STU48 田口玲佳 評価

STU48

田口玲佳(C)週間プレイボーイ

「青春の相互共有」

田口玲佳、平成13年生、STU48の第二期生。
なかなかキュートなアイドルを作っている。ファンを虜にする、魅惑的な笑顔を描いている。まるでお人形さんみたい、という形容がよく似合う。もちろんこれは、アイドルのもつルックス、その可愛らしさを直感的に表現したものなのだが、実際に口に出してみると、どこか皮肉的に反響してしまう。
田口玲佳は、常に同じ角度から、常に同じ表情で、常に同じテンションをもって言葉を吐く。だからか、どれも似たような意味に聞こえ、義務的に映る。自分がもっともうつくしく見えるシチュエーションへのこだわり、自分の容姿がファンの眼にどう映るのか、というところにのみ注意をうちこんでいるため、微動しない。アイドルに運動がなく、すでにできあがった物差しをもってアイドルをはかり、そのとおりに答えが出てしまうから、驚きがない。よって、どれだけ眺めても、お人形さんみたい、という感想以上のものが出てこない。
ただ、田口玲佳の魅力が「ビジュアル」にあるのもまた事実である。彼女はこのこだわりあるビジュアルを、架空の世界への入り口=招待状とするのではなく、あくまでも現実世界におけるファン交流への工具として委ね、自身の青春を自壊させずにファンと青春の相互共有を叶えている。現実的な話題をもって自己の演じる「アイドル」をファンのこころと通い合わせ、アイドルへの空想を育ませることなく、現実と地つづきに耽溺させてしまえる点などは、たしかにシーンのトレンドを反映しており、なかなか興味深い。

アイドルの存在理由なるものを考えるとするならば、それは当然、自己の可能性を探る登場人物、というところに落ち着くだろう。だが、田口の場合、すでに自分の可能性がどのような場所で、どのように実現されるのか、強い現実認識のもと理解しているように見える。その現実認識の奏功か、アイドルを演じる日々のなかで体験する嘆き、それを提示する際の彼女の横顔には、それなりのリアリティがそなわっている。だがアイドルがフィクションを一切持たないというのは、ファンとの精神的なふれあいをうまないことの裏返しでもあり、それがアイドルの物語に飛翔がまったく描かれないことの動機になっているとも感じる。田口は2019年にデビューしたグループアイドルだが、それにしてはアイドルの物語の内容が薄すぎる。とくに、(これはSTU48の第二期生全般に云えることだが)ステージの上での立ち居振る舞い、表現力に一切の成長を感じられないのは目に余るものがある。

 

総合評価 41点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 7点

演劇表現 7点 バラエティ 8点

情動感染 7点

STU48 活動期間 2019年~

 

センターの値打ち 乃木坂46 編

はじめに 「センター」に点数を付けてみたい。また遊び心が湧いた。と同時に、『ロー ...

NGT48 Awesome 評価

「Awesome」 楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、 6枚目シングル。小 ...

瀧野由美子はやっぱりおもしろいし、かわいい

「アイドルの物語化が起きる瞬間」 ひさしぶりに瀧野由美子を見たら、なんだか妙にし ...