乃木坂46 斉藤優里 評価

乃木坂46

(C)斉藤優里写真集「7秒のしあわせ」

「うれしい! たのしい! 大好き!」

斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一期生。
彼女は、「ファンに夢を与える」、この使い古されたアイドルの命題を満たす、アイドルのジャンルらしさ、その原点に立つ人物である。デザートを嬉しそうに食べる女性と時間を共にするような、実りのある物語の提供こそ、アイドル・斉藤優里のつくり出す世界の特徴である。「彼女」の仕草をテーブルに肘をついて頬を支えながら眺める至福の時間。夏の夜に部屋着のまま、恋人と手をつないで路上を歩く幸福感。つまり、このような平易な想像力の枠組みのなかでも充分に欲情を、妄執を充たすことができるのだから、斉藤優里は吉田美和的な叙情と普遍、エネルギッシュをそなえたエンターテイメントタイプのアイドルと云えるだろう。立ち居振る舞いに怒りや悲しみを緩和させる愛嬌があり、彼女が笑えばファンも笑い、彼女が泣けば、その理由の検討はとりあえず脇に置き、無条件で
同情する。なによりも、彼女の”美”には性の感興を呼び、情動を引き起こさせるちからが宿っており、”活力”という現代アイドルに課された命題を見事にクリアするアイドルと評価できる。けれども、斉藤優里が提供する「性の感触」は、天性の素質として自然に醸し出されるものではない。アイドルとして活動をするうえで、徹底した客観性と連鎖したファンとの距離感、仲間との信頼関係から彼女が導き出したひとつの結論としてファンの目前に立ち現れる偶像なのだ。
彼女が露出し、ファンに掴ませる”日常感”は、ファンを活力で包むのと同時に、アイドルにならなかった「斉藤優里」を想わせる。多くのアイドルにとって、その日常はアイドルになったために手に入れた特別な暮らしであり、もし少女がアイドルになっていなかったら、まったく違う日常(青春)を手に入れていたはずだ、という想像がアイドルの儚さにつながっているが、斉藤優里の場合、もし彼女がアイドルに”なっていなかったら”、彼女がアイドルとしてみせる日常がそのまま”本来の日常”として訪れていたのではないか、という喪失感があるのだ。彼女はアイドルを演じる過程で、同時に本来の日常を、アナザーストーリーさえも失って行く…、この喪失体験とは、まさしく成熟に至る過程であり、そのような観点では、斉藤優里の物語には再読に値する「豊穣」の兆しがあると云える。

「斉藤は、ダンス、演技、双方とも大きく平均を下回り、歌に至っては・・・壊滅的です」

斉藤優里のアイドル寿命

現役のアイドルがプロの歌手の表現力を凌ぐのはむずかしい。現役のアイドルがプロのダンサーにテクニックで勝つのは、ほぼ不可能だろう。だが、ホームレスが路上で弾くピアノに、通行人の心が揺かされるのと同じように、斉藤優里のダンスと歌から我々は活力を得るのである。「斉藤優里」を観ていると「何でもできる強いパワーがどんどん湧いてくる」のだ。(*1)

 

総合評価 69点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 14点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間 2011年~2019年

引用:見出し (*1) DREAMS COME TRUE 「うれしい! たのしい! 大好き!」

2019/04/10 再評価 加筆しました

評価点数の見方