乃木坂46 松村沙友理 評価

乃木坂46

「目に見えるものが、ほんとうのものとは限らない」


きわめて独創性のたかいアイドルである。”ユニーク”という称号を授けるアイドルを1人選べと問われたら、私は迷わず彼女を選ぶだろう。乃木坂46の第一期生として
デビューし、すでに6年以上経過するが、ビジュアル、モチベーションと、まったく衰えを知らない。バラエティの分野においては、現役アイドルのなかでもトップクラスに富んだウィットの発揮と多事多難を発生させる。そこには観る者の価値観を根底から覆してしまうような不安定な緊張感を孕む。その日常風景を映像作品という非日常の世界でもすんなりと演じ、再現してしまうのだから、天賦の才を授かったアイドルと云えるだろう。生田絵梨花と並び、現代アイドルとして最高到達点に位置する。

松村沙友理の評価を試みる際に、おそらく誰しもが、月の裏側に1人残されたような孤独について、触れるべきかどうかと、逡巡するのではないか。それは、「目に見えるものが、ほんとうのものとは限らない(*1)」という事実を意識的に看過することができないからである。

あたしが此のまヽ海に沈んでも 何一つ汚されることはありませぬ
孤独を知る毎に あなたの相鎚だけ望んでいるあたしは

(椎名林檎「依存性」)

キャリアの途中で挫折を経験し、訪れるはずだった黄金期を失ってしまうタイプの人間は様々な分野で存在する。決してめずらしい話ではない。しかし、その挫折が通俗的な後悔を纏う類の出来事だった時に、人は果たしてそこから立ち直れるだろうか?以前と同じ場所で、前と同じように笑えるだろうか?きっと、何かに依存しないかぎりは、自我を保てないのではないか。そしてその依存症は、その人をどのような場所に導き、どのように成熟させるのか。或いは、未成熟な果実のまま腐らせてしまうのか。松村沙友理というアイドルは、その問いに対し一つの答え(物語)を提供してくれるはずだ。

皮肉にも、月の裏側に1人残されたような孤独感は彼女の存在そのものを純文学のテーマとして成立させてしまった。
文学的な要素を抱えてしまった人物は、現代アイドルのなかでも稀有な存在となるだろう。乃木坂46に所属するアイドルでは松村沙友理の他に大園桃子北野日奈子の名が挙げられるだろうか。彼女たちのような文学的アイドルが放出する存在感は我々を不安にさせる。時にはひどく苛立たせもする。しかし、その異物に触れられずにはいられない。それに触れようとする緊張感こそが、我々の想像力の限界を押し広げるための活力になるからだ。
アイドル・松村沙友理は今日も現実の枠組みと虚構の枠組みが激しくぶつかりあうような、危ういダンスを、融けてなくなった氷の上で踊り続けている。

「みっちゃん」
「うん?」
「みっちゃん、あたし狂ってる?」
「そんなんいったら、この街の女はみんな狂ってる。あたしらずっと世間さまの注文してきた女をやってきたんよ。これからはすきにさせてもらお」

(西原理恵子「パーマネント野ばら」)

 

総合評価 91点

アイドル史に銘記されるべき人物

(評価内訳)

ビジュアル 18点 ライブ表現 16点

演劇表現 18点 バラエティ 20点

情動感染 19点

 

乃木坂46 活動期間 2011年~

引用:見出し、(*1) 村上春樹「1Q84」

評価点数の見方