STU48 門脇実優菜 評価

STU48

門脇実優菜 写真中央(C)音楽ナタリー

「技巧の極致」

門脇実優菜、平成15年生、STU48の第一期生。
デビューした段階ですでにアイドルの核となるアイデンティティを成立しており、なおかつ、そのアイデンティティである”ダンス”は、同業者やファンから惜しみない称賛を浴びつづけている。たしかに、”踊ること”を得物にするアイドルたちと比較すれば、門脇実優菜のダンスは段違いに映る。注目すべきは、デビュー以来、高いダンステクニックを有しながら、そこから減衰せずになおアイドルが成長を試みている点だ。歌唱力も秀でており、AKBグループの境地をよく表した才知に輝く人物、アイドルの本格派と呼ぶべきだろう。

AKBグループの境地を表した、と云ったが、だとすれば、当然、そこにみる収斂にはグループの衰退が映し出されるはずだ。つまり、乃木坂46のブレイクをまえに傾きかけたAKBグループのなかにあって、それでも果敢にシーンを生き抜こうとするアイドルの特性こそ”ダンス”になるのではないか、踊りに活路を見出さざるを得ないのではないか、ということだ。門脇実優菜は、崩れかけたグループの通史上に奇跡として出現した救世主、ではなく、宿命的に現れたアイドルと云えるのではないか。しかしここで問題になるのは、清楚を演じ「秘すれば花」を標榜する乃木坂46のアイドルを純文学と扱い、その王道の裏道を歩く門脇実優菜をエンターテイメントと分類すべきなのかどうか、といった話題などではなく、乃木坂46の相対として抽出された結果、門脇実優菜というアイドルは「通俗」に囚われている、この事実が露見してしまう点である。

私が云いたいのは、単純なことである。つまり通俗的であるということは、文章の質や練磨とは一切かかわりがないということだ。
通俗的とは、意識的であれ、無意識的であれ、世間の通念の範囲の中でしか、事物・事態を発想しえず、解釈することができない、ということなのである。この通念への束縛は、いかに綿密な構成やしっかりとしたディテールの積み重ねによっても解消することはできない。
つまり、きわめてレトリカルな文章で描かれた通俗小説もありうるし、また粗雑な文章で記された純文学もある、というだけのことである。

福田和也/作家の値うち

たしかにダンスは巧い、それも飛びきりに。才能の塊だ。AKBグループの歴史のなかでも五指に入ると評しても過褒にはならないはずだ。だが、それだけのような気もする。同業者を圧倒し、ねじ伏せ、さらには尊敬もされるだろう。しかしそれだけにみえる。テクニックは申し分ない、だが表現行為となると話はかわる。門脇実優菜の踊りには表情がひとつしか備わらない。デビュー当時と比べれば見事に成長している。活力に任せ激しく舞うダンスから、ステージの上で演劇表現を試みるようになり、”非凡”を投げつける。問題なのは、ある一定の閾に達すると、彼女の踊りによって表現された楽曲の内には、あたらしい発見が一つも降らなくなることだ(あらためて付言するまでもないが、彼女の踊りに向ける批評は、多くのアイドルにとって無縁とするしかないものである)。もちろん、楽曲によって表情は異なる、だが楽曲を一つひとつをほぐしてみれば、楽曲に対し一度定めた解釈を覆すようなことはせず、毎回、判で押したようにおなじ表情しか作らない。たとえば、デビューからくり返し披露されている楽曲に『暗闇』があるが、『誰のことを一番 愛してる?』のライブ経験を通して”暗闇”への解釈が決定づけられてからは、それ以降に披露された同題材において彼女はおなじ表情、おなじ眼差ししか描いていない(しかもその解釈は鑑賞者の心を挫くほど「紋切り型」だった)。では、彼女の仲間でもありライバルでもある瀧野由美子や岩田陽菜の場合はどうであろうか。不思議なもので、踊ることを不得手とされる二人だが、彼女たちはステージ毎にかならずあたらしい表情を記している。つまり鑑賞者になんらかの批評を作らせる原動力をみる、ということだ。それはなぜだろう?そこにグループアイドル本来のおもしろさがあるのではないか。たとえば、瀧野由美子や岩田陽菜はステージの上で屈託をこぼす。アイドルを演じる日々への歓喜を提示したかとおもえば、次の日には、踊ること、アイドルを演じることへの疲れ、あるいは倦みをみせている。しかしそれが楽曲に対するあたらしい「発想」を提出する。一方で、門脇実優菜はアイドルを演じていない自分、これは絶対にステージの上ではこぼさない。最初から最後までアイドル、ずっとアイドルだ。だからアイドルだけでなく楽曲も常におなじ顔にしかみえない。「想像力」を「要求」されない。夜更けに確信を持って書いた文章が朝になると妄想になりさがってしまうのと似て、門脇実優菜のダンスに触れた際に抱いた情熱も朝露のように消え去ってしまうのだ。
仮に、彼女の姿勢がただしいアイドルのあり方だとした場合、はたしてそのような姿勢を維持したまま、作詞家・秋元康によって楽曲のなかに書かれた、あらゆる主人公の横顔になりきれるのだろうか。いや、それは不可能なはずだ。楽曲の主人公の性格を読み、表現を試みるとき、途切れのない自己投影なしにそれを叶える、という事態がはたして起こりえるのか。到底、起こり得ないだろう。楽曲の主人公になりきる、これが達成されるときは、かならず、アイドルを演じる少女が自己の素顔と主人公である”僕”を通い合わせ、そこに書かれた物語を自分のものだと錯覚しているはずだ。門脇実優菜の踊りにはそのような「解釈」がない。結局これは、「通俗的である」という話題に帰結させるしかない。つまり、乃木坂46のアイドル(たとえば、生駒里奈や西野七瀬)や瀧野由美子、岩田陽菜が「粗雑な文章で記された純文学」であるのならば、門脇実優菜は「きわめてレトリカルな文章で描かれた通俗小説」とするほかない。作詞家がノートに記した主人公が翳りを帯びているのなら彼女も俯くし、青空に希望をみるのならば彼女も前を向いて笑う。アイドル・門脇実優菜は、作詞家・秋元康の提示する詩的世界への解釈を試み、演じるとき、文学の境域に立たず、作家の想像力の内側で跳ね回っている、ということだ。才能と修練、云うならば技巧の極致をもって他者を圧倒するアイドルがやはり資質の部分で覇業に手が届かない、というのはなんとも皮肉な話ではあるのだが。(*1)

 

総合評価 64点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 17点

演劇表現 15点 バラエティ 9点

情動感染 10点

STU48 活動期間 2017年~

引用:(*1)福田和也/作家の値うち

 

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...

乃木坂46 ワタボコリ 評価

「僕の命をあげる」 歌詞、楽曲について、 アイドルが口ずさむ詩としては「葛藤」が ...