STU48 吉田彩良 評判記

STU48

吉田彩良(C)STU48公式ツイッターアカウント

「高潔の士」

吉田彩良、平成14年生、STU48の第二期生。
芯の強い女性、といった印象をまず受ける。グループアイドルに対するイマジネールの内に、その構造の中に立つ登場人物(当事者)でありながらも外部から現実を突きつけるような迫力を持っている。ビジュアルも良い。グループの飛翔に際し口火になるのではないか、期待させるだけの個性がある。
渡辺麻友に憧れ、夢を抱き、アイドルの扉をひらいた、と語る現役アイドルは多い。吉田もその一人だが、彼女たちを眺め気付くのは、アイドルを演じる時間のなかで一種の愚直さを宿していく、逃れがたい共通点である。渡辺麻友の、その日常演技のアンタンシテ、「アイドル」とは、現実から遠く離れた非日常としての存在=偶像でなければならないという意識の強さ、過剰さ、つまりドラマツルギーの鋭さを尊敬し、それを「アイドル」の高級さに昇華してしまうことで、日常における演技がその相対に陥ってしまうという、循環に現在の吉田彩良も陥っているかに見える。
日常を演じきることのむずかしさと、本音を隠し生きることの屈託を、渡辺麻友という偶像を通じて理解してしまう少女たちは、自分ではないなにものか、を演じることを断念し、アイドルではない本物の日常生活における「自己」を、アイドルとして過ごす時間のなかで再現しようと意識しはじめ、その意識に従った演技を作る。端的に云えば、渡辺麻友の作った日常の演技、陳腐とも古典とも言えるアイドル然とした立ち居振る舞いを偉業だと捉えれば捉えるほど、理想に掲げれば掲げるほど、その演技の徹底のむずかしさに直面し、それが渡辺麻友だからこそ叶えられたアイドルの物語なのだと確信する。渡辺麻友の”真似”をすることを容易に諦めさせる。
渡辺麻友に憧れ、アイドルを夢見て、実際にアイドルの世界へ飛び込み夢を実現させた少女は多いけれど、しかしそうした少女のなかに渡辺麻友のようなアイドルが出てこないのは、自分ではないなにものか、を渡辺麻友のように徹底して作り上げることのむずかしさを、他の誰よりも彼女たち自身が理解するからではないか。
吉田彩良というアイドルを前にして見出す素朴さ、たとえば飾り気が一切ない日常の仕草、これはおそらく、アイドルを演じる少女の素顔などではなく、素顔を伝えるための演技によって編まれる、ひとつの虚構なのだろう。こうした演技を試みる少女の代表格に佐々木琴子を挙げるべきだが、渡辺麻友の強い影響下によって自己再現の演技に辿り着くという意味では、寺田蘭世の横顔を想起する。彼女たちは往々にして自意識が澄んでいて、透明であり、不機嫌に見え、多くの場面で誤解される。

吉田彩良がおもしろいのは、そうした、冴え渡った精神を持ったアイドル、というイメージがある種の頼もしさを投げ与える点だろうか。とくに、グループアイドルというコンテンツそのものに対する理解とこだわりは郷愁と呼べる水準に達しており、その雰囲気、佇まいも合わさり、STU48にあっては、同業者だけでなく、ファンにとっても頼もしい存在へとたしかに押し上げられている。常に淡々としているが、テンションの解放を披露する場面もしっかりとある。抑揚の欠いたアイドルの表情に喜怒哀楽がスケッチされると、ぱっと花が咲いたように見え、ファンはカタルシスを得ることだろう。アイドルの性格とは、やはり日常の立ち居振る舞いによって組み上げられるものなのだ、という感慨を、このひとはあらためて抱かせてくれる。
その頼もしさ、その容貌をして、高潔の士、という古風な形容がよく似合う。ただ、高潔である一方で堅牢な一面も持っている。たとえば、グループアイドルに対する見識の広さによって自己の編むアイドルの可能性の幅を、ある程度、認識してしまっているように見えなくもない。たとえばそれは、『花は誰のもの?』が同時期に発表されたアイドルソングの、AKBグループ、坂道シリーズの表題作のいずれをも容易く凌ぐクオリティを持ちながら、それを演じるのがシーンの主流である乃木坂46ではなくSTU48であったことに向ける「惜」を、ファンの誰よりも、当事者である吉田自身が楽曲の上で表現してしまっているように見える。
とはいえ、そうした表現は、凡百のアイドルよろしく夢を諦め現実に帰還しようとするアクチュアルさとは似て非なるものである。このひとの姿勢、アイドルのレジームに意識的に振る舞うという姿勢は、アイドルの断末魔を常に意識しているようにおもえてならない。現役のアイドルとしてシーンの索漠・衰退を肌で感じつつも、しかし順位闘争に向ける闘争心を枯らさない、ある種の覚悟、無謀さ、儚さを彼女の横顔からは見出すことが可能であり、おそらくは、それが「高潔」を映し出すのだろう。

 

総合評価 60点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 12点

演劇表現 12点 バラエティ 11点

情動感染 12点

STU48 活動期間 2019年~

2022/05/31  加筆、修正しました

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...