STU48 風を待つ 評価

STU48, 楽曲

風を待つミュージックビデオ/STU48

「風を待つ」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

「風」から想起するイメージとアイドルの瑞々しさが巧く重ねられており、猶且つ、優美で覆い隠そうとするアイドルの闘争が物語れている為、感興があり、繰り返し聴いても飽きない。しかし、グループの航路が定まりつつある状況と同時進行に、アイドルそれぞれが、個々にアイデンティティの成立を迎えたことによってファンが抱く偶像や幻想との行き違い(錯綜)を招いており、アクチュアルな部分(例えば、アイドルの笑顔の硬直)だけがその場に置き去りにされ、どうしても、あたらしく描かれた光景より置き去りにされたモノに意識が向かってしまい、その認識が楽曲の抱え込んだ颯爽と疾走感を毀損している。アイドルという「狭い路地」を全力で走り抜けるのならば、真剣な表情が望まれるだろうし、潮の香りを運ぶ風を全身に受けるのならば、眠るような微笑をみせるべきなのだろう。(辛うじて沖侑果、石田みなみが未公開の笑顔を作っているものの)、「風を待つ」で作られた笑顔は一種類のみであり、どの場面でも、その笑顔が全面に押し出されることによって、不気味な硬直という表現を観者に選択させる。「風を待つ」という楽曲は”これこれこういう歌だ”と洗脳され、詩に対するアイドル個々の解釈を許さない姿勢、体制の存在を想像させるほどに画一的である。特に、センターポジションに立つ瀧野由美子の資質がまったく活かされていない点は看過できないあやまちに映る。ファンに求められる物語と乖離した作品を提供することで生まれるクリティーク。そに触れる体験に早くも遭遇してしまった点を幸運と捉えるべきか、不遇と捉えるべきか、アイドルそれぞれが岐路に立った作品と云える。つまり、手放しで称賛されるというフェーズを脱して、批評空間という暗いトンネルに潜り込んだのである。
STU48に贈られる詩とは作詞家・秋元康があたらしく構築した虚構(別荘)の中で生活し、風や海のかおり、四季から感じ取った物語である。結局、そこで暮す「僕」も、あたらしい土地での生活からも脱出しようと、いつもの信号機のある交差点へ、都会へ旅立とうとする点に自縄自縛を感じるものの、自己模倣がアイデンティティとされ、特別な評価を浴びる氏が、そのような揶揄に立ち向かう動機としてSTU48が置かれている。氏の情熱がどの段階でさめてしまうのか、知らないが、この楽曲においては、情熱が先走り、アイドルが直面する現在(いま)と楽曲のすれ違いを招いてしまったと云える。

ライブパフォーマンスについて、

上記で述べた笑顔の硬直がライブ空間でも終始押し出されており、アイドルのモチベーション、張り切りを空振りにさせている。揺きのない笑顔が置かれているせいでダンスのキレさえも滑稽に映ってしまうのだから、取り返しがつかない。「暗闇」でみせた情感が損なわれており、前作からの連なりを感じない。ライブパフォーマンスに秀でた”タレント”揃いであるから、馴致の過程で物語性の獲得には成功するのだろうという予見を持つことは可能だが、グループアイドルとして、過去との連なりの提示はひとつの命題として棄却することはできない。もちろん、「風を待つ」が胎動なのか、たどり着いた新境地での待機なのか、所詮は解釈のちがいだと、言い逃れることは容易い。

 

総合評価 67点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 13点

ボーカル 12点 ライブ・映像 13点

情動感染 12点

歌唱メンバー:石田千穂、石田みなみ、磯貝花音、市岡愛弓、今村美月、岩田陽菜、岡田奈々、沖侑果、甲斐心愛、門脇実優菜、瀧野由美子、田中皓子、土路生優里、中村舞、福田朱里、薮下楓

作詞:秋元康 作曲:大河原昇 編曲:若田部誠

評価点数の見方