STU48 小島愛子 評判記

STU48

小島愛子(C)2期究生メンバーtwitter 公式アカウント

「日常」

小島愛子、平成9年生、STU48の第二期生。
21歳でアイドルの扉をひらく。当然、アイドル=青春とする少女たちとは一線を画した存在であり、彼女の場合、青春の反復、というよりも、青春の往復を描くような空気感をまとっており、その佇まいから、グループにおいて独特な存在感を放つ登場人物に映る。
この人を眺めているとやさしい気持ちになれる。実りある時間を過ごせる。しかもそれは、耽溺し盲目になる、という意味ではないようだ。小島愛子は、嘘偽りのない、誤魔化しのない現実の厚みをもった日常の提示を可能とするアイドルで、しかもその「日常」は、我々ファンが自身の暮らしのなかで現実感覚のもとに憧れを抱く、ずっと先の未来としての、ありふれた、しかしほとんどの人間が手に入れることのできない日常風景である。
髪を結んだ恋人がキッチンに立ち、歌を口ずさみながら料理をしたり食器を洗ったりする、その当たり前の日常風景こそ今日ではけして完成しない日常、つまりフィクションであり、STU48・小島愛子はその「日常」を描き、ファンをとりこにしている。『暗闇』から続いたひとつの物語の集大成を描いた『ヘタレたちよ』において、表題曲の歌唱メンバーに選抜され、いよいよ飛翔を描きつつある。

アイドルを演じる少女からすれば、ファンに空想や幻想に支えられた非日常的なもの=夢への活力=笑顔をあたえることこそがアイドルの使命だ、と決意するに相違ない。だがそもそも、ファンがアイドルに非日常=幻想を求める、これはファンが自身の日常における「幸福」を希求する行為にほかならない。理由や動機は様々だけれど、ありていに云えば、自身の人生をより豊かにするために、実りあるものにするために、ファンは「アイドル」の物語を読みはじめるわけである。小島愛子は、この、ファンにとっての紛れもない日常とその香気を、非日常的なものを通すことなくファンの眼前に提示する、演じ描かれる「アイドル」そのものが日常を背骨とする、稀有な登場人物である。
彼女が映し出す光景とは、ファンが恋い焦がれる未来=自身の人生の物語のつづきとして期待しているもの、と表現できるだろうか。小島の魅力とは、日常から遠く離れた世界=幻想を映し出しそこに漂っているあいだは退屈な現実を忘れることができる、といったありふれたフィクションの提供ではなく、アイドル=フィクションを作ることでファン自身の現実生活の先にあるかもしれない幸福な日常風景を差し出す点にある。仮想に独特のリアリティがある、ということだから、なかなか非凡におもう。
もちろん、こうした感慨は、スマートフォンカメラによって撮された仮想空間を眺めた際の思惟に過ぎず、つまりはアイドルによる、アイドルを演じる自身の濃やかな日常の再現、そのような試みが実行されていると捉えるしかない。よって、彼女を眺める人間は、この日常感は一体何なのだろうか、困惑し、より彼女の物語に没入する羽目になる。換言すれば、アイドルというフィクションが、現実と同等かあるいは現実よりも現実的に見えはじめ、ファンの心に溶かし込まれる、と云えるかもしれない。
特筆すべきは、ファンが目撃し心を揺さぶられる小島愛子の日常風景、モデレートに編みあげられまとめあげられた日常こそ、おそらく、非日常を生きるアイドルがもっとも欲する暮らし、しあわせであるという点だろう。ファンの側から見れば、アイドルを演じる少女が最終的に求めるであろうほんとうの夢がすでにそこにあり、もうアイドル自身がつかんでいるように見えるのに、しかしそれはアイドルを演じる少女があくまでも「アイドル」として語ったもの、演劇の一部にすぎないのであり、つまりアイドルを演じ幻想に生きる少女にとっては、ある意味で自己ともっとも隔てられたものである、という倒錯が立ち現れる。

シーンの消長を問う上で、小島愛子のこの横顔は画期的にみえる。アイドルを鏡にしたファンが、現実における自身の夢、お金を稼ぎたいとか有名になりたいとか、そういった短い距離感における話柄ではなく、より本質的な夢、日常における最終到達点のようなものを抉り出さられる、という意味においては、AKBグループひいては坂道シリーズの通史のなかにあって、アイドルが間断なく誕生し、また矢継ぎ早に卒業していく現在のシーンにあって、ありそうで実はなかったアイドルの物語であり、まさしく暗闇を貫く光をみる。こういうアイドルが出てくるうちはまだまだアイドルシーンも大丈夫だな、と。

彼女のおもしろさの一つに、ふいにアイドルという幻想の生活を手に入れた少女をおそう、これまでの自分とはまったく別の自分が、自分の意思決定にかかわらず身勝手に作られていく、特権的でありかつ宿命的なものに対する「情動」がある。
青春の消化をある程度終えた段階で職業アイドルに成る、という女性のおもしろさとは、やはり、意識的にしろ無意識的にしろ、自分とはこういうものだとする、漠然とつかみつつあったアイデンティティへの感覚が、いちど薄れる、あるいは消失しつつあるなかで、眼前には今までの自分とはまったく別の自分が作られていくことの不思議さと奇妙さ、その実感であり、小島愛子に驚かされるのは、その実感をファンの前で仔細に描いてしまう大胆さだ。また、その握りしめた自覚や、それを眺めるファンの存在によって、アイドルとしてではなく、むしろアイドルに成りかわった自己の存在理由が満たされて行くことへの感動を、これまでの人生では遭遇しなかった体験つまり奇跡への実感を、水増しせずに教えてくれる点、これは乃木坂46生田絵梨花を彷彿とさせる、レット・イット・ビーの実践に映る。
このひとは、ある日突然アイドルになった人間が、その世界の不気味さ、常識の欠如、ある種の幼稚さを目の当たりにし、しかしそれを受け止めなければならないという不条理に対する疑問と理解をしっかりと言葉にできる。さらには、アイドルとは無条件に称賛されるべき存在だとする無垢な声量に対し疑問を向け考える姿勢すら描いており、勇敢さを受け取る。歌唱力の高さはもちろん、センターポジションに対する憧憬も語っており、これも頼もしいと感じる。

 

総合評価 65点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 14点

演劇表現 12点 バラエティ 13点

情動感染 14点

STU48 活動期間 2019年~

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...