STU48 中廣弥生 評価

STU48

中廣弥生(C)週間プレイボーイ

「思い出せる恋をしよう」

中廣弥生、平成14年生、STU48の第二期生。
17歳でアイドルの扉をひらく。中学生時代に「アイドル」を好きになり、実際にアイドルの世界に踏み込んだ友人の横顔を眺め、自身も職業としてのアイドルに意識的になったという。だれかに活力をあたえたい、と決意した少女は、そのとおりに、他者の興味をひく話題を途切れずに披露し、少女特有の豪宕さ、とでも云うべきか、独特なリズムとテンションによって公開オーディション当時から、自身に興味を向けるアイドルファンを片端から笑顔にしており、すでに「凡庸」では説明できない資質を投げつけていた。
嫌いな自分を変えたい、あたらしい「自分」を発見したい、ということに全力で、常にごまかしなくファンの前で笑顔を描くアイドルであり、そういった、アイドルを演じる行為に向ける憧憬と、職業としてのアイドル、という手強い現実を前にした葛藤のようなものが混淆して見える点は、ある種のパラノイアを想起させ、中廣弥生自身をユニークなキャラクターへと昇華させている。
彼女の会話のリズムとテンションの独特さは、踊りにもよくあらわれている。身振り手振りに大仰なところがあって、奇妙な余韻がある。ありていに云えば、クセが強い。オーヴァーグラウンドのアイドルで例えるならば、乃木坂46の山崎怜奈の作る踊りと似ている。
アイドルの踊りとは、その動きからどれだけアイドル自身の物語を辿れるのか、という話題に帰結するものだから、そのような意味では、山崎同様、中廣の奇妙な動きにも意味を見出だせる、センスがある、と評価できるかもしれない。

ただ、デビューからすでに3年経とうとしているが、オーディション時の話題を除けば、アイドルとして記録されるべき物語、特筆に値するストーリー展開を中廣弥生は現在のところひとつも把持しない。5枚目シングル『思い出せる恋をしよう』において表題曲の歌唱メンバーに選抜されるものの、この作品は、在籍するメンバーを一箇所にまとめた、俗に云う”全員選抜”を採用した楽曲であるため、やはり達成感に乏しい。
現在の彼女を眺めてみると、ファンに向ける顔はデビュー時と変わらず頼もしいものがある。だが、正直に云えば、何も変わっていないように見える(毎日一人のアイドルことだけを仔細に眺めるファンと、1年に一度だけそのアイドルを読む人間のどちらがアイドルの変化/成長に気付けるのかと問うならば、もちろんそれは後者である)。この後者の立場を意識した際に、変化がみとめられない、というのはなかなか深刻におもう。たしかに、話はおもしろい。けれど、それだけのように感じる。たとえば、トゥルーマン・ショーの観客のように、画面からアイドルが消えてしまえば、その瞬間に主人公への関心があっさりと消えてしまうような、そんな虚しさが中廣弥生にはある。

現在のSTU48に所属するアイドルの多くを眺めていて思うのは、日常の垂れ流しによるアイドル=幻想=フィクションの欠落である。
毎日スマートフォンカメラの前に座り、こころにわき出た言語をそのまま言葉にして「時間」を稼がなくてはならない境遇に置かれた彼女たちは、フィクションからもっとも遠ざかった存在に映る。
フィクションとはウソの世界を作ることであり、要するにアイデアが求められる創作活動である。説明するまでもなく、毎日スマートフォンカメラの前に座ってファンに語りかけなければならない境遇に置かれた少女に、毎日違うアイデアをもってファンの前でフィクションを作れ、おもしろい企画を用意して来い、などと求めるのはあまりにも非現実的であり、つまりアイドルの前提からしてすでに破綻しているようにみえる。
中廣弥生にしてもおなじことであり、デビュー以来、彼女は常にこころにわき出た言葉を垂れ流しているだけであるから、それをフィクションと呼ぶことはできない。眼前に提示されるものがフィクションでないのであれば、それは当然「物語」とは云えないわけである。
たとえば、垂れ流しの文章、コンテンツとは、一度消化されたらそれが最後、二度と触れられることはない。ワイドショーなどその最たるものだろう。一方で、情報を集め資料を漁りアイデアを練り、「完全な他者」と「自己の内で絶対に譲れないもの」とのあいだで揺れる、鋭い意識のもとに作るフィクションとは、一つ作ってしまえば、それは繰り返し読まれる可能性を秘める。
二度と読まれることのないものを毎日垂れ流しつづけるのか、ファンが自分の元から離れてしまうのではないか、という不安や焦燥のもと、繰り返し読まれるような物語=フィクションをじっくりと時間をかけて作るのか、置かれた境遇のなかでどう行動するのか、いずれ彼女たちは岐路に立つのではないか。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 10点

演劇表現 8点 バラエティ 13点

情動感染 12点

STU48 活動期間 2019年~

 

センターの値打ち 乃木坂46 編

はじめに 「センター」に点数を付けてみたい。また遊び心が湧いた。と同時に、『ロー ...

NGT48 Awesome 評価

「Awesome」 楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、 6枚目シングル。小 ...

瀧野由美子はやっぱりおもしろいし、かわいい

「アイドルの物語化が起きる瞬間」 ひさしぶりに瀧野由美子を見たら、なんだか妙にし ...