日向坂46(けやき坂46) 金村美玖 評判記

日向坂46(けやき坂46)

金村美玖(C)ザ・テレビジョン

「自己韜晦の妙」

金村美玖、平成14年生、日向坂46(けやき坂46)の第二期生であり、3代目センター。
人気者だ。それも小坂菜緒に取って代わる主役として期待されるほどに。けやき坂46ひいては日向坂46・第二期生が描く千紫万紅の印、その豊穣さ綺羅びやかさをもっとも鮮明に教える少女であり、そのとおり快進撃を続けている。日々、アイドルとしての評価、話題性をいや増している。だがアイドル個人としての飛翔が、グループの描くストーリー展開に対し、いまいち、いや、まったく壺にはまっていないようにも見える。
金村美玖から放たれる綺羅びやかさの全ては、素顔の上に被った仮面の輝き、借り物の魅力にすぎず、金村自身の内から洩れたものではない。説明するまでもなくその仮面とは「橋本奈々未」であり、あらゆる紙媒体で橋本奈々未を演じ振る舞いカメラを見つめ笑う、その橋本奈々未化への過剰なこだわりは、自分の素顔を見失って行く凡庸なアイドルを映し出す。アイドルの飛翔がそのままグループの飛翔になることを裏付けた『走り出す瞬間』を最後に、アイドルの物語化が一切伸展していないように思われる。
小坂菜緒の休業を機に、センターに選ばれた。だが、正直、小坂菜緒と比較すれば動感に弱く「主人公」への当為を欠く。とはいえ、橋本奈々未への模倣、自己の韜晦(とうかい)を見てわかるとおり、戦略次第では平凡なアイドルでもセンターにまでのぼりつめることができるという意味では興味深い存在と云えるのだが。歌、演技は目も当てられないが、ダンスは問題なく踊れる。センターに立った経験がしっかりと活かされている。

 

総合評価 47点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 8点

演劇表現 9点 バラエティ 8点

情動感染 10点

けやき坂46 活動期間 2017年~

2021/09/24 演劇表現 7→9