日向坂46 キュン 評価

日向坂46(けやき坂46), 楽曲

(C) キュン ジャケット写真

「キュンしちゃった」

ミュージックビデオ、楽曲について、

日向坂46のデビューシングル。センターポジションで踊るのは小坂菜緒。
「表題曲」を理由に、物語性を当たり前のように放棄し、安直に普遍性を描こうとするのがシーンの主流であるようで、今作品もそれにならっている。つまり、古典ではなく、ただ古臭いだけの楽曲に感じる。日向坂46とは、”あたらしい物語”を物語る役割を担うのではなく、やりたかったけれどやらなかったことを拾い上げ郷愁を満たす筐体なのだろう。だが、そのような事情を考慮しても、芸がなく、古臭い。代わり映えしない乏しい場面展開、演劇の不成立……、どこにもアイディアを拾えない。提示されるアイドルの笑顔のすべてが硬直して見える。演じるアイドル自身も退屈な楽曲を前に困惑しているのではないか、とおもわせるほどに表情が画一化している。終盤にかけては、疲弊すら投げつける。デビューシングルなのに瑞々しさがまったくない。総じて、設置した命題を自ら裏切っている、と云える。

歌詞について、

移動しない”僕”の図式を「片想い」と謳う痛ましさは相変わらずだが、この歌詞からしみ出る俗悪さとは、演者だけでなく、観者にたいしても、どこまで「アイドル」に真面目になれるのか、試している点だろう。文芸とは、云ってしまえば放蕩者の”遊び”でしかなく、その遊びに対して、どこまで真剣になれるのか、鏡にうつし出される滑稽を情熱と捉えることができるのか、生きることを勝るのか、アイドルだけではなく、ファンもまた、作りてから真剣に笑いながら試されているのだ。

 

総合評価 48点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 8点

ボーカル 12点 ライブ・映像 6点

情動感染 9点

歌唱メンバー:富田鈴花、濱岸ひより、高瀬愛奈、松田好花、上村ひなの、金村美玖、井口眞緒、宮田愛萌、潮紗理菜、佐々木久美、丹生明里、河田陽菜、高本彩花、渡邉美穂、東村芽依、佐々木美玲、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実

作詞:秋元康 作曲:野村陽一郎 編曲:野村陽一郎

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...