日向坂46(けやき坂46) 柿崎芽実 評価

柿崎芽実(C) 週刊プレイボーイ/集英社

「自我の乖離を描く」

柿崎芽実は、けやき坂46(日向坂46)の第一期生であり、初代センター(長濱ねるとのダブルセンター)である。
みめかたちのすぐれたアイドルであり、cute(キュート)という分野であればグループのみならず、平成と令和の境界線を踏み越えたアイドルのなかで最高到達点と云える。積りたての処女雪のように風の吹き方次第で何色にでも染まってしまえる少女の美。耽美とは傾向が異なる美。日替わりであたらしい理解を求められる美。そのような美の持ち主が戦略性に傾倒したコケットを構成する覚悟を抱え込み、シーンの翳りを映す鏡になる。自身の”美”に内在する可能性への自覚、底知れぬ可能性をどのように発露させれば良いのか、戸惑いと決心から新鮮な可憐が生まれて行った。壁を前にして、ならば、雪団子を作るように丸めて打つけてしまえ、と彼女は大胆な物語を描く。チャーミングな耳が感情値を表すヒートマップのように、オレンジから真紅へと色を変える。情動の感染。真っ赤に染まった耳はピュアの証。好奇心に溢れ、情感のゆたかな深い眼は観者に清冽な印象を与える。彼女は「君じゃなきゃ」という求心力をたしかに具えていた。
少女特有の愛くるしさを作るベビーフェイス(透徹)が官能と止揚していることに気付かされた日がある。外の冷たい空気が暖房の消えた室内に侵入し、吐く息が白いかたまりになって姿をみせるときのような発見と驚き。アイドルの物語の書き出しに”発見”との邂逅が叙述されることは、原稿用紙の上を歩く少女に「主人公」としての自覚、トップアイドルとしての矜持、つまり宿命を刻み込むのだろう。”発見”を象徴するアイドルに、『君の名は希望』で描かれた光景と融和した乃木坂46の西野七瀬が挙げられる。柿崎芽実と西野七瀬の発見に共通するのは、それが「あと付け」であった点だろうか。発見をしていた、と表現したほうが正しいかもしれない。すこしだけ、時間が進んでしまった平行世界とのズレを修正していくような感覚。幻想になりきるためにアイドルとしての自我を獲得しようと悶え、日常の喪失と向き合う少女は「時間」の概念を置き去りにするのかもしれない。そして多くの場合、日常の喪失は、アナザーストーリーの成立は自己と自己の演じるアイドルに明確な隔たりを作ってしまうのだろう。希望の裏にある試練と相打ちになり、ぶつ切り的に終わるアイドルの物語には未だ馴れることができない。いつも、驚かされる。柿崎芽実の転換の様子は、物語の展開は啓示や暗示の結実と云えるのだろうか。むしろ、表象に過ぎなかったものが、思いがけず、目の前に立ち現れる光景。柿崎芽実の卒業はグループの躍進に緊密に絡む出来事であり、救い難さを提示する大きな苦痛と云えるだろう。例えば、秋元真夏と対峙した西野七瀬が”本当に”そのまま「大阪」に帰ってしまったら、という滑稽で喜劇的な「if」と重ね、シリアスを描いても良い。

第一期生でありながらも第二世代という背反性を背負ったアイドルには、最年少という境遇をあたえられたアイドルには子供が親の立ち居振る舞いを見て真似るような、届かなかった場所に背伸びをしタッチをしてみせ、それを褒めてもらおうとする無垢な俯瞰が養われる。少女たちはグループの構成と構造を支える「子供」であり、第一期生たちが作る物語、その虚構の真実を伝える為の「レンズ」として機能する。少女はあらゆるシーンにおいて、自身がトップアイドルへと到達するで”あろう”と蓋然的な言動を溢す。それが隘路の獲得だけではなく、アイドルを演じる為の矜持になるのは、やはり、グループの躍進を客観的に眺めるからである。乃木坂46の齋藤飛鳥がその「レンズ」の象徴と云えるだろうか。柿崎芽実の境遇が齋藤飛鳥と異なるのは、柿崎が2つの家郷を背負ってしまった点にある。日向坂46として歩むことは「日向坂46」と「けやき坂46(欅坂46)」の2つの家郷を俯瞰しなければならない。それは、平手友梨奈と共鳴する自我の喪失だけではなく、自我の乖離を招く。自我の乖離は、目が覚めると同時に忘れてしまった夢は必ずデジャヴュとなって再訪を果たすと妄執する人間が悪夢を忘れない為に「夢」のストーリーを部屋の壁に書き続けるようなオブセッションを少女に与えたはずだ。抱え込んだ憂鬱に導き出される結論、色彩の欠落は日常で遭遇するイベントを深刻なものに変質させる。幻想に勝利する現実、”アイドルを演ることは生きることに値しない”。

家郷の建築を終えて去って往くアイドルたち(第一期生たち)、彼女たちの面影をみせることになるのは、第二期生でも、第三期生でもなく、柿崎芽実になるはずであった。いつの時代でも、血の繋がりや継承にファンは歓喜するものである。彼女はグループにとっても、ファンにとっても未来の希望として燦然たる輝きを放ち胎動する「子供」であった。彼女の書き残した物語が未完の文学小説のように心動し、その不鮮明さによって虚構を再訪するファンを戸惑わせ続けるのだとしても、それはやはり、あまりにも空虚ではないか、とおもう。

 

総合評価 73点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 13点

演劇表現 14点 バラエティ 14点

情動感染 15点

けやき坂46 活動期間 2016年~2019年

評価更新履歴
2019/06/21 加筆しました

評価点数の見方