乃木坂46 何度目の青空か? 評価

乃木坂46, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

moe⊿さん(@ms_nk46)がシェアした投稿

「太陽は滲まないさ」


『君の名は希望』において希望との邂逅を果たした「僕」がその心地よい場所から、あるいは「君」を喪失して校庭に再び座り込んだ「僕」がその胎動から移動するための、衝動、動機を掴もうとする物語である。生駒里奈生田絵梨花星野みなみの3名が再び並ぶ光景、『君の名は希望』においての「僕」でもある生駒里奈の「何かを始めるんだ」という科白は、『何度目の青空か?』が『君の名は希望』の続編であることの暗示として機能する。

この『何度目の青空か?』の存在は作詞家・秋元康のよすがとなり、自己模倣の対象になる。『シンクロニシティ』、『帰り道は遠回りしたくなる』はこの楽曲によって達成された快挙への余韻であろう。また、『期待していない自分』など、対立命題の原案として扱われる傾向からも、作詞家の、楽曲に対する達成感、依存度のたかさが覗える。『君の名は希望』から『何度目の青空か?』というエミールゾラのルーゴン・マッカール叢書(居酒屋からナナへの転換)のような人間喜劇をその後一度も描けていない点から、この楽曲がみせた到達点が作詞家にとって、一つの奇跡であったと云えるだろう。

アイドルが作り上げる虚構とは、事実を捻じ曲げる「嘘」ではない。虚構とは、アイドルにならなかった自分の人生、アイドルになってしまったもう一人の自分の物語、現実とされる世界、現実とは別の世界、どちらか一方で見ることがなかった表情(物語)に遭遇するための装置である。『帰り道は遠回りしたくなる』の映像作品は命題そのものを「虚構」と定めているため、その深度こそ浅いものの、西野七瀬の作り出す2つの虚構として、その世界の成立を成功させている。『何度目の青空か?』については、この楽曲の映像作品の中で彼女たちがみせる姿は虚構としての成立だけではなく、群像劇としても高い水準での成功を収めている。西野七瀬、白石麻衣を筆頭に、彼女たちが、現実世界でアイドルになっていなかったら、もしバスに乗り遅れていなかったら、どのような人物像として描かれ、生活をしているのか、そのような視点の可能性を一つの虚構として提供できている。
主人公をアイドルではなく外側からの闖入者とした点も良い。平穏を脅かす、日常からの移動を余儀なくされるアイドルたちが歌詞とリンクする。アイドルの受動的な立場の比喩として、しかし、それなしでは自己を超克することができない宿命のメタファーとして、主人公の存在理由が満たされていく。そのメタファーの底には松井玲奈の存在がしっかりと意識されている点も看過できない。

演者の演技については、主人公に対する生田絵梨花の視線と行動。たった一つの場面、その瞬間に見せる仕草で、物語を転換させてしまう場面。それによって生田絵梨花の作り出すアイドル像と映像世界がリンクし、彼女の作り上げる虚構の輪郭がより明確になるだろうと予感させる場面。そのような場面において、異なる2つの笑顔(演技)を求められた彼女の、笑顔の作り方と移し方、向き合った相手のあたらしい笑顔に合わせるタイミングの素晴らしさ。なによりも、この映像作品の中の生田絵梨花を、彼女を、「アイドル・生田絵梨花」として見做してしまう誘導力、日常の配置という錯覚の提供に、彼女の演劇力のたかさ、資質が垣間見えるだろう。

 

総合評価 89点

近代アイドル史に名を残す作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 18点

ボーカル 14点 ライブ・映像 20点

情動感染 19点

 

引用:見出し 乃木坂46 何度目の青空か?

歌唱メンバー:衛藤美彩、若月佑美、堀未央奈、星野みなみ、高山一実、斎藤ちはる、松村沙友理、秋元真夏、生駒里奈、桜井玲香、深川麻衣、松井玲奈、白石麻衣、生田絵梨花、西野七瀬、橋本奈々未

作詞:秋元康 作曲: 川浦正大 編曲:百石元

 

評価点数の見方