STU48 沖侑果 評価

STU48

沖侑果 (C) ウォーカープラス

「本音の杯」

沖侑果、平成11年生、STU48のドラフト3期生。
デビューから一貫して悪戯的な企みを孕んだ喜劇的な日常を描いている。その”イタズラ”の中に仕掛けた罠をアイドル自身が踏み、情動に振り回されることも多いが、それが結果的にファンを仮構に落とし込んだ真実へと容易く到達させるのだから、おもしろい。奇妙なカタルシスへと導く笑顔の持ち主で、すでに濃密な読者を獲得する気配がある。沈思黙考的なビジュアルだが、その表面に反して、物事を筋道立てて考えることが不得手なようだ。ウィットに富んでいるが、痛みが引いた後もそこになにかが居残っているような喋りかたをする。ステージ上では、音に揺られながら物思いに耽るような顔をする。身体の何処かにあるスイッチをだれかに押されて全身からちからが抜け落ちてしまったようなリズムのとりかたをする。それが偶発的に意志を勝ち獲り、まわりで右へ左へと立ちまわる他のアイドルが音や観客の視線に融和しようとつくりあげた”その瞬間だけ”の「空気感」のなかに混ざりあってしまうのだから、表現力に対する評価に躊躇を生むアイドルである。

一つの語彙が頭に浮かんだら、それをどうにかして文章のなかに当て込みたいと固執してしまう滑稽さ(悪癖)と似て、彼女のようなタイプのアイドルがみせる表現を、なにものかと比較しても、「それは誤解だよ」と云われるリスクを背負うだけで、そこからさきへはどこにも辿り着けないのかもしれない。けれど、それでも踏み込んでみようと決意させる、不思議な希求が「沖侑果」にはある。

日常生活において、表現力の乏しい人間は、周囲に誤解を与えやすい傾向にあるのだろうと判断するが、アイドルにおいては、表現力豊かな人物ほど誤解されやすい。磯貝花音から「反動」を感じるのは、彼女が映しだす表現のなかに無骨さや一方通行的な悶えが内在しているからである。これが「反動」と映り、ある種の誤解を与える。沖侑果は磯貝とはライブステージ上での立ち居振る舞いや日常の仕草、アイドルとしての方向性は異なるが、非日常の空間に作り出される表情によって誤解や無理解に遭遇してしまう、という点は酷似している。

初対面の相手に対してのほうが、家族や旧知の友よりも、心情を吐露できるタイプの人物は多い。相手に自分を知られていない安堵感や、”ここ”からあたらしい自分をつくりあげていけるという希望や期待の存在を無意識に抱え込んでいる所為かもしれない。とくに、アイドルを志す少女の多くは、辺境からの脱出を渇望しているのだと、私は想う。だから、無防備にも、勇気を出して、あるいは衝動に頼って、喋ってから後悔するような言葉を吐露してファンと本音の杯を交わそうとする。だが、その少女の愚直さ、イノセントな行為を素直に受け入れることが可能なファンはけして多くはない。「本音の杯」という上質で実りある時間をトレーに載せて差し出すアイドルを前に、ファン側がそれから目を背け、物語の共有を放棄してしまう理由は、アイドルを演じる少女がさらけ出す、心の底にふりつもった苦悶や、不安に苛まれる寒さといった心の裸に自己が没入する行為、その行為に向けられるであろう嘲笑や揶揄(表面的な情報の囲繞される大衆心理)に操られてしまうというよりも、自己と隔絶する他者に”ありのままの素顔”を溢す無邪気さ、それがある種の”暴力”に映るからだ。純粋無垢な子供が投げかける質問と似た攻撃性を感じてしまうから「否定」を選択してしまう。心の闇の淵を触れさせたのに、拒否され揶揄を貰ってしまう少女の恥は安易に推しはかれない。きっと、たとえようのない孤独を抱きしめて毎日、眠るのではないか。しかし、皮肉にも、そのようなファンからの拒絶体験(無理解の囲繞)が少女にアイドル=文芸という虚構へ踏み込むための、日常を演じるためのきっかけ(決心)をつくり、架空の世界への入り口と邂逅させるのである。真実を伝えるための虚構(うそ)を手に入れたとき、”はじめて”彼女はファンと物語を共有することになる。その過程で生来のユニークさが損なわれなければ、沖侑果はグループの躍進に対する明確な徴となるのではないか。

 

総合評価 58点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 14点

情動感染 8点

STU48 活動期間 2018年~

評価点数の見方