乃木坂46 深川麻衣 評判記

乃木坂46

深川麻衣(C)オリコンニュース

「常に『聖母』であろうとした」

深川麻衣、平成3年生、乃木坂46の第一期生であり、6代目センター。
プラトニックの交歓を実現した、ファンのアモールとなった唯一人のアイドル。
生身の人間が演じる偶像、という意味においてまさしく「アイドル」と呼ぶに値する登場人物であり、眩い光輝を放っている。言葉の普遍の意で「アイドル」と表現すべき貴重な存在。また、俗に云う「卒業センター」という称号を授かったはじめての登場人物でもある。

ドラマツルギーの延長、あるいは明確な新区分としての日常の演技に冠絶した人物であり、ファンから、仲間のアイドルから、また作り手の多くから惜しみない敬意、親愛をうけた。川後陽菜に「聖母」と名付けられたその瞬間からアイドルを卒業するその日まで、常に「聖母」であろうとする彼女の姿勢に心を打たれた同業者は多い。深川麻衣の日常の所作を前にして抱く敬意と親愛の情、そのもっとも明確なしるしが、第二弾『乃木坂46時間TV』の開催、雑多な希望の結実を歌った『きっかけ』のミュージックビデオを通し描かれた、深川麻衣の「集大成」を記録・記憶化しようとする試みである。
性格とは生活によって作られるものだ、と言うが、この言葉の体現者として、深川は西野七瀬をも凌ぐ迫力をもっている、と云えるかもしれない。甘美な嘘をつくることによってファンがアイドルの真実へと到達することを可能にする、アイドルを深く愛してしまう、という意味において、この人は段違いの豊穣さ、影響力を把持している。後日、『きっかけ』がグループのバイブルへと押し上げられたことも、退けることのできない帰結におもう。アイドルが、色褪せない記憶となって、歌のなかに佇んでいるからだ。

 

総合評価 70点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 12点

演劇表現 15点 バラエティ 13点

情動感染 16点

乃木坂46 活動期間 2011年~2016年