乃木坂46 伊藤理々杏 評価

乃木坂46

伊藤理々杏(C)音楽ナタリー

「自分じゃない感じ」

「星のひかりってね、私たちに届くまで何年も何万年もかかるんだって」
「そんなに?」
「今私たちが見てるのは大昔の過去の星なんだって」
「今見えてる星が過去の星なら、鏡に映る私は0.0000000001秒過去の私?」
…鏡は過去の自分。
私、…ひかりを届ける人になりたい。

松本千晶 / 鏡の中の十三才

伊藤理々杏、平成14年生、乃木坂46の第三期生。
平成の終わりと令和の始まり、現在、彼女ほど悲痛なアイドルはほかにいないのではないか。「ひかりを届ける人になりたい」と誓った少女は、プリミティブを提示する、ファンに活力を与えるアイドルをけなげに演じつづける。しかし、不運か、当然の成り行きか、少女の放つ王道感はトレンドや趨勢といった枠組みから逸れ、シーンの表通りを闊歩するグループの中心から置き去りにされてしまった。
伊藤理々杏は、所謂、子役出身のアイドルであり、演じる行為に定跡を備えている。その定跡は日常のアクションだけではなく、映像作品や舞台での演技にもつよく反映されており、良く云えば安心感のある演者、悪く捉えれば類型的で凡庸な演者を作っている。ビジュアル、ライブ表現力、多様性に関しては文句なしの実力の持ち主で、とくに歌声にはグループのなかで独特な役割を担い得る魅力がある。岩本蓮加とならび、低音ヴォイスを駆使できる貴重なアイドルであり、表題曲の歌唱メンバーに選抜された際の、円盤に保存されるボーカル、その影響と貢献度には計り知れないものがある。
明快で、快活で、なによりもキュートなアイドル。常に手の届く距離で踊っているような、夢と現を逆転させる”劇場型”のアイドル。ファンに夢を与える、というアイドルの存在理由を明確につかむ人物。それでいて踏み込むのに躊躇する、どこか後ろめたさのようなものも持っている。これほどの俊才でも乃木坂46というアイドルグループにあっては苦戦を強いられる…、この事実は、たとえば、「公式ライバル」でもあるAKB48に所属する少女たちにとって受け入れがたい光景と映るのではないか。

伊藤理々杏は、はじめてファンのまえに姿を現したその瞬間から、すでに「アイドル」への回答を自己の内で定めていたようにみえる。おそらく、AKB48誕生以降のグループアイドル史において、シーンのもっとも豊穣な時期に収穫された果実が乃木坂46の第三期生であり、伊藤理々杏はハーベストムーンとも呼ぶべき12名の少女のなかで唯一成長の余白を埋めた、完成されたアイドルだと感じる。同時に、12名の少女がはじめて画面に映し出された日、ファンの眼前に提示した成長共有への希望や期待感、そこに漂う希求に唯一人、一度も触れていない人物でもある。
「僕の衝動」を通じて、きわめて濃密な憧憬を描かせたのが大園桃子、与田祐希、そしてセンターポジションに立った伊藤理々杏の3名だ。しかし、「僕の衝動」提供以後、アイドルとしての明暗の線はくっきりと引かれている。デビューから一貫して主役の座をライバルに譲らず、主人公感を枯らさずに屈託や屈曲を受け切る大園と与田に対し、伊藤理々杏はあいも変わらず同じ場所で踊り続けている。同じ場所で踊り続け、かつ、生来の資質を消耗し、アイドルとして減衰している、と感じる。
この「伊藤理々杏」を鑑賞する際に、過去に映し出された燦然たる輝き、その面影が支えになる、というのは当然の結実と云えるだろうか。アイドルが卒業していないのにもかかわらず、ファンはアイドルの面影を寄す処にすることになる。いつの日か、もう一度、デビュー初期、あの頃のまばゆい光が復元されるのではないか、といった観測に「伊藤理々杏」は支えられているのだ。そこに文学的な視点を割り込むのならば、それはアイドルの自我の喪失や乖離ではなく、伊藤理々杏の場合、決定的な”アイデンティティの不在”をまえに存在理由を問いかけるもだえがある、と窺えるだろうか。

「オレもチップを埋めこまれてたらしいんだ、いつかは分からないが、ホスピタルにいた間だ 偶然手に入れた記憶パーツの中にな、今のオレのオフクロと同じ顔をした女がいた バカな、それは1999型だ、まさかと思いもちろんはじめは信じない でも声や、しわの数、ホクロの位置や、網膜タンパク質濃度までもが一致した じゃあオレがオフクロと思ってた人は誰だ? オレは本当はどこで生まれたんだ? オレは誰だ? オマエはオレを知ってるんだろう この街は、オレの女は なあ教えてくれ オレは誰なんだ?」

THA BLUE HERB / 未来世紀日本

ファンがアイドルの「性格」を他者に、あるいはアイドルを演じる少女自身に説明することができないといった場面があるとすれば、それは彼ら彼女らが自分だけが発見したと妄執するアイドルの素顔をひとつも所持していないからだ。アイドルファンを自認する彼ら彼女らが、西野七瀬や平手友梨奈の「性格」をやすやすと他者に説明できるのは、”これ”がアイドルの素顔だとファンに確信させるもの、深刻で致命的な誤解をあたえるもの、つまり批評への原動力をアイドルに投げつけられた経験を持つからだ。
西野七瀬がファンや作り手の妄執をキャッチして幻想になりきるのに対し、平手友梨奈は秋元康の吐き出す詩的世界の登場人物と重なり、足元から伸びる影になる。このウソをつく行為=真実に布を被せる行為が結果的にファンをアイドルの素顔に導く。伊藤理々杏はこの他者の思惑の上を歩く行為、つまりファンを自分の素顔へと到達させるウソを作ることができない。なぜなら彼女は、アイドルというもう一人の自分を、アイドルを演じる日々のなかで作り上げたのではなく、アイドルの扉をひらく前に、少女が乃木坂46の通史の上に立つよりもっと前のグループの物語からブッキッシュに偶像を構築しているからだ。
なぜ伊藤理々杏はアイドルの扉をひらいた段階で完結した偶像を作り上げてしまったのか。おそらく、アイドルを演じる日々の先にだけ見える夢のためにアイドルに成る、ではなく、アイドルの暮らしの中に落ちているであろう夢を拾うためにアイドルに成る、といった動機がアイドルの扉をひらくまえの少女の内で発光しており、それが偶像の構築をすすめさせた所為だろう。よって、ファンは、はじめからできあがった作品、架空の世界の入り口に立った少女が放った光り、つまり過去に放出された光りをただ眺めることしか叶わない、索漠とした事態に直面することになる。アイドルを演じる少女の素顔、そんなものは、はじめからどこにも置かれていないのだから。
この素顔の不在をアイデンティティの不在と換言するのは安易な乱暴に映るかもしれない。だが、グループアイドルにとって素顔の発見が「アイドル人気」に結びつくのはあらためて説明するまでもない。西野七瀬の物語は素顔の発見に支えられている。白石麻衣の物語も素顔を、ほんとうのしあわせを探し求めるといった構図が支柱にある。しかし、あるいは、アイデンティティの探求につながる伊藤理々杏の物語は、白石麻衣の物語の結末に似ていると評価することも可能かもしれない。もちろん、そこには鋭い亀裂、白石麻衣の豊穣さには遠く及ばない隔たりもみえる。
白石麻衣の物語が豊穣を映すのは、アイドルを演じ続ける”あわただしい日々”のなかでほんとうの自分を見失い、やがてほんもののしあわせを探求するためにあたりまえになった毎日から脱却を試みるといった、現代人を写す鏡になり得る物語の結末を書いているからだ。
一方で、伊藤理々杏が描出するのは「空虚」のみである。アイドルの扉をひらいた段階ですでにもう一人の自分を完成させていた彼女の場合、アイドルを演じる過程で自我を喪失するのではなく、あらかじめ用意したアイドルの姿形を、それを演じる過程でそれが自己のアイデンティティだと錯覚してしまうような、しかもやがて、強く抱きしめていたその大切な宝物が、ほかでもない過去の自分が周到に仮装した作り物だという事実に宿命的に邂逅する「空虚」が物語の核になっている。そして、あらためて、眼前に立つこのアイドルが一体誰なのか?ファンだけでなく、きっとアイドルを演じる少女自身もこの疑問にぶつかるのである。

興味深いのは、いや、もっとも肝心なのは、この自我の不在を抱えたまま同じ場所で踊り続けている伊藤理々杏こそ、秋元康が乃木坂46の第三期生に宛てる詩情、そこで暮らす登場人物にもっとも浸透している点だ。「平行線」でむき出しになり、「毎日がBrand new day」で決定的になったが、秋元康の脳内に拡がる詩的世界においては、乃木坂46の第三期生とは、架空の世界に産み落とされたその日から今日まで、まったく同じ場所で踊り続け、自己にとってもっともかけがえのないものを宿命的に損ないつづけている。そしてそこからアイドルが脱却を試みることへの胎動を触ろうと望んでいる。このような構図にもっとも当て嵌まるピースが伊藤理々杏だ。だが伊藤理々杏は秋元康の詩情の上を歩く行為によってアイドルを作ってはいない。彼女は秋元康が詩を書くはるか以前に、秋元康が書く「僕」と響き合うアイドルを完成させている。これは愉快でスリリングな現象におもえる。伊藤理々杏は、秋元康の詩情に触れることなく、秋元康が原稿用紙に書く登場人物になりきることを成功したアイドル、たとえば、西野七瀬に限りなく近い水準で楽曲の詩的世界への浸透を達成しているのだ。または、もしかすると、ここまでに述べたフィクションのすべてが「鏡の中の十三才」を提示された瞬間からそれになりきった伊藤理々杏の夢と現を逆転させる演劇なのかもしれない。だとすれば、楽曲ではなく映像作品を材料にアイドルの性格が作られていく、作詞家・秋元康の枠組みから逸脱する、閉塞を脱却する開かれた未来の子供の誕生がシーンに頻出するひとつの兆候として「伊藤理々杏」がある、と云えるのではないか。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 13点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間 2016年~

 

STU48 門脇実優菜 評価

「技巧の極致」 門脇実優菜、平成15年生、STU48の第一期生。 デビューした段 ...

STU48 兵頭葵 評価

「青い向日葵」 兵頭葵、平成13年生、STU48の第一期生。 さっぱりした気性の ...

STU48 榊美優 評価

「CUCA」 榊美優、平成14年生、STU48の第一期生。 淡々としていて、常に ...