドル史のなかで主人公と目される少女たちが背負った業、それが彼女の前にも立ち現れるのではないか。

STU48のコンセプトのなかには「瀬戸内から、AKB総選挙1位を出そう。」という”見出し”があるようだ。なるほど、瀧野由美子ならばあるいは実現するのではないか、と憧憬を描く。悪鬼が跳梁する舞台を一掃する、唾棄すべき惨状を打開する、古典的でノスタルジックなアイドルの英姿は大衆にカタルシスを与えるはずだ。
もちろん
、瀧野由美子は、アイドルとして、その長編小説の書き出しをたった今書き終えたばかりだ。しかし、ノーベル賞作家・ガルシア・マルケスは云う。「長編小説は書き出しですべてが決まる」と。たとえば、純文学作家の綿矢りさは、芥川賞を獲った作品「蹴りたい背中」の書き出しの2行を書くのに2年近い歳月を要したと聞く。瀧野由美子もデビューから2年、彼女の物語の書き出しも、文句なしの一行を書けたようだ。あとは重厚な物語をファンの前に描き続ければ良い。ファンは、それを注意深く見届ける必要がある。

「思い出せる恋をしよう 編」

「思い出せる恋をしよう」発表によって、いよいよ、生駒里奈、平手友梨奈とならび”不動のセンター”へとのぼりつめた。日常の物語においても凡庸を自覚する人間特有の情動の発露を描いており、醜態の提出、つまりアイドルを演じる少女の素顔、ヴァルネラブルの発見があり、まったく飽きさせない。だが一方では、次の時代を生きるあたらしい才能の誕生をまえにして、デビューから一貫して他のアイドルをターミナルキャラクターへと押しやってきたグループアイドルとしての存在理由が薄れつつあるようにもみえる。「瀧野由美子」が、白眉に映ったアイドルの横顔が、すでに思い出になりつつある。
「無謀な夢は覚めることがない」で披露した切迫感をみてわかるとおり、ライブパフォーマンスに対する貧弱さなど彼女にとっては致命的な話題ではないと考えてきたが、「思い出せる恋をしよう」で作るダンス、演劇には、これまで様々なシーンで鑑賞者に向けて投げつけてきた「迫力」が欠落し、生彩がないため、視線が揺らぐ。どこか投げやりで、鈍重に見える所為か、アイドルの動作のすべてが滑稽に映る。要は、旬が過ぎてしまった、ということなのだろう。古典的な、ノスタルジックなアイドルでありながら、旬が過ぎてしまった。この倒錯を抱いてしてしまうのは、やはり、ライブパフォーマンスが一向に上達しないアイドル、つまり「苦手」を克服できない人物=成長を試みないアイドル、この事実が日々成長する次世代アイドルの相対として浮き彫りになってしまったからか。生来の資質で覆いかぶせ、誤魔化しつづけてきたものが、まったく誤魔化せなくなったとき、前にも後ろにも道がない状況に追い詰められたとき、アイドルがどのような表情を描くのか、という点では、尽きない興趣がある、と云えるのだが。

 

総合評価 72点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 12点

演劇表現 12点 バラエティ 16点

情動感染 16点

STU48 活動期間 2017年~

2020/7/23 ライブ表現 13→10
2020/11/30  ライブ表現  10→12

 関連記事


 

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...