乃木坂46 星野みなみ 評判記

乃木坂46

星野みなみ 写真集 いたずら (C) 藤本 和典/白夜書房

「魔法使いは真実のスター」

星野みなみ、平成10年生、乃木坂46の第一期生。
現代のアイドルシーンの渦中に置かれる陳腐な”ジャンルらしさ”、そんなものに一切縛られず、古典的で、正統であるべきアイドルの概念を象徴する、ユニークなひと、である。
捉えようのないテンションの持ち主で、ドラマやミュージックビデオなど、日常から遠く離れた出来事としての演技を要求される場面であっても、ほとんど、日常の仕草を自壊しない。とくに、映像作品のなかで描かれる、けなげで、静かな可憐とコケットに満ちたそのダンスは、アイドルの踊りとして、ひとつの境地、完成形と云えるだろう。ライブステージの上においてもその踊り、存在感は変わらない。幻想の世界に暮らす登場人物がこちらの世界に舞い降りてきたかのような、飛び切りの感動を彼女はあたえてくれる。
まさしく、ステージの上に舞い降りた妖精、であり、それを眺めるファンの抑えきれない感慨なのか、「可愛いの天才」と名づけられ親しまれている様子にはおもわず微笑したが、近年、アイドルを売り出すために用意される、現実を無視した誇張称号、が散見するなか、これは異議のない称号におもう。
アイドル・星野みなみのそなえもつ資質・特質のひとつとして、声質、を挙げるべきだろうか。その天から授けられた声で、パン、と一言、発声するだけでファンはこれ以上ない、大きな幸福感に包まれるのだから、これはもう魔法と表現するほかない。言葉では説明できない力をもつアイドル、なのだから、やはりこのひとは「天才」なのかもしれない。アイドルに多様性が求められた結果、スターの不在が恒常化したアイドルシーンにおいて、星野みなみは「アイドル・スター」と真に呼べる稀有な存在である。

アイドルとしての物語性もきわめて豊穣・濃密であり、グループの多くのファンを虜にしている。
黎明期にあるグループにおいて、生田絵梨花生駒里奈と共に乃木坂の「顔」として並び立ち、未だAKB48がアイドルの主流であることの気運に満ちたシーンに風穴を開け新しい時代の幕開けを告げた『制服のマネキン』と『君の名は希望』において、その瑞々しい群像劇の土台となった功績を看過することはむずかしい。
理想への献身とも言うべき絆に結ばれたこの3名の少女に共通するのは、抑制された、孤立感である。文芸とはなによりもまず孤独に陥らなければいけない。他者との隔たりがグループアイドルに豊穣な物語を描かせる……、生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみの3名は、この要件を”充たすことになった”アイドル、と呼べるだろうか。
星野みなみの場合、伊藤万理華との交流のなかで育んだ勇気を、秋元真夏松村沙友理北野日奈子の救済へと、幅広い視野のもとに発揮し、人間喜劇と呼ぶに値するエピソードに事欠かない。
自我を獲得する前段階の少女とアイドルを襲う、お決まりの憂鬱、いわば反抗期、「わたしには武器がないんです」と大人になった自分を咎める、という大人になりきれていない少女特有の悩みを乗り越える姿もしっかりと、惜しみなく、ファンの眼前で物語っている。
そうしたアイドルの風姿を、自己超克、と呼ぶに値する理由は、お決まりの憂鬱と葛藤を経たあとに、星野みなみ自身、何も変わらなかった点にある。決して成長をしなかったわけではない、成長を遂げたうえで変わらなかったのだ。これは星野みなみが他のアイドルを凌駕するひとつの証になるだろう。
彼女と同等の快挙を成し遂げたアイドルを私はほかに知らない。田野優花、朝長美桜も、北川綾巴も、自我を獲得していく過程で、成長と引き換えに、だいじなもの、を喪失してしまったし、あの生田絵梨花でさえも、生来の輝きを損なうことなく成長する、という物語は叶わなかったのだ。
変わることよりも、変わらないことのほうが遥かにむずかしい。パーティ・ゲームで負けてしまった星野みなみ、彼女が涙をながす瞬間には、ファンも、もちろん、もらい泣く。そのような光景を可能とするのは、星野が、デビューから一貫して、あるがままにアイドルを演りきっているからである。これだけキャリアを積んでいるアイドルであるのにもかかわらず、一連の愛くるしい仕草が、立ち居振る舞いがまったく変わっていないのだ。これも彼女の唱える魔法のひとつなのかもしれない。

むしろ、変化をもとめられ、岐路に立たされているのは星野みなみではなくファンの側かもしれない。
”すくすく”と成長し輝く星野みなみ。彼女が提供する「アイドル・星野みなみ」という偶像に向ける情動のあり方を、そろそろ変えなくてはいけないような、差し迫ったリアリティーのある問題が、今、我々の目前に置かれているのではないか。

あんなに健康的なものを、よくこれだけ卑猥な目で見られますね。心の中で小さく嘲ってみたら、興奮した。あれだけ健康的にすくすくと輝いているものをここまで貶めてしまえるのはすごい。多分これを作ったにな川は、オリチャンを貶めているなんてさらさら思っていないと思うけれど。

綿矢りさ / 蹴りたい背中

 

総合評価 82点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 17点

演劇表現 14点 バラエティ 18点

情動感染 17点

乃木坂46 活動期間 2011年~2022年

2020/03/06  再評価、加筆しました ライブ表現 15→16
2021/05/02  ライブ表現 16→17

  関連記事

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...