乃木坂46 賀喜遥香 評価

乃木坂46

賀喜遥香(C)B.L.T.web

「ダモクレスの剣」

いちど愛されてしまえば、愛してしまえば、もう忘れることなどできないんだよ

夏目友人帳 / 緑川ゆき

賀喜遥香、平成13年生、乃木坂46の第四期生。
押しも押されもせぬ令和のトップアイドル。シーンにおけるあたらしい主人公であると同時に、乃木坂46のあたらしいエムブレムとして桜井玲香生田絵梨花以降の、グループの有り様=菖蒲色のスカートに対するマスターピースであり、ともすればそれは新時代の到来を呼号する”乃木坂らしさ”である。
ある天才ではない人間が、ある日突然都会のもっともまぶしい場所に立つ奇跡。つまり容赦なくさらされる凡庸さをまえに、ファンが、あるいは自分とは別の何者かを演じる少女自身が膨大な成長余白を眼前に拡げて行く戦慄こそグループアイドルひいては乃木坂46の本質であり、賀喜遥香の本領と云えるだろう。歌手、女優、もしくはバラエティタレントとしての、芸能界におけるあらゆる可能性を秘めたこの少女に向ける遠景、このアイドルがどのように成長しどのような夢をつかむのか、という賀喜への憧憬とその可能性の実現は、そのまま令和のアイドルシーンの指針と扱うことができるはずだ。
このひとはとにかくとらえがたいテンションの持ち主で、翳りを強く帯びている。と同時に、何者にでもなれる凛とした透明感がある。アニメーション映画の主人公が、教室の片隅で机に突っ伏して居眠りしているその美少女が現実の世界へとジャンプしてきたかのような強烈で甘美なビジュアルをそなえている。青い馬にまたがった少女の笑い顔をいちどでも眺めてしまえば、鑑賞者自身、青の時代へと還って行くことになる。そして”彼女”が忘れられないひとになる。
このさきあのひとのようなアイドルにまた出会えるのだろうか、という憂愁を抱えアイドルの喪失を克服できないままでいるアイドルファンにもう一度奇跡との邂逅を落とし込み、さらには、アイドルの喪失を未だ経験しないあたらしいアイドルファンのこころの内に、果たしてこのさき彼女を超えるアイドルに出会うなどということが起こりえるだろうか、という偏愛、愛の透明さとみじめさを与える登場人物としてグループの物語にスケッチされるのが「賀喜遥香」であり、平成と令和、枯渇するアイドルシーンの端境を生きたアイドルの物語として、グループアイドルの循環を断ち切る胎動として格別な香気を放っている。つまり賀喜遥香とは、まさしく、暗転しつつあるシーンにさす一筋のひかりであり、そのひかりを反射させるダモクレスの剣である。

AKB48の誕生によって芽生え乃木坂46のブレイクによって復元を達成したアイドルの純粋さ、つまり未成熟であることが代えがたい魅力であるという純粋さへの正統性をそなえ、なおかつそれすらも迎え撃つ賀喜が、グループのあたらしい主人公としての輿望を担うのも当然の成り行きと云えるだろう。彼女は、ファンのまえにはじめてその姿を現した日から今日まで、ファンに向ける顔、立ち居振る舞い、心の片隅が凍りついているような戸惑いを形づくる一連の瑞々しい仕草に一切減衰がなく、むしろそれを日常を演じることに対する段違いの度胸へと塗り替え、差し出している。そこにみる冴え冴えとしたふてぶてしさ、強さと弱さ、凛々しさと儚さは瀧野由美子を想起させ、センターポジションへの憧憬を完成させる。『I see…』の成功によってより決定的になったが、賀喜遥香はアイドルを卒業するその日まで、常に表題曲のセンター候補に名を連ねるだろうし、今後はこの「賀喜遥香」と響きあう資質を少女が抱いているかどうかがグループの群像に対する正統への貢献であり、売れるアイドルの基準になることだろう。

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 9点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 16点

乃木坂46 活動期間 2018年~

 

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...

質問への返答 4

「最近注目しているアイドルは小越春花さんです」 「質問への返答」というタイトルで ...