STU48 沖侑果 評価

沖侑果(C)STU48公式サイト

「本音の杯」

沈思黙考的なビジュアルの持ち主だが、その表面に反して、道筋を立ててものを考えることが不得手のようである。ウィットに富んでいるが、痛みが引いた後もそこになにかが居残っているような喋りかたをする。ステージ上では、音に揺られながら物思いに耽るような顔をする。身体の何処かにあるスイッチをだれかに押されて全身からちからが抜け落ちてしまったようなリズムのとりかたをする。それが偶発的に意志を勝ち獲り、まわりで右へ左へと立ちまわる他のアイドルが音や観客の視線に融和しようとつくりあげた”その瞬間だけ”の「空気感」のなかに混ざりあってしまうのだから、表現力に対する評価に躊躇がうまれるアイドルである。
一つの語彙が頭に浮かんだら、それをどうにかして文章のなかに当て込みたいと固執してしまう滑稽さ(悪癖)と似て、彼女のようなタイプのアイドルがみせる表現を、なにものかと比較しても、「それは誤解だよ」と云われるリスクを背負うだけで、そこからさきにはどこへにも辿り着けないのかもしれない。

日常において、表現力が乏しい人間は周囲に誤解を与えやすい傾向にあるのだろうと判断するが、アイドルにおいては、表現力が豊かな人物ほど誤解されやすい。磯貝花音から「反動」を感じるのは、彼女が映しだす表現のなかに無骨さや一方通行的な悶えが内在しているからである。これが「反動」と映り、ある種の誤解を与える。沖侑果は磯貝とはライブパフォーマンスや、アイドルとしての「方向性」みたいなものは異なると想像するが、その空間でつくられる表情によって誤解や無理解に遭遇してしまう、という点は酷似している。

初対面の相手に対してのほうが、家族や旧知の友よりも、心情を吐露できるタイプの人物は多い、と思う。相手に自分を知られていない、という安堵感や、そこからあたらしい自分をつくりあげていけることへの希望や期待の存在を無意識に感じているからだろう。特に、アイドルを志す少女の多くは、辺境からの脱出を渇望しているのだと、私は想う。だから、無防備にも、勇気を出して(あるいは衝動的に)心情を吐露し、ファンと本音の杯を交わそうとするのである。その愚直さ、つまりイノセントな行為を素直に受け入れることが可能なファンはすくない。アイドルからの本音の杯という上質な時間と物語の提供をファン側が放棄してしまう理由は、アイドルがみせた心の裸に対し、表面的な情報に囲繞され大衆心理に操作されるというよりも、自己と隔たった他者から心の裸をみせられることが、その”無邪気”が、ある種の”暴力”に映るからだろう。純粋無垢な子供が投げかける質問と似た攻撃性を感じてしまうから、「否定」を選択してしまう。しかし、皮肉にも、そのような拒絶体験(無理解)が少女にアイドルという虚構へ踏み込むための、アイドルとして日常を演じるきっかけ(決心)をつくり、架空の世界への入り口と邂逅させるのである。真実を伝えるための虚構(うそ)を手に入れたとき、”はじめて”彼女はファンと物語を共有することになる。その過程で生来のユニークさが損なわれなければ、沖侑果はグループの躍進に対する明確な徴となるのではないか。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 13点

情動感染 8点

STU48 活動期間 2018年~

評価点数の見方

STU48