日向坂46(けやき坂46) 濱岸ひより 評価

日向坂46(けやき坂46)

濱岸ひより(C)ヤングガンガン/藤本和典

「ボーダレス」

濱岸ひより、平成14年生、日向坂46(けやき坂46) の第二期生。
デビュー初期の生田絵梨花を彷彿とさせるユーモアをもっている。突飛であり、豪快であり、大胆だけれど、無思慮な訳ではなく、しっかりと自分なりによく考えて行動している。彼女の言葉を注意深く聞くと、ポップ文学特有の抒情性のような響きがあり、なかなか感心するところがある。このひとは、自分の感情を言葉にあらわして他者に伝えることが苦手なようだ。だからきっと、思弁的になってしまう。自己の内に発生した語彙をうまく言葉にして表現できないから、豪快に笑って誤魔化す。その思弁と行動の不一致が一種のユーモアに映るのだろうけれど、ただその姿を眺めるファンや仲間が無条件で笑ってくれることで、その寛容さに包まれたことで感情の隠蔽が癖になってしまったらしい。結果、彼女は、伝えたいと想う言葉を言葉にして話すことがどんどんできなくなる。だから憂鬱になるし、俯いて見える。ユーモアが形づくられるとき、同時に彼女はブルージーに染まっており、奇妙に映るのだ。笑っているのに、どこか寂しげに見える。
濱岸ひよりは、とらえどころのないアイドルだ、と唱えるべきだろうか。いや、それはおそらく、アイドルを演じる少女本人のみならず、彼女のことをプロデュースする作家たちを含めた、アイドルを作り上げる人間が、思弁と行動の不一致を描く登場人物を前にして、この「アイドル」をどのような場所に導くべきなのかわからない、という情況によって映し出されたものであり、アイドルの本質的な性格=物語ではないはずだ。
たしかに、アイドルの物語化、という観点において、むしろその一点において、濱岸ひよりはきわめて貧弱におもう。踊れるし、演技もできる。バラエティショーでの存在感も悪くない。けれどアイドルのストーリーがまったく進展しない。『青春の馬』で重要な役割を担い、アイドルのストーリーを楽曲世界に落とし込み、作品の深化に寄与したものの、肝心のアイドル本人を眺めるとどこか飄々としており、肩透かしを食う。やはりつかみどころがないのである。そうした意味では、なるほど、ボーダレス、という言葉がよく似合うアイドル、と云えるかもしれない。

 

総合評価 56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 6点

けやき坂46 活動期間2017年~

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...