乃木坂46 星野みなみ 評価

乃木坂46

 

「魔法使いは真実のスター」

星野みなみは、アイドルのなかにある一つのジャンルに限らず、古典的な、正統的なアイドルの象徴である。「可愛いの天才」と呼ばれているのには思わず微笑したが、近年、アイドルを売り出すために誇張した称号の喧伝が散見するなか、これは異議のない称号である。

星野みなみのもつ「資質」のひとつは「声」である。声質については齊藤京子の項でも述べたが、その天から授けられた声で「パン」と発声するだけでファンは幸福感に包まれるのだから、これはもう「魔法」としかいいようがない。アイドルに多様性が求められた結果、スターが不在になった現代のアイドル界において星野みなみはアイドル・スターと呼べる貴重な存在かもしれない。

デビューからこれまでに残してきた物語も豊穣である。
生田絵梨花、生駒里奈と共に黎明期の乃木坂46において、グループの「顔」として機能し、グループを牽引した功績は今更説明する必要もないだろう。
星野みなみは、自我を獲得する前段階のアイドルを襲う「お決まりの憂鬱」も経験している。「わたしには武器がないんです」と大人になった自分を咎める、という大人になりきれていない少女の悩みも超克してみせたのである。その達成がなによりも評価に値する理由は、葛藤を経たあとに星野自身、何も変わらなかったことである。決して成長しなかった訳ではない、成長したうえで変わらなかったのだ。これは星野みなみが他のアイドルを凌駕している、ひとつの証にもなる。何故なら、筆者は、それと同等の快挙を成し遂げたアイドルを他に知らない。朝長美桜も、北川綾巴もこの自我を獲得していく過程で「だいじなもの」を喪失してきたし、生田絵梨花でさえも、それを損なうことなく成長する、ということは叶わなかったのだ。パーティ・ゲームで負けてしまった星野みなみが涙を流す瞬間にはファンも、勿論、もらい泣くのである。これだけキャリアを積んでいるアイドルであるのにもかかわらず一連の愛くるしい仕草が、立ち居振る舞いが、まったく変わっていないのだ。

むしろ、変化をもとめられ、岐路に立たされているのは、星野みなみではなくファンの側かもしれない。すくすくと成長をした星野みなみが提供する「アイドル・星野みなみ」という偶像に対する情動の向け方を、あり方を、そろそろ変えなくてはいけないような、差し迫ったリアリティーのある問題が我々の目前にあるのだ。

あんなに健康的なものを、よくこれだけ卑猥な目で見られますね。心の中で小さく嘲ってみたら、興奮した。あれだけ健康的にすくすくと輝いているものをここまで貶めてしまえるのはすごい。多分これを作ったにな川は、オリチャンを貶めているなんてさらさら思っていないと思うけれど。

(綿矢りさ「蹴りたい背中」)

 

総合評価 84点

近代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 16点

演劇表現 14点 バラエティ 18点

情動感染 19点

 

・乃木坂46 活動期間 2011年~

評価点数の見方