乃木坂46 図書室の君へ 評価

図書室の君へミュージックビデオ(C)乃木坂46

「ページめくり始めた」

「君はいろいろ悔悟の種を抱え込むことになる」ミスタ・ジョンは以前ニックに言った。
「それは人生最高の経験と言っていい。悔悟するかしないかはいつも自分で決められる。とにかく肝腎なのは、そういうものを抱え込むことだ」
「僕、悪いことなんかしたくありません」ニックはそのとき言った。
「私だって君にしてほしくはない」ミスタ・ジョンはそのとき言った。
「だが君は生きていて、いろんなことをしでかすことになるんだ。嘘をついたり、盗んだりするなよ。誰だって嘘をつかなくちゃいけない。でも、この人だけには嘘をつかないっていう人を選びたまえ」
「あなたを選びます」
「いいとも。どんなことがあっても私には嘘をつくなよ、私も君に嘘をつかないから」
「がんばります」ニックはそのとき言った。
「そういうことじゃない」ミスタ・ジョンは言った。「心からそうしなくちゃいけないんだ」
「わかりました」ニックは言った。「あなたには絶対嘘をつきません」

ヘミングウェイ「最後の原野」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

『4番目の光』につづく”4期生楽曲”。センターポジションには早くもブレイクしつつある掛橋沙耶香が立つ。
アイドルを演じること、演りきることへの覚悟の要求、ヘミングウェイの「最後の原野」的な要求をみせた”3期生楽曲”とは対照的に『4番目の光』、『図書室の君へ』はアイドルという架空の世界への招待状になっている。アイドルに興味がなかった人間たちがその物語のページをめくり没入していく…、「あたらしい存在」がきわめて明確に意識されている。作詞家から第三期生に与えられた役割と第四期生が担う役割がまったく異なることの現れでもある。
もっとも対照的に感じるのは、楽曲の演奏通過によってアイドルとしての「姿形」を獲得する第三期生に対し、第四期生にはそれが一切ない点だろうか。たとえば『三番目の風』によって大園桃子がセンターに対する業のようなものを鷲掴みにし強い主人公を描き、『トキトキメキメキ』では岩本蓮加が、『自分じゃない感じ』では佐藤楓が、それぞれアイデンティティの獲得、提示に成功しているが、第四期生においてはそのような”突出”が起きていない。この事態をどう捉えるべきだろうか。この主人公の不在を第一期生的な群像劇の成立と捉えることが可能だろうか。「3期には物語性がない」と考えるのは、裏を返せば、彼女たちは第一期生から連なる、第一期生がつくった群像劇の範囲内に収まるからである。だから「彼女には物語がない」と、嘆きが生まれる。一方、第四期生にはそのような話題が決定的に降らない。何故なら第四期生は西野七瀬(そしておそらく白石麻衣)と交錯した最後の”期”である、という事実と束縛がむしろ第一期生がつくる群像劇の外側に彼女たちを放り出すからだ。まったくあたらしい物語を書くのは、「過去」と完全に隔てられた存在ではない。「過去」の”終り”に触れた者だけが、次の、まったくあたらしい物語を描ける。第二部と名付けるには、第一部とおなじ地平に立っていなければならない。たとえば、エミール・ゾラの『居酒屋』から『ナナ』への変移(再登場)のように。そのような意味では、第四期生の第二部化への企み、狙いはうまく働いている、と云えるだろう。

 

総合評価 45点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 10点

ボーカル 7点 ライブ・映像 10点

情動感染 8点

歌唱メンバー:遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒

作詞:秋元康 作曲:杉山勝彦 編曲:若田部誠

評価点数の見方