乃木坂46 斉藤優里 評判記

乃木坂46

斉藤優里 (C) Aプレス

「うれしい!  たのしい!  大好き!」

斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一期生。
ファンに活力を与えるのが「アイドル」である、と言う、この使い古された命題を満たす、アイドルのジャンルらしさ、その原点に立つ人物。とくに恋愛における機微の興奮の再現性に優れたアイドルであり、たとえば、デザートを嬉しそうに食べる恋人の一挙手一投足をテーブルに肘をついて頬を支えながら眺める至福の時間、夏の夜に部屋着のまま恋人と手をつないで路上を歩く幸福感といった、色褪せることのない恋愛の記憶を喚起させるところにアイドル・斉藤優里のつくり出す世界観の特徴がある。

斉藤は、ダンス、演技、双方とも大きく平均を下回り、歌に至っては……壊滅的です。

斉藤優里のアイドル寿命

現役のアイドルがプロの歌手の表現力を凌ぐのはむずかしい。現役のアイドルがプロのダンサーにテクニックで勝つのは、ほぼ不可能だろう。だが、ホームレスが路上で弾くピアノに、通行人の心が揺かされるのと同じように、斉藤優里のダンスと歌から我々は活力を得るのである。斉藤優里を眺めていると「何でもできる強いパワーがどんどん湧いてくる」。アイドルの未熟さ幼稚さの魅力を簡明に教える人物と云えるだろうか。*1
このひとは日常の立ち居振る舞いのなかに、怒りや悲しみを緩和させるだけの愛嬌の落とし込みがある。彼女が笑えば、ファンも笑うし、彼女が泣けば、その理由の検討などせず、もらい泣く。なによりも、彼女の”美”には性の感興を呼び、情動を引き起こさせるちからが宿っている。アイドルの横顔を通し、平易な想像力の枠のなかで充分に自身の欲情を充たすことができる。コケティッシュであることがエネルギッシュになるという意味で、斉藤優里はエンターテイメントタイプのアイドルと呼べるだろう。
斉藤優里が提供する、性の感触、とは、アイドルを演じる上で鎖されたアイドルを演じる少女の素性の内に拾う「確信」の一つであり、つまりアイドルを演じる少女がアイドルを作り上げる過程で宿す徹底した客観性、「アイドル」は自分と決定的に離されたもう一人の自分に過ぎないのだ、という強い客観視によって生じるファンとの間合いによってむしろこぼれ落ちる、アイドルの素顔である。
斉藤優里の魅力、「特筆」とは、この、アイドルがコケティッシュであることを確信するファンの想像力の中で育まれる斉藤優里の
”日常感”が、ファンを活力で包むと同時に「アイドル」にならなかった「斉藤優里」を強く想起させるところにある。
多くのアイドルにとって、その日常はアイドルに成るという奇跡の果てに入手した特別な暮らしであり、もし少女がアイドルになっていなかったら、現在とはまったく異なる日常(青春)を手に入れていたはずだ、という想像がアイドルの儚さにつながっている。しかし斉藤優里には、もし彼女がアイドルに”成っていなかったら”、彼女がアイドルとしてみせる日常がそのまま”本来の日常”として訪れていたのではないか、奇妙な喪失感を投げる。彼女はアイドルを演じる過程で、同時に本来の日常を
、アナザーストーリーさえも失って行くのだ。喪失とは、成熟への兆しであるから、このひとは「活力」を本領とするアイドルだが、成長=豊穣への高い可能性をもったアイドルとも呼べるだろう。

 

総合評価 69点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 13点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2011年~2019年

引用:見出し*1 DREAMS COME TRUE/うれしい! たのしい! 大好き!

  関連記事

 

日向坂46 4期生のお披露目動画と「ブルーベリー&ラズベリー」の感想

「似ているような 全然似ていない」 日向坂46に「4期」が誕生した。数えると、1 ...

アイドルの可能性を考える 第十三回 丹生明里 編

「無垢なアイドル、という倒錯の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの ...

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...