乃木坂46 梅澤美波 評価

乃木坂46

梅澤美波(C)音楽ナタリー

「真っ青な扉があるはずさ」

梅澤美波、平成11年生、乃木坂46の第三期生。
三期生の旗手。背が高く、スタイルが良い。捌けていて、頼り甲斐がある。経験にきたえられた寛容さから独特なコケットを醸し出すアイドルで、非日常的な佇まいがある。多くのアイドルファンが彼女に”会いたい”と日々渇望するのは、この非日常さに引きつけられるからだ。なによりもアプローチがうまい。夢に対する屈託や泡沫といった、現代でアイドルを演じる人間のビビッドな内面を、”会えるアイドル”特有の身近さによってファンの眼前に提出できている。
つまりは、AKB48から連なるグループアイドルの醍醐味をよく味わえる人物、と云えるだろうか。売れるアイドルを作ろうと企図するのならば、白石麻衣や西野七瀬の模倣品を作るのではなく、この梅澤美波のカタログを新米アイドルに配ったほうがよほど現実味がある。
また、梅澤美波は、次期キャプテンとの呼び声も高い人物である。
たとえば、国の指導者候補をみるとき、条件のひとつに、国よりもひとまわり小さい、都市の首長を経験しているかどうか、といった話題がある。グループアイドルの場合、同期をまとめられているか、という観点に換言できるだろうか。また、同期のエースに一目置かれる人物かどうか、この点もキャプテンとしておもしろいキャラクターを作るための重要なファクターになるのではないか、とおもう。梅澤美波は、この条件のどちらも満たしていると感じる。

しかしこれらの叙述には、写実が一切ない。リアリティがない。要は、私の陳腐な想像力に頼った偶像にすぎないのだ。正直に打ち明ければ、私は梅澤美波というアイドルの魅力の在り処がいまいちつかめない。人気があることは知っている。それもトップクラスの人気だ。だが、ブログ、インタビュー記事、ライブステージの上で見せる立ち居振る舞い、ミュージックビデオやドラマ、映画のなかで描かれた表情、差し出されたそれらの豊富な資料をどれだけ眺めても、いまひとつ魅力に乏しい。シーンにおいてトップクラスの人気を誇るが、その実態がまるでみえてこない。
梅澤美波には、”彼女”のことを推す、と誓ったファンだけに理解される特別な魅力がある、ということなのだろうか。ファンの一人ひとりと、きわめて個人的な交錯を描き、ファンが甘えられるアイドル、ということなのだろうか。仮にそうだとしても、それは裏を返せば、読書体験に遭遇できないアイドルとも呼べる。たしかに、映画のパンフレットのようなものは手元にある。しかし、文字の連なりを持つ物語が書かれた小説のようなものは差し出されていない。つまり、私の空想のなかに唯一ただしいものがあるとすれば、それは彼女を「三期の旗手」と扱う点になるはずだ。

梅澤美波を「三期の旗手」と呼ぶ理由は、人気、活躍、リーダーシップといったアイドルの充実度にあるのではない。彼女を「三期の旗手」とする理由は、グループアイドルとしての物語性の欠如にある。
乃木坂46の第三期生、シーンのもっとも豊穣な時期に収穫された12個の果実。文句なしの人気と実力を誇る、シーンの次世代を担うエリート集団。だがいまいち壺にはまらない。アイドルの日常風景に心を揺さぶられる場面がすくない。理由を探るとすれば、それは、12個の果実、そのほとんどが自身の作る「アイドル」の内に、ファンに妄執をあたえ、アイドルを演じる自己の素顔に到達させるようなストーリー=フィクションを準備できていない所為だろう。梅澤美波はこの物語性を著しく欠如した集団の、明確なしるしと云えるだろう。
グループアイドルを演じる少女が物語性を獲得するためのもっとも有効な手段に、作詞家・秋元康からのあて書きがあるのはあらためて説明するまでもない。もちろん、作詞家・秋元康からあて書きと呼べる水準の詩情をおくられるアイドル、それは、表題曲の「センター」に選ばれるような一握りの少女だけだ。近年ならば、平手友梨奈が突出した存在だろう。つまり、作詞家になんらかのフィクションを作らせる原動力を把持しない少女には、作詞家の構築した詩的世界へみずから侵入し、架空の世界の住人になりきる覚悟が求められる。この試みに成功したアイドルの代表格に西野七瀬、寺田蘭世が挙げられるだろうか。彼女たちは、作詞家が原稿用紙に書いた登場人物になりきり、登場人物の横顔をアイドルの性格へとすり替え、アイドルのアイデンティティにしてしまった。(とくべつな境遇に立つ伊藤理々杏や久保史緒里、ずば抜けた才能を持つ大園桃子などはこの話題の範疇からはみ出すものの)第三期生には、梅澤美波には、そのような楽曲への没入を、作詞家・秋元康の書く”僕”へ大胆にもなりきってみせる試みを未だ一度も目撃しない。

梅澤美波の写真は、動いているような錯覚にとらわれる。それだけ被写体として、活き活きとしているということだ。この写真集を開けば、彼女の夢が見えるだろう。

秋元康 / 梅澤美波1st写真集「夢の近く」

写真集の帯に書かれた、作詞家・秋元康の言葉が端的に証すものこそ、梅澤美波の物語性の欠如である。アイドルのプロデューサーでもある秋元康が「梅澤美波」の横顔を情報として取得したとき、おそらく、もっとも有効な材料となったのが、彼女が唯一センターを務めた『空扉』であり、その楽曲に自身が付した歌詞、あるいは、ミュージックビデオの世界観であったはずだ。”開けば”、”夢が見える”。このキーワードが『空扉』と響き合っているのは説明するまでもない。仮に、この帯に記された文字の連なりを「啓蒙」とするのならば、やはり、ここではない別の世界へとつながる真っ青な扉を開けろ、というメッセージがアイドル・梅澤美波に向けられているのではないか。
作詞家・秋元康から三期生へとおくられた楽曲を眺めると、登場人物がおなじ場所でぐるぐるとまわりつづける、といった構図を繰り返し用いていることに気づく。そこに広がる光景を、作詞家が三期生を写実した結果だとうかがうのならば、作詞家から個人的なあて書きをもらえず、デビューから一貫しておなじ場所で踊り続けているアイドルを、作詞家が眺め、そこに現れるもだえを材料に詩的世界を構築し、「三期生楽曲」として少女たちに差し出すのだから、なんとも不条理な話ではあるのだが。

 

総合評価 51点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 11点

演劇表現 12点 バラエティ 11点

情動感染 6点

乃木坂46 活動期間 2016年~

引用:見出し、秋元康 / 空扉

 

櫻坂46(欅坂46) 上村莉菜 評価

「ビジュアルに勝るものはない」 上村莉菜、平成9年生、櫻坂46(欅坂46)の第一 ...

櫻坂46(欅坂46) 齋藤冬優花 評価

「尊大で不人気を極める」 齋藤冬優花、平成10年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期 ...

櫻坂46 メンバー 一覧

「チャプター2」 圧倒的な主人公が「教室」から飛び出し、きらびやかに輝いた青春に ...