日向坂46(けやき坂46) 加藤史帆 評価

日向坂46(けやき坂46)

加藤 史帆 (C)公式ブログ /欅坂46公式サイト

「走り出す瞬間」


けやき坂46の第一期生・加藤史帆は憂鬱とコミカルを止揚させたユニークな人物である。「アイドル」というジャンルに自縄自縛する人間にしか表現できない咲い、鳴き、通俗的な衝動をあらゆる場面で披露できるアイドルである。多様性という観点で、現代アイドルとして、きわめて豊穣な物語を描く人物と云える。ビジュアルについては、グループアイドルの第一期生の中にかならず出現するフラッグシップモデル的な美を抱えており、その美が多様性と喰らい合いながらも混成して行き、揺れ動く秤=姿形はハイブリッドアイドルの徴になっている。

受動意識仮説という学問がある。心に対する哲学、思想の一種だろうか。
人の表情がつくられるまでの流れとは、想う→脳から指示→動作(表情、表現)という考えが一般的だが、その「想う」の前段階で、潜在意識による指示がある、というのが受動意識仮説。想う前に「動く」という考えである。私は、加藤史帆というアイドルからこの受動意識仮説の存在を強く感じる。スタイリッシュな佇まいでありながら、グループが標榜する特色に対して異国の騎士のような雰囲気を常に纏うのは、我々が「感情」を抱く時、すでに彼女は走り出す姿勢をとっているからだろう。私の
専門分野ではないのでこれが正しい表現(考え方)なのか、自信はないが、それが慣習化できているのならば、ほかの誰よりも早く、仲間やファンが発する「声」を受け取って反応することができるアイドルと云えるのではないか。それを表面的に、一般的に、表現をするならば「繊細」「俊敏」となるのかもしれない。

しかし、本当の喜びや悲しみとは、心の縁に触れるまで、心の底にひらひらと落ちてくるまで、時間がかかるものである。彼女が誰よりも早く走り出し、周囲がそれに追いついて、感情が渦巻き、熱狂に沸く頃、彼女は独りだけ廻りとは異なる喜びや悲しみを抱いている…。それが、ユニークなキャラクターとして映ってしまうのだから、アイドルとは、文芸(虚構)とは、その存在自体がアイロニックなものなのかもしれない。

デビューから現在まで、ファンの前で曝け出した心の闇。それを裸にしてみせる立ち居振る舞い。このファンとのあり方を今後2~3年、ひとつも変えることなく維持できるのならば、アイドル史に銘記される人物になり得るのではないか、と思う。

 

総合評価 74点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 19点

情動感染 14点

 

けやき坂46 活動期間 2016年~

評価点数の見方