乃木坂46 Actually… 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)Actually… ジャケット写真

「Actually…」

ミュージックビデオ、楽曲、歌詞について、

乃木坂46の29枚目シングル。センターに選ばれたのは中西アルノ。
結成10周年を迎えたグループの集大成感、乃木坂46=アイドルの成り立ちを、グループにあたらしく加わった少女の横顔に重ねつつ、過去の内に未来=希望を見出すのではなく、未来の中に変わらない過去と希望があるのだ、と歌っている。これまでに発表してきた表題作から作風を大きく変え、ここを後戻り不可能な地点にする、という決意が現れているところなどは、グループの歴史に積まれた「過去」を前にファンが見出すであろうノスタルジーをうまく探り撃っているし、グループが端境期にあることを丁寧に教えているようにおもう。
中西アルノという少女の発見に、作り手自身、みずからの内に宿した情動に揺さぶられたのだろうか。『君の名は希望』同様、虚構の魔力によって現実を迎え撃とうと鼻息を荒くした、やや過剰なフィクションを編んだ映像作品が制作され、そうした情熱の先走りを一方的に恥じてしまったのか、はたまたフィクションに刺激され動揺するファンに配慮したのか、わからないが、これもまた『君の名は希望』と同じく別バージョンのミュージックビデオが企画され、ファンの溜飲を下げた。
そうした意味では、作り手の私情が、ファンそれぞれの私情によって暴き出された作品と云えるかもしれない。『Actually…』が独りよがりなアーティスティックな作品に見えるのも、これはもう当然の結実である。誰よりもまず、作り手自身が、これだけは絶対に伝えたいと決心したものを、隠さずに表現しようと試みたわけだから、作品の質にかかわらず、今楽曲は芸術性を宿した作品とみなすべきだろう。

では、作品の値打ちそのものを問うならばどうだろうか。たとえばアイドルの価値を底上げした前作『君に叱られた』と比較すれば、正直、質はかなり劣る。魅力に乏しいようにおもう。まずなによりも音楽的希求力に欠けるし、アイドルの歌声にとくに拘ったようだが、あまり壺にハマっていない。アイデアを練り色々な「設定」を駆使した楽曲の背景と、とけあっていないように感じる。
あえて見どころを探るとすれば、一つは、役名:平手友梨奈、主演:中西アルノ、という構図を描いたミュージックビデオ本篇が投げ与える、過去の天才を演じることでしか「天才」の出現は叶わないのだ、という作り手による告白、もう一つは、別バージョンのミュージックビデオにおける掛橋沙耶香の眼差し、恒常的に見せる日常のテンションの低さを役立てる強い眼差し、センターで踊るアイドルに引けを取らない彼女のビジュアルの輝き、に今作の「特筆」がある、と云えるだろうか。

 

総合評価 58点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 11点 歌詞 13点

ボーカル 8点 ライブ・映像 13点

情動感染 13点

歌唱メンバー:中西アルノ、遠藤さくら、筒井あやめ、梅澤美波、山下美月、齋藤飛鳥、秋元真夏、田村真佑、掛橋沙耶香、清宮レイ、鈴木絢音、樋口日奈、岩本蓮加、柴田柚菜、早川聖来、久保史緒里、賀喜遥香、与田祐希

作詞: 秋元康 作曲:NAMITO 編曲:APAZZI

 

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...

アイドルの可能性を考える 第十六回 秋元康 編

「秋元康=歌詞の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」を執筆 ...

乃木坂46 斉藤優里 評判記

「うれしい!  たのしい!  大好き!」 斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一 ...