STU48 ヘタレたちよ 評判記

STU48, 楽曲

(C)ヘタレたちよ ジャケット写真

「ヘタレたちよ」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

7枚目シングル。センターは瀧野由美子。
長い夜が明け、『暗闇』から続く物語に一応の終止符が打たれた、ということなのだろうか。ここに来るまで、色々なものを失い、様々な稚気を描いたようである。では喪失を経験し成熟したのか、と言えば、けしてそんなことはなくまだまだ未熟なアイドルの集合であり、それぞれが成長への余白を残している。だからきっと”ヘタレたち”なのだろう。
”ヘタレたちよ”、これはなかなか大胆なタイトルだが、アイドルへのたしかな写実があるようにおもう。岡田奈々からの最後のメッセージ、という体裁をとっているが、この詩情を読むに、作詞家がアイドルと共に闘おうとしているような、青く瑞々しいものに触れる。とくに一番の歌詞が素晴らしい。砂浜の上で踊るアイドルの姿形と強く響き合っている。
ミュージックビデオの内に描かれたアイドルの表情で良いとおもったのは、まずやはり小島愛子。このひとは日常の再現が巧みなのだろう。次に今村美月。以前よりも、表情がやわらかくなったように感じる。ダンスシーンでは石田千穂、中村舞に惹かれた。全編通して一番良かったのが甲斐心愛。1期でありながら「次世代」を担ってしまうアイドルとは、否応なく、目に見える成長を求められてしまうものだ。甲斐心愛はこの要求にしっかりと応え、成長を遂げているように見える。

 

総合評価 63点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 14点

ボーカル 10点 ライブ・映像 13点

情動感染 13点

歌唱メンバー:石田千穂、石田みなみ、今村美月岩田陽菜岡田奈々沖侑果甲斐心愛門脇実優菜瀧野由美子、中村舞、福田朱里、矢野帆夏、小島愛子、高雄さやか、田中美帆、立仙百佳

作詞:秋元康 作曲:A-NOTE、N-Sound 編曲:野中“まさ”雄一

 

アイドルの可能性を考える 第十回 「アイドルの値打ち」の使い方 ビジュアル 編

「『アイドルの値打ち』の使い方」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打 ...

日向坂46(けやき坂46) 上村ひなの 評判記

「いつでもどこでも変化球」 上村ひなの、平成16年生、日向坂46(けやき坂46) ...

乃木坂46 Against 評判記

 「孤独にならなきゃいけない」 歌詞について、 しっかりと練られている。デビュー ...