日向坂46(けやき坂46) 加藤史帆 評価

日向坂46(けやき坂46)

加藤 史帆 (C)公式ブログ /欅坂46公式サイト

「走り出す瞬間」

加藤史帆、平成10年生、日向坂46(けやき坂46)の第一期生。
憂鬱さとコミカルを止揚させたユニークな人物。陽気にみえるけれど、どこかシリアス。「アイドル」というジャンルに自縄自縛する人間だけが表現しうる咲い、鳴き、俯きを通俗的衝動としてあらゆる場面で披露している。彼女の作る立ち居振る舞い、とくに、自己否定を証すために発せられる人間観察には、観者につよい動揺を与えるウィットがある。それは順位闘争といった古臭いアイドルの醜態を、ファンの生きる活力へ、あるいは自身の夢を叶えるための原動力へと明確に変換させる多様性の提示の成功へもつながっている。彼女がセンターポジションを務めた『ハッピーオーラ』が、その後グループのバイブルになったのも当然の帰結におもえる。
ビジュアルについては、グループアイドルの第一期生のなかにかならず出現するフラッグシップモデル的な美の役割を担っており、その美が生来の多様性と喰らい合いながらも混成して行く様子は、旧世代のアイドルの姿形を重ね合わせ
、新しいアイドルを誕生させるような光景(たとえば、白石麻衣の美貌と西野七瀬のメランコリックの融和)を映し出し、「加藤史帆」をハイブリッドアイドルの象徴的存在に押し上げている。

受動意識仮説という学問がある。心に対する哲学、思想の一種だろうか。
人の表情がつくられるまでの流れとは、想う→脳から指示→動作(表情、表現)という考えが一般的だが、「想う」の前段階で潜在意識による指示がある、というのが受動意識仮説。想う前に「動く」という考えである。私は、加藤史帆というアイドルからこの受動意識仮説の存在を強く感じる。スタイリッシュな佇まいでありながら、グループが標榜する特色に対して異国の騎士のような雰囲気を身にまとうのは、我々が「感情」を抱く時、すでに彼女は走り出す姿勢をとっているからだろう。私の専門分野ではないのでこれが正しい表現(考え方)なのか自信はないが、もし彼女が「受動意識」を慣習化できているのならば、加藤史帆とは、ほかの誰よりも早く仲間やファンが発する「声」を受け取り、誰よりも早く反応することのできるアイドルと云えるのではないか。それを表面的に、一般的に表現をするならば「繊細」「俊敏」となるのかもしれない。
しかし、本当の喜びや悲しみとは心の縁に触れるまで、心の底にひらひらと落ちてくるまで、時間がかかるものだ。彼女が誰よりも早く走り出し、周囲がそれに追いついて、感情が渦巻き、熱狂に沸く頃、加藤史帆は独りだけ、他者とは異なる喜びや悲しみを抱いている。そのどこか寂しげに映る佇まいから、彼女はユニークなキャラクターと扱われてしまうのだから、おもしろい。興味が尽きない存在だ。加藤史帆とは、その存在自体がシニカルと云えるかもしれない。

 

総合評価 72点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 17点

情動感染 15点

けやき坂46 活動期間 2016年~

評価更新履歴
2020/11/30 ライブ表現 11→13  情動感染 14→15

 

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...

質問への返答 4

「最近注目しているアイドルは小越春花さんです」 「質問への返答」というタイトルで ...