STU48 今村美月 評価

STU48

今村美月(C)ザテレビジョン/STU48

「暗闇からの視線」

今村美月、平成12年生、STU48のオープニングメンバー。
屈託の無いアイドル像を描く。アイドルを演じる行為に対するモチベーションのたかさ、高揚感の露出など、自発的能動性をアイデンティティにすり替えてしまうような立ち居振る舞いをみせる。彼女には「何度でも、何度でも」立ちあがる強い意志があるようだ。その意思の強靭さはアイドルとしての多様性の獲得に成功し、グループ内で特別な役割を担う。門脇実優菜、大谷満理奈とならび、STU48が標榜し、画策する筐体のイメージに合致するメンバーの一人であり、境遇の観点から、グループアイドルとしての展望を見出しやすい人物と云える。バラエティ番組で溢す機智や突拍子もない言動はデビュー当時の増山加弥乃や松村沙友理を彷彿させ、自我の確立といった隘路を通過する際に、生来の屈託の無さが損なわれなければ、ファンの想像力をかきまわす傑物に成るのではないか、と期待させる。

ライブ表現力については、自身のこれまでの生き方(経験値)が技術にしっかりと反映されており、ファンは「暗闇」に包まれた空間に立っていても今村美月からの視線を感じ取ることが出来るだろう。大抵の若手アイドルは踊ることに必死になるあまり、表現力の高さ=ダンスの精確さと履き違えてしまうが、今村美月はそのような隘路に踏み込まなかったようだ。もちろん、アーティスト気取りの中堅アイドルたちも、今村が描く表現に到達することは不可能だろう。安定性が作る心地よさとは、批評空間の土台となる、彼女が作る動作にはファンとの深い絆を地道に築くちからが宿っている、と云ったら大仰かもしれないが、彼女のライブパフォーマンスに対する声量が成熟した議論として機能し、成立するのは、彼女に備わる技術が洗練や収斂ではなく、カウンタックな安定性へと傾倒するからである。この成長共有をよりたかい次元に押し上げるためには、ダイナミックなパフォーマンスのさきにある、日常生活で獲得する擦過や歓喜の再現といったテーマ、つまり”演じること”(たとえば、秋元康から贈られる詩的世界に浸透しようと楽曲に書かれる登場人物に成り切る姿勢)が、今後、避けられない命題として彼女の書く物語の世界の空に降り注ぐのではないだろうか。

 

総合評価 59点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 15点

演劇表現 8点 バラエティ 13点

情動感染 12点

STU48 活動期間 2017年~

評価更新履歴
2018/9/28 ライブ表現14→15
2019/11/12 プロフィール(名前)に誤りがあったので修正しました

評価点数の見方