乃木坂46 鈴木絢音 評価

乃木坂46

鈴木絢音 (C) UTB 2017年2月号Vol.250

「限りなく透明に近いブルー」

鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。
現存するアイドルのなかで最も処女性のたかいアイドルである。「生硬」が多様性の欠如や表現の硬直を招いているものの、自身のファンに対してのみ投げかける笑顔と科白は、グループアイドルにとっての日常と非日常を逆転させており、独特な距離感を持つ架空世界の構築に成功している。『新しい世界』において、その詩的世界を通じて提示された「生まれ変わり」への要求には応えきれなかったものの、ショートヘアでも、ロングヘアでも、グループアイドルではなく、「アイドル」の古典的ジャンルらしさを見失わない稀有な登場人物であり、文学少女として、ペルソナの獲得、衆目の克服とデビューから一貫してアイドルを演じる行為に倦みを投げ付けない。

「処女性の尊重には、いくつかの意味や文脈がある。強い所有欲なり、征服欲なり、あるいは他の男への嫉妬の感情に由来する先行性の価値、自分の性的な力量についての不安などから発する、さまざまな心理的、生理的、文化的なメカニズムが働いていた。だが、その本質にあるのは、やはりその一回性であり、基本的には反復できないという性格にある。一回性が、男女の結びつきを、決定的で取り替え不可能なものに変質をさせる。聖別をするのである。一回性のゆえに、その交わりは特別なものであり、互いを交換不可能なパートナーとして認めることになる。無論、処女膜といったフェティッシュに支えられた一回性といったものは、本質的なものではあり得ない。しかし、結婚という制度が、いまだに社会的にも大きな必然性を持ち、あるいは持っていると見なされていた時に、縁無き男女を結びつけて、生涯にわたる拘束を誓い合うための、取りあえずの指標としては有効だったのである。その有効性が、結婚が自由意志に基づくことになった近代においてむしろ増したのは当然であろう。その点からすれば処女性の有効性は、結婚の必然性と補助的に成り立っていたといえるかもしれない。誰もが誰かを生涯にわたる伴侶として選ばなければならないという強迫のもとで、精神とかあるいは経済的、社会的な、理由よりも、よほど説得力のある、賭けることのできる徴だったと。」

福田和也「現代文学」

アイドル・鈴木絢音が溢す日常の立ち居振る舞いや仕草、そこに一貫して描かれる慇懃な姿勢を目の当たりにすると、青い時代の記憶がよみがえる。精神の成長速度が男子よりも早かった女子。ある日、何時ものように戯けて彼女に触れると、強い拒絶反応を示される。「勝手にわたしの引き出しを開けないで!」と。この硬さ、童心回帰、ノスタルジックの提供こそ、鈴木絢音(処女性のたかいアイドル)の得物だろうか。フラジャイルに触れてしまったファンは、彼女の有無を言わせない突然の「拒絶」を前に、思考が硬直し、その場に立ちすくむ。同時に、それが自分の過去、青い時代のなかで”遭遇した経験があって”、”でも、どこかの時点で忘れてしまっていた”冒険譚だと、逆走する静寂のなかに響く鈴の音に導かれるように、発見する。これは、グループアイドルにとってきわめて再現性の低い虚構(フィクション)=物語の共有と云えるのではないか。グループアイドルの最高到達点である乃木坂46のなかにあって、加入5年目にして初の選抜入りを果たすというストーリーも彼女のアイドルとしての存在理由をより色濃いものにした。風に吹かれながら読書をする風景を原稿用紙に描写していく、まさにその瞬間を、ファンにリアルタイムで共有させた事実は、ファンの幻想に生きるアイドルが、「妄執」の矛先に選ばれたことへの、”賭けることのできる徴”への責任を果たす、ひとつの快挙、到達点と云えるだろう。

 

総合評価  61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 5点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2013年~

 

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...

乃木坂46 ワタボコリ 評価

「僕の命をあげる」 歌詞、楽曲について、 アイドルが口ずさむ詩としては「葛藤」が ...