けやき坂46 柿崎芽実 評価

けやき坂46

 

View this post on Instagram

 

ひらてち◢͟│⁴⁶さん(@sakamiti_gram.46)がシェアした投稿

「ディスカバリー」

けやき坂46の第一期生である。
みめかたちのすぐれたアイドルであり、コケットリーという分野であればグループのみならず、近年デビューをしたアイドルのなかでも最高到達点と云える。チャーミングな耳が感情値を表すヒートマップのようにオレンジから真紅へと色を変え、観者に自身の情動を感染させる。情感のゆたかな深い眼は清冽な印象を残す。彼女の日常の仕草を切り取るだけで、ショートムービーとして成立してしまうのではないか。つまり、それは、あまりにも完結した美に映る。その完結さの訪問が「不意」であったことに看過できない「意味」が生まれる。

ある日、柿崎芽実の未成熟な愛くるしさを孕んだベビーフェイスが透徹した官能美と止揚していることに、ふと気が付く。外の冷たい空気が暖房の消えた室内に入りこみ、吐く息が白いかたまりになって姿をみせるときのような”発見”に似ている。アイドルの物語の書き出しに”発見”との邂逅が叙述されることは、その文字の上を歩く主人公にトップアイドルとしての宿命を刻み込むだろう。この”発見”を象徴とするアイドルが、『君の名は希望』における西野七瀬である。西野七瀬の発見も”やや”あと付けであった。発見をしていた、と表現したほうが正しいかもしれない。すこしだけ、時間が進んでしまった平行世界とのズレを修正していくような感覚とでも云えばよいか。自我を獲得しようと背伸びする少女は、時間を置き去りにするのかもしれない。アイドルの成長のはやさに慣れることはない。いつも、驚かされる。柿崎芽実の、その転換の様子を目撃できたファンはどれだけ居たのだろうか。表象に過ぎなかったものが、思いがけず、目の前に立ち現れる光景に遭遇をしたファンは幸運の持ち主と云えるだろう。そして、柿崎芽実の”発見”は間違いなく、グループの躍進につながるだろう。

季節の記憶』で子供の存在は、小説の構成と構造をささえる存在であって、いくつかのモチーフの一つというようなものではない。「僕」が送る生活が小説の本体をなすなかで、その生活の性格と、そこでの時間の流れは、「圭太」によってはじめて具体的なもの、記述され説明され得るものになる。いわば、「圭太」は、語り手の認識を構成するレンズのような存在なのだ。

(福田和也「現代人は救われ得るか」)

第一期生でありながらも第二世代という背反性を背負ったアイドルには、最年少という境遇をあたえられたアイドルには、子供が親の立ち居振る舞いを見て真似るような、届かなかった場所に背伸びをしタッチをしてみせ、それを褒めてもらおうとする無垢な観察眼と冷酷な俯瞰が養われる。彼女は、あらゆるシーンにおいて、自身がトップアイドルへと到達するで”あろう”という蓋然的な言動をみせる。それが隘路への入り口ではなく、アイドルとしての矜持になっているのは、やはり、グループと自身が作り上げる虚構を俯瞰できているからだろう。グループを構成し、成立させた後に去って往くアイドルたちの面影をみせることになるのは、第二期生でも、第三期生でもなく、第一期生の柿崎芽実だろう。いつの時代でも、血の繋がりや継承にファンは歓喜するものである。彼女はグループにとっても、ファンにとっても未来の可能性としての「子供」なのだ。渡邉美穂が生田絵梨花の系譜に連なるのならば、柿崎芽実は齋藤飛鳥の系譜だろう。齋藤飛鳥が辿った物語を、彼女もなぞるのではないか、と類推できる。

 

総合評価 74点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 18点 ライブ表現 13点

演劇表現 15点 バラエティ 12点

情動感染 16点

けやき坂46 活動期間 2016年~

評価点数の見方