乃木坂46 田村真佑 評判記

乃木坂46

田村真佑(C)乃木坂46LLC

「現実の残部によって「夢」を明かす」

田村真佑、平成11年生、乃木坂46の第四期生。
ビジュアル、ライブ表現力、演技力、多様性、情動、すべて文句なし。凡庸を軽く凌ぐ才能を有している。近年登場したアイドルの中では屈指の実力を持ち、人気、知名度、共に申し分ないアイドルを作っている。
これまでに多くのステージで質の高い、晴朗な踊りを披露してきた。とくに、もう一度夢を見る、という、昨日の自分と今日の自分をつなぐことで「夢」がもう一度立ち現れることを演劇とダンスの折衷によって表現しようと試みた『人は夢を二度見る』においては、高い演技力とライブ表現力をあわせもつ田村の特性が存分に活かされたかに見える。音楽の中で、カメラではとらえきることのできない美を放っている。
20歳でデビューした田村にとって、アイドルを演じることは「青春」のノスタルジー化にほかならず、成長と同時に過去に眩しい光りが当たることの予感にひしがれているように見える彼女の横顔は、アイドルが自分となんらかわらない、一般生活者としての記憶をもつであろうことを想起させる。その「記憶」が、誰もが現実の中で忘れていた「夢」を喚起させるのだろうか。この人は言いようのない親近感を抱かせる。
興味深いのは、ビジュアル、ライブ表現力、演劇表現力、とアイドルの花形とも言うべき資質においてトップクラスの水準にありながら、そのいずれも「アイドル」の拠りどころにせず、それらを多様性つまり喜怒哀楽、とくに笑顔への集約に拘り抜くことで「アイドル」の自立を叶え、ファンを魅了する点にある。その才能、実力、普遍の魅力がデビュー時をピークとせず、日々、成長している点も目ざましい。

 

総合評価 75点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 15点 バラエティ 15点

情動感染 15点

乃木坂46 活動期間 2018年~

2021/05/09 ライブ表現 13→14  情動感染 13→14
2023/02/09  ライブ表現 14→15  情動感染 14→15