STU48 吉田彩良 評価

STU48

吉田彩良(C)STU48公式ツイッターアカウント

「高潔の士」

吉田彩良、平成14年生、STU48の第二期生。
芯の強い女性、といった印象をまず受ける。グループアイドルに対するイマジネールの内に、その構造の中に立つ登場人物(当事者)でありながらも外部から現実を突きつけるような迫力を持っている。ビジュアルも良い。個性がある。グループの飛翔に際し口火になるのではないか、期待させる。
渡辺麻友に憧れてアイドルの扉をひらいた少女にはある種の愚直さが宿るようだ。吉田彩良もその一人である。渡辺の日常演技のアンタンシテ、つまりドラマツルギーの鋭さを尊敬し、「アイドル」の高級さに昇華してしまうことで少女の日常演技がその相対に陥ってしまうという循環に現在の吉田もあるようだ。日常を演じきることのむずかしさと屈託を、渡辺麻友という偶像を通じて理解してしまう少女たちは、自分ではないなにものか、を演じようとせずに、アイドルではない日常生活における「自己」をアイドルとして過ごす日常において再現しようと演技を作る。吉田彩良というアイドルの素朴さ、飾り気がない仕草とは、アイドルを演じる少女の素顔ではなく、素顔を伝えるための演技によって編まれる一つの虚構である。こうした演技を試みる少女の代表格に佐々木琴子が挙げられるだろうか(渡辺麻友の強い影響下によってそこに辿り着く、という意味では寺田蘭世なのだろうけれど)。彼女たちは往々にして自意識が澄んでいて、透明であり、不機嫌に見え、誤解される。
吉田彩良の場合、精神の冴え渡ったアイドルを描いている。また、グループアイドルそのものに対する理解とこだわりは郷愁と呼べる水準に達しており、その冴え渡った雰囲気、佇まいも合わさり、仲間だけでなく、ファンにとっても頼もしい存在へとたしかに成長したようだ。淡々としているが、テンションの解放はある。抑揚の欠いたアイドルの表情に喜怒哀楽がスケッチされると、ぱっと花が咲いたように見え、ファンはカタルシスを得る。やはりアイドルの性格とは、日常の立ち居振る舞いによって組み上げられるものなのだ。
その頼もしさ、その容貌をして、高潔の士、という古風な形容がよく似合う。ただ、高潔である一方で堅牢な一面も持っている。たとえば、グループアイドルに対する見識の広さによって自己の編むアイドルの可能性の幅をある程度認識してしまっているように見える。だがそれは夢を諦めて現実に帰還しようとするアクチュアルさとは似て非なるものである。このひとの姿勢、アイドルのレジームに意識的に振る舞うという姿勢は、アイドルの断末魔を常に意識しているようにおもえてならない。つまり現役のアイドルとしてシーンの索漠・衰退を肌で感じつつも、しかし順位闘争に向ける闘争心を枯らさない、ある種の覚悟、無謀さ、儚さがあり、それが「高潔」を映し出すのだろう。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 12点

演劇表現 12点 バラエティ 11点

情動感染 12点

STU48 活動期間 2019年~

 

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...