乃木坂46 田村真佑 評価

乃木坂46

田村真佑 (C) 乃木坂46

「現実の残部」

田村真佑、平成11年生、乃木坂46の第四期生。
ビジュアル、ライブ表現力、演劇表現力、多様性など、グループアイドルを構成する、すべての分野において凡庸を凌ぐ実力を持っており、近年登場したアイドルの中ではバランスに優れ、若手でありながら、実力、人気、ともに申し分ないアイドルを作っている。白石麻衣、加藤史帆の系譜に連なり、秀麗を誇りつつしかし対象との距離を一瞬で手繰り寄せてしまう、戯けた、愛嬌のある雰囲気を放つ。田村真佑の場合、美の追究に陥るような素振りもなく、淡々としていて、どこか倦怠的で、不機嫌だが、しかし可憐を投げつける身近な魅力がある。隠したものと、隠したまま忘れてしまっていたものを同時に発見する驚きと喜びをあたえるように、笑うとクールな空気感が一変し、チャーミングなアイドルが立ち現れる。とくに口許は、細部への異常な拘りに耐え得る独得なチャーミングさを湛えている。感傷的な少女特有の気まぐれ、そのなごりをつよく握りしめた人物であり、そこに触れるとアイドルの素顔、ではなく、アイドルを演じる人間の素顔に到達したような心地になる。田村真佑は、アイドルの鮮度に頼らなくとも、表題曲の歌唱メンバーに選抜されるための”水準”を早い段階でクリアする、第四期生の旗手と呼べるのではないか。胎動の観点ではやや魅力に欠けるものの、アイドルを演じる行為によってもたらされる非日常性のとりこになると同時に、自己との隔たりを設けないもうひとりの自分を作り上げた結果、それが自身の思惑を無視した評価を浴び、自身の意志とは無関係に動き出す様子を誤解や無理解と捉えてしまうといった素朴の描く動揺やあたりまえの日常に向けられる喪失、つまり除去することのできない現実の残部に対するアイドルの戸惑いを強く掲げており、豊穣への兆しをすでに目撃する。

青春の書のタイトルを『乃木坂46』と書く同期の少女たちに対し、田村真佑の場合、すでに青春の書を書き終えつつあり、『乃木坂46』は青春の続編、または外伝に位置づけられる。田村真佑のおもしろさは、この通り過ぎた日常とあたらしい日常、アイドルになる以前の自己とアイドルになったもうひとりの自分、そのどちらもおなじバランスで呼吸させ、共存関係を構築する点にある。あるいは、現実と仮想が共存する風景を、ファンの眼前に提示してしまう脇の甘さにある、と云えるだろうか。田村は、青春の犠牲によってアイドルの儚さを描く少女たちとは確実にズレた場所に立つが、しかしライバルたちとおなじ数、展開の余地をのこしているようにもみえるのだから、やはりおもしろい存在だ。

バラエティ番組に舞台役者が出演して「舞台の方は、やっぱり声がいいですね」と言われるのをたまに見かけるが、そこには大抵、「芝居がかっていますよね」という揶揄が込められている。朗々と喋ることは明らかに不自然で、空気を読むことに長けたバラエティタレントは、真っ先にその嘘臭さを感じ取るのだろう。それを突いて現代口語劇(日常の言葉、トーンでセリフを話す劇)を提唱したのが平田オリザだが、最近の若手作・演出家は、さらにその先を行く。…長らく独自の周波数でがなっていた演劇はしばらくの間、注意深く日常にチューニングを合わせていたが、いまや無音も含めて、さまざまな雑音を持ち込みつつある。それによって明らかになるのは、日常の奥に潜むむき出しの何かだ。

セリフなき演劇が演劇を変える? / 徳永京子

ドラマツルギーの視点で眺めれば、田村の日常風景はあまりにも古臭い。アイドルを作るための演技は気の遠くなるほど月並みでひどく陳腐だ。だが、映像世界で語られる田村の演技には、きわめて写実を意識した、口語への傾倒があり、「日常の奥に潜むむき出しの何か」、つまり、アイドルを演じる行為によって遠ざかった”本来”の日常を復元してしまう、それを眺めるファンにアイドルが自身とおなじ生活の匂いを持っていることへの妄執を招く力を宿している。映像の世界でのみアイドルの本音が語られるのではないか、という希求を描いているため、グループの歴史においては、あたらしい世代を象徴する、あたらしいタイプのアイドルに映る。とくに、『サムのこと』を通じて提示された、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑をはじめとする、「現代口語劇」への柔軟さ、日常再現へのアプローチには舌を巻くものがある。第四期生の放つ独自の人間喜劇、その有り様はアンソロジーにすら映る。
映像の中に、唐突に、アイドルを演じる人間の、本来の日常らしきものが提示されたときの新鮮で明徴な共感、そこに発生する希求力は凄まじいようにおもう。夢の世界に出てきた異性を、その日、一日だけ、無償に愛してしまうような、どこか理不尽で、都合の良い耽溺を自己の内奥から抉り出されるような濃やかさ、身近さが田村真佑というアイドルにはある。
彼女の作るフィクションは、日々、成熟をむかえるための移動を試み、なおかつ、成熟を獲得する過程で一体何を失うのか、問いかけも忘れず置かれており、”曝け出せばいい”と歌う『I see…』のような詩的世界よりも、『ありがちな恋愛』、『僕のこと、知ってる?』や『しあわせの保護色』といった、あたりまえの日常の喪失によってのみ成熟を獲得する、アイドルの儚い自伝的物語への浸透力がたかいようにみえる。

 

総合評価 68点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 14点 バラエティ 14点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間 2018年~

 

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...

乃木坂46 命は美しい 評価

「その手 放せば楽なのに」 歌詞について、 「ぐるぐるカーテン」から「何度目の青 ...

乃木坂46 何度目の青空か? 評価

「太陽は滲まないさ」 ミュージックビデオ、楽曲について、 掛け値なしの傑作。休業 ...