STU48 石田千穂 評価

STU48

石田千穂(C)音楽ナタリー

「私だけの世界がいい」

石田千穂、平成14年生、STU48の第一期生であり、2代目センター。
すでに「若手」や「次世代」が背負う期待感や遠景をアイドルの支柱にするといった範疇になく、「中堅」と呼ばれるアイドルたちの抱える倦みとも無縁をつらぬく独自の枠組みに立ち、大きな存在感を示している。ダンスも巧い。しなやかに動き、つややかな光りを放つのは、彼女だけ演劇の境域に立つからだ。アイドルを演じる毎日への”暗闇”に向ける屈託や、奇跡を呼ぶ”風を待つ”といった作詞家・秋元康の詩情の枠組みからいつの間にかはみ出た登場人物であり、写真集の発売、ソロコンサートの達成など、順位闘争の面においてもグループのなかで突出した闘争心を発露し、成果を挙げている。
ファンとの共闘も文句なしの構図を描いている。石田は、「選抜」や「センターポジション」への憧憬を隠さないエゴの強烈さと、処女的な一回性を所持しており、底知れぬものがある。そのエゴの強烈さや処女性とは、ファンに対する致命的な裏切りが露見した際にアイドルのすべてを転覆させる光であり、何時それがおとずれるのか、という危うさには、まるで不安定な秤の上で揺れるような特別な希求がある。つまり石田千穂は、ファンに、君じゃなきゃ、という妄執を抱え込ませることに成功している。
たとえば、スピッツをカバーした藤原さくらの『春の歌』をカラオケで歌う、そのたった1分30秒の短い時間のなかで彼女はひとつの演劇=虚構を作り、架空の世界へ招待したファン
をそこに没入させた。音のとり方から首のかしげ方、目蓋を閉じて開くまでの速度とタイミング、一つひとつの仕草が連なり、楽曲の持つ郷愁や懐かしさがアイドルの内から力強い生彩となって放たれた。カメラの前で躊躇を作ってしまった他のアイドルを置き去りにするように、彼女は現実を無視して理想に突き進むアイドルを完全に演りきってみせた。むしろアイドルを演じる行為にむきにならない余裕すらあり、演劇の隙間から溢れる恥じらいやコケット、そのすべてが連なったひとつの演劇なのではないか、と覚らせた。STU48・第一期生・石田千穂はアイドルを演じるための”覚悟”を完成しており、グループアイドルとして成熟した虚構を作り上げている、と云えるだろう。
舞台の上で踊る彼女には奇妙な力が漲っている。衝動的なエネルギーに対する躊躇など一切感じさせない、魂だけが自分の身体を離れて行き、自己を衝き動かすものの正体を見極めようと俯瞰しているような立ち居振る舞いを彼女は作る。だから”一瞬”だけ観客は彼女を見失うのだ。彼女は、ライトに照らされた空間を風に吹かれてたなびく真っ白なシーツのように漂っている。大仰に表現すれば、彼女は精神的なものを超越してしまった、存在の忘却を描く登場人物に映る。そのような資質をそなえるアイドルはステージの上にどのような痕跡を刻むのだろうか。一度見失ったアイドルを”発見”し、再会の感興が生む偏愛を身体に取り込んでいくファン、彼らは全身にアドレナリンが駆けめぐったのを自覚し、昂奮がカタルシスへと到達したのではないか。それを奇跡との遭遇だと錯覚し、朝の光にさらされていくような恍惚感に包み込まれたのではないか。

石田千穂は、アイドルの虚構、つまりフィクションが作る、もう一つの別の世界に踏み込む以前の、自己の内に降り積もっていた”弱さ”を代表とする習慣をすでに淘汰しているのではないか。彼女は、あらゆる場面、あらゆる局面に自身の画くアイドルの物語を転換させるチャンスや動機が潜んでいると理解しているようだ。少女でありながら、喪失を通過しなければ獲得のできない成熟を掴んでおり、デビューした段階ですでに”本来”の日常=青春と決別した立ち居振る舞いを作っていた。アイドルを演ることが生きることを勝らないアマチュアアイドルたちの描く夢や希望、その憧憬を壊す覚悟を示している。
現代のアイドルシーンのなかにあって、アイドルが自身の物語を両足で立たせるために求められる資質とは、信頼感にほかならない。アイドルファンとは、常に自己犠牲に値するしるしをアイドルのこころの内に探し求める生き物だ。彼らは、アイドルの処女性にはじまり、青春の犠牲の受け入れ、虚構の空に浮かぶ扉に手をかける素振りの有無、つまり覚悟の構成を無垢に希求する。信頼感こそ彼らがアイドルの読者になるかどうかのボーダーである。もちろん、そのような批評空間は身勝手な”約束”に過ぎず、妄執の裏返しだと揶揄されるべき産物に変わりない。しかし、アイドルは妄執(幻想)になりきらなければならない。石田はおそらくこの妄執を受け切ろうとする覚悟をすでに持っている。

不吉な胎動があるとすれば、それは自身の内情を淡々とさらけ出していく石田の境遇、日常風景だろうか。トーマス・マンの『魔の山』を読んでいるような不気味で圧倒的な厚みをみせるアイドルの物語も裏を返せば、隘路の両壁で身体を摩耗する光景に外ならない。彼女はすべてをさらけ出した後の結末を受容できるのか、底知れぬ野心を維持できるのか、ファンを慄かせ続けることが可能なのか、当たり前になった日常が招く、当たり前の問いかけによるもだえと屈託の訪問を避けるのはむずかしいようにおもう。
何れにしろ、石田千穂が”すでに”STU48にとってのマスターピースになりつつある、と予感してしまうのは私だけではないはずだ。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 12点

情動感染 14点

STU48 活動期間 2017年~

2020/01/09  再評価、加筆しました

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...