乃木坂46 斉藤優里 評判記

乃木坂46

斉藤優里 (C) Aプレス

「うれしい!  たのしい!  大好き!」

斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一期生。
ファンに活力を与えるのが「アイドル」である、と言う、この使い古された命題を満たす、アイドルのジャンルらしさ、その原点に立つ人物。とくに恋愛における機微の興奮の再現性に優れたアイドルであり、たとえば、デザートを嬉しそうに食べる恋人の一挙手一投足をテーブルに肘つき頬を支えながら眺める至福の時間、夏の夜に部屋着のまま恋人と手をつないで路上を歩く幸福感といった、色褪せることのない恋愛の記憶を喚起させるところにアイドル・斉藤優里のつくり出す世界観の特徴がある。
演技力、とくに舞台演技における頼りなさ物足りなさを除けば、ビジュアル、多様性、ライブ表現力、と今日のアイドルを語る上で外せないステータスのほとんどがシーンにおいてトップクラスの水準にあり、恋愛スキャンダル報道後、順位闘争における浮き沈みこそあったものの、22作中10回、シングル表題作の歌唱メンバーに選抜されており、その実力・才能の確かさを証している。

斉藤は、ダンス、演技、双方とも大きく平均を下回り、歌に至っては……壊滅的です。

斉藤優里のアイドル寿命 / 松本千晶

現役のアイドルが、歌唱表現において、プロの歌手、たとえばシンガー・ソングライターの真似事をしてその表現を磨き競うことは、ほとんど、功を奏さない。現役のアイドルがプロのダンサーにテクニックで勝つのも、ほとんど不可能と云っていいだろう。だが、路上でピアノを弾くホームレスの、その音楽に、通行人の心が揺かされるのと同じように、斉藤優里のダンスと歌にはファンの心を掴んで離さない力がある。ステージの上で歌い踊るこの人のその立ち居振る舞い、笑顔を眺めていると、まさしく、「何でもできる強いパワーがどんどん湧いてくる」。アイドルの未熟さ拙さが一つの魅力であることを、簡明に教える登場人物と云えるだろうか。*1
この人の日常には、怒りや悲しみを緩和させるような、愛嬌の落とし込みがある。彼女が笑えば、ファンも笑うし、彼女が泣けば、理由の検討などせず、とにかく、もらい泣いてしまう。なによりも、彼女の”美”には性の感興を呼び、情動を引き起こさせるちからが宿っている。鑑賞者をして、アイドルの横顔を通し、平易な想像力の枠のなかで充分にその欲情を充たすことができる、ようだ。コケティッシュであることがエネルギッシュになる、という意味で、斉藤優里はエンターテイメントの神に祝福されたアイドルに分類されるはずだ。

この、斉藤優里が提供する、性の感触、とは、アイドルを演じる上で鎖されたアイドルを演じる少女の素性の内に拾う「確信」の一つであり、つまりアイドルを演じる少女がアイドルを作り上げる過程で宿す徹底した客観性、「アイドル」は自分と決定的に離されたもう一人の自分に過ぎないのだ、という強い客観視によって生じるファンとの間合いによってむしろこぼれ落ちる、アイドルの素顔、なのかもしれない。
彼女の魅力、いわば「特筆」とは、この、アイドルがコケティッシュであることを確信するファンの想像力の中で育まれる斉藤優里の
”日常感”が、ファンをおおきな活力で包むと同時に「アイドル」にならなかった「斉藤優里」を強く想起させるところにある。
多くのアイドルにとって、アイドルとしての日常は、”アイドルに成る”という奇跡の果てに入手した、夢の暮らし、生活であり、つまり、もし少女がアイドルの扉をひらかなかったら、現在とはまったく異なる日常(青春)を手に入れていたはずだ、という想像がアイドルの儚さにつながって行く。
しかし斉藤優里という人には、もし彼女がアイドルに”成っていなかったら”、彼女がアイドルとしてみせる日常がそのまま”本来の日常”として訪れていたのではないか、奇妙な喪失感を投げる倒錯がある。彼女はアイドルを演じる過程で、同時に本来の日常を
、アナザーストーリーさえも失って行く、そんなふうに見える。喪失とは、なにかを失うこととは、成熟への兆しである。この人は「活力」を本領とするアイドルだが、成長=豊穣への高い可能性を示すアイドルとも呼べるだろう。

 

総合評価 69点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 13点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2011年~2019年

引用:見出し*1 DREAMS COME TRUE/うれしい! たのしい! 大好き!

2022/11/30  加筆しました

  関連記事

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...