日向坂46(けやき坂46) 渡邉美穂 評価

日向坂46(けやき坂46)

渡邉美穂 (C)Takeo Dec./週刊少年マガジン/講談社

「新たな物語の、新たな主人公」

渡邉美穂、平成12年生、日向坂46(けやき坂46)の第二期生。
郷愁的であり、快活と懐疑のあいだで揺れ動く姿形。節操のあるショートヘアスタイル。彼女が走り出すと、意思が反映したようにその髪がおおきく揺れる。無感動は置き去りにされる。日常を演じ、青春の犠牲を抱きしめるアイドルに成ったが、今なお青春の焰は燃え尽きていない。「正統派アイドル」という枠組みならば、現代アイドル史のなかで冠絶した存在に映る。
渡邉美穂は、限界的な状況を日常化し現実の敗北を覚らせる生田絵梨花と、教養小説としての生駒里奈を止揚させたハイブリッドな登場人物である。生田と生駒が前田敦子の系譜に連なるのは云うまでもない。つまり、渡邉美穂は他のアイドルをターミナルキャラクターへと導く脅威と扱われる日も近いはずだ。しかし、その古典的な生存競争、縄張り争い(アイドルとして本来あるべきすがた)がグループを深化させるのだと、私は想う。
群像劇が消失した現在のアイドルシーンにおいて、ファンが渇望するのは「主人公」の誕生である(それは時代の要請を無視した声でもある)。渡邉美穂というアイドルは、「主人公」への純度がきわめて高い人物に映る。齊藤京子、柿崎芽実、加藤史帆、丹生明里によって群像劇の復活、奇跡への胎動を日々感じさせる『けやき坂46』において、主人公をつよく想わせる渡邉美穂の存在は異端児にさえみえる。前田敦子、松井珠理奈や生駒里奈が異端児として、異物と扱われ、アイドルファンに不快感をあたえるのは、彼女たちが「主人公」という業を背負っているからである。渡邉美穂からは未だ彼女たちのような強烈なイデオロギーを受け取ることはないが、独善的な瞳や自発的能動性の濃い立ち居振る舞いから、その片鱗をうかがうことはできる。やはり異端児だろう。アイドル史において正統派アイドルとよばれるべき人物が、現代のアイドルシーンのなかにあっては異端と映ってしまう倒錯。この倒錯を背負う渡邉美穂と同時期に丹生明里という群像劇を復活させる(時代の要請に応える)アイドルが出現してしまったことへの見地は、そのまま文学と扱うことが可能だろう。共存不可能な概念が今後どのような対峙を描くのか、そして少女たちが作るあたらしい群像劇の中軸に選ばれた小坂菜緒、彼女のために用意されたあたらしい筐体こそ『日向坂46』である。けやき坂から日向坂へと移動したことにより、『日向坂46』と『けやき坂46(欅坂46)』の2つの家郷を、郷愁を抱えることになった少女たちがどのような物語を描くのか、現代アイドル史のなかにあって、もっともスリリングな境遇に渡邉美穂は置かれている。

「君はいろいろ悔悟の種を抱え込むことになる」ミスタ・ジョンは以前ニックに言った。
「それは人生最高の経験と言っていい。悔悟するかしないかはいつも自分で決められる。とにかく肝腎なのは、そういうものを抱え込むことだ」
「僕、悪いことなんかしたくありません」ニックはそのとき言った。
「私だって君にしてほしくはない」ミスタ・ジョンはそのとき言った。
「だが君は生きていて、いろんなことをしでかすことになるんだ。…」

ヘミングウェイ「最後の原野」

このきわめて外的な、感情を抑制した現実の描写、啓蒙は、秋元康の詩的世界に生きる少女にとって、避けられない不吉な予感として胎動するだろう。「文学」という存在は、我々を先回りして迎え撃つ。その予言から逃れることは不可能である。これからさき、ファンが眺めることになるのは、ピュアさやイノセントの領域から抜け出した、渡邉美穂が作り上げる虚構の、そこにある暗さや深さ、俗物的な情動、エモーショナルな嘆きや戸惑いだろう。『あゆみ』という物語を、登場人物を演劇通過したことによって、彼女はあたらしい自我との遭遇を果たしたようだ。アイドルとして過ごす日常の演技にも演劇的な立ち居振る舞いを選択するようになった。彼女の描く芝居じみた表情、寸劇、物語は、ファンを心が落ちつかない不安で支配しようとする不愉快な「嘘」に映るかもしれない。しかしそれがアイドルのみならず、ファン自身の自己超克を促すような力だとも自覚するはずだ。なぜなら、新たな物語の、新たな主人公の誕生によって、アイドルの成長共有というコンテンツにもう一度だけ、光が差すのを目の当たりにすることになるのだから。

 

総合評価 73点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 13点

演劇表現 16点 バラエティ 14点

情動感染 14点

けやき坂46 活動期間 2017年~

2020/01/16  再評価しました 演劇表現 15→16

評価点数の見方