乃木坂46 永島聖羅 評価

乃木坂46

永島聖羅 (C)seira_nagashima/instagram

「誠に良き人物」

永島聖羅、平成6年生、乃木坂46の第一期生。
乃木坂46の一員として、アンダーメンバーの一員として、その矜持を剣呑へとすり替える、ご都合的な一面を持つものの、真面目に踊っている姿が滑稽に映り笑われてしまうといったウィークポイントを、しかしアイドルのキャラクターに落とし込んでしまえる寛容さが象徴するように、日常的には人当たりの柔らかい、親しみやすい登場人物であった。むしろアイドルとして致命的だったのは、凡庸であるが故に自身が物語るアイドルを成長させることができなかった点だろうか。白石麻衣との交錯や『君の名は希望』に選抜されるなど、グループアイドルとして「境遇」に恵まれた人物と云えるが、与えられたチャンス、局面を活かすことは一度もなかった。特に、自身がアシスタントを務めるラジオ番組においては、何時まで経ってもありきたりな返答しか溢せず、”お決まりの科白”の繰り返しは安易な自己模倣と映った。永島聖羅は、立ち居振る舞いや仕草に変化を試みない、場面展開の乏しいアイドルに終始した、と評価するほかないだろう。グループアイドルとは、自身の成長をファンと共有させる、感動と活力を与えることで存在理由を満たして行く。永島聖羅は成長への期待感を抱かせる場面でチャンスを尽く掴み損ねてしまう。そして、その一部始終をファンは目撃しなくてはならなかったのだから、これは値打ちを付けるにあたり、大きなマイナス要因になる。
何度目の青空か?』発表以前の彼女は、モチベーションのたかい自信と活気にあふれたアイドルをスケッチしたが、その過信の与える自身への期待感と希望が破れた際の反動は凄まじく、同作品の「選抜」落選以降は、順位闘争を前に達観したのか、一度折れた心は二度と元に戻らなかった。
しかしアイドル人生の終盤にみせた決断力、妥協点のつくりかたと潔さは人として評価できる点であり、良き人物として、同期の仲間、後輩のアイドルの多くから慕われたようである。そのクシャッとした笑顔を目の前にすれば、彼女を憎むことなどできないだろう。

 

総合評価 54点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 9点

演劇表現 8点 バラエティ 12点

情動感染 12点

乃木坂46 活動期間 2011年~2015年

 

センターの値打ち 乃木坂46 編

はじめに 「センター」に点数を付けてみたい。また遊び心が湧いた。と同時に、『ロー ...

NGT48 Awesome 評価

「Awesome」 楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、 6枚目シングル。小 ...

瀧野由美子はやっぱりおもしろいし、かわいい

「アイドルの物語化が起きる瞬間」 ひさしぶりに瀧野由美子を見たら、なんだか妙にし ...