STU48 瀧野由美子 評価

STU48

STU48さん(@stu48.official)がシェアした投稿

 

「眠れる美女」

 

2016年以降にデビューしたアイドルの中では大園桃子に比肩する逸材ではないか、と評価する。
「声質」にクセがあるものの、ビジュアル、度胸、ライブでの存在感を含め、デビュー1年にして、すでに魅力的な要素が数多く顕在し、そのひとつひとつがファンに鮮烈な印象を与えている。まさに「大器」という表現が相応しいアイドルだろう。
ビジュアルに関しては、古典的な清楚感がつよく、作詞家・秋元康の創り出すノスタルジックな楽曲、世界観への浸透力がきわめて高いと感じる。これは現代アイドルにとって幸運な資質と云える。ただし、立ち居振る舞いにアイドルとしての「鮮度」が損なわれているように思う。この点は残念である。
アイドルとして過ごす時間を積み重ねるほど、ビジュアルが洗練されていくタイプだと予想するが、その過程で本当の、本物の「美」を追究できるかが、アイドル・瀧野由美子にとってひとつの重要なテーマになるのではないか。

川端康成にとっての「美」とは、鑑賞者が名画を前にして当然のように発見して見せる「美」などというものではなくて、炎の明るさに引かれて近寄った蛾が、みずからその鱗粉を焼きながら身もだえする時に出現させるような妖しさである。

(福田和也「ろくでなしの歌」)

所属するSTU48のコンセプトには「瀬戸内から、AKB総選挙1位を出そう。」というものがあるようだ。なるほど、瀧野由美子なら2~3年以内には実現するのではないか。と展望を描き出せるほどのポテンシャルの持ち主である。色物アイドルがのさばり、はびこる唾棄すべき舞台を、その惨状を一掃する姿は観るものにカタルシスを与えることだろう。

勿論、瀧野由美子は今、長編小説の書き出しを書き終えたばかりである。しかしガルシア・マルケスは云う。「長編小説は書き出しですべてが決まる」と。純文学作家の綿矢りさは、芥川賞を獲った作品「蹴りたい背中」の書き出しの2行を書くのに1年という時間が必要だったらしい。
瀧野由美子もデビューから1年、彼女の物語の書き出しも文句なしの一文が書けたようである。あとは重厚な、豊穣な物語をファンにみせ続ければ良い。ファンは、それを注意深く見届ける必要がある。

 

総合評価 75

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 18点 ライブ表現 14点

演劇表現 13点 バラエティ 14点

情動感染 16点

 

STU48 活動期間 2017年~
評価更新履歴
2018/9/28 演劇力15→13

評価点数の見方