乃木坂46 伊藤万理華 評判記

乃木坂46

伊藤万理華(C)音楽ナタリー

「これは何かのはじまりに過ぎない」

きらめく光とおびただしい群衆に満ちた、この広大な谷間がわたしを眩惑する。だれひとりとして、わたしを知っているものはなく、みんながわたしよりすぐれている。わたしの頭はかき乱される。

スタンダール / 赤と黒『弁護士レイナの詩』

伊藤万理華、平成8年生、乃木坂46の第一期生。
純文学つまり芸術性を宿したアイドルと捉えるべき稀有な登場人物であり、グループアイドルのことをアーティストと形容する際にわずかな躊躇を生む今日のアイドルシーンにあって、正真正銘のアーティスト、として、今なお、その存在感をして、後続のアイドルに対し計り知れない影響力を把持する。
映像をアイドルを演じることの軸にし、その
虚構あるいは仮構の中でみぎへひだりへと動きまわることで自己を表現し可能性を拓いてきたこのひとのアイドルの有り様をして、たとえば、サブカルチャーに焦がれたアイドル、という評価を受けることが多いようだが、それは大きな間違いだろう。このひとは紛れもなく、アイドル、であり、そのアイドルとしてのあり方に、”類書”を抜く存在感、があるにすぎない。たとえばその存在感は、オーヴァーグラウンドを揶揄して嘲笑うアマチュアの自我を損壊させるような、本物の、いつかかならず途切れ消滅してしまう予感にきしむ、アンダーグラウンド、と見做すべきだろう。

伊藤万理華の編み上げる「映像」は、まるで安岡章太郎の文章、たとえば『海邊の光景』を追うような、私小説的な疲弊感を観る者に与える。ありきたりで、多少の想像力すら要求されない、通俗的な映像作品に溢れるアイドルシーンのなかにあって、その虚構はファンの想像力の外側に回り込もうとしてくる。
伊藤万理華×柳沢翔『ナイフ』において、仮装と錯誤という凝った仕掛け、フィクションを前に自我の仮死で応えるという、映像作品に対する高いポテンシャルを示し、『はじまりか』においては、叙情を抑制しリズミカルに流れる映像と科白、叙述の完成度をもって、アイドルが個性として標榜するもの、それが如何に他者の働きかけに左右されたものでしかないのか、シーンの不条理をあばきたて、現代アイドルの風姿をありのままにさらけ出し、『ナイフ』からはじまった”アイドルと演技”への可能性に向ける期待感を見事に結実させた。
たしかな才能とエネルギーが漲る乃木坂46。正統的なアイドル、古典的なアイドルの集合。たしかに、アイドル史に名を刻むであろうキラキラとひかる少女たちに囲繞され、彼女の頭はかき乱されたかもしれない。
しかし伊藤万理華の凄みとは、グループアイドルの枠組みにあって、そこに拘泥することなく、当たり前に生きること、笑うこと、哭くこと、葛藤と苦闘がもたらす絶望の明晰を受け入れ、理解し、それを映像世界において表現してしまえるセンスにあった。その横顔が描き出される過程、あるいは結末を「エトランゼ(異邦人)」と名付けられたのはややアイロニックなイメージに堕すが、彼女のセンスは仲間の苦悩を揺れ動かす救済力すら発揮したのだから、絆に憑かれた群雄のなか、独り、異なる閾に達し、アイドルを演じていたのは事実だろう。

「……母親の葬儀で涙を流さない人間は、すべてこの社会で死刑を宣告されるおそれがある、という意味は、お芝居をしないと、彼が暮す社会では、異邦人として扱われるよりほかならないということである。ムルソーはなぜ演技をしなかったか、それは彼が嘘をつくことを拒否したからだ。嘘をつくという意味は、無いことをいうだけでなく、あること以上のことをいったり、感じること以上のことをいったりすることだ。しかし、生活を混乱させないために、われわれは毎日、嘘をつく。ムルソーは外見から見たところとちがって、生活を単純化させようとはしない。彼は絶対と真理に対する情熱に燃え、影を残さぬ太陽を愛する人間である。彼が問題とする真理は、存在することと、感じることとの真理である。それはまだ否定的であるが、これなくしては、自己も世界も、征服することはできないだろう……」

白井浩司(カミュ / 異邦人)

伊藤万理華が乃木坂46のなかにあって「異邦人」として映った理由は、母の死の翌日に恋人と海水浴をしたり、映画をみて笑いころげ、人を殺害し、その動機について「太陽のせい」と答えるようなムルソー的な”センス”の持ち主であったからなのだろうか。「きょう、ママンが死んだ」というような科白が彼女の内から発生するとはおもえないが、たしかに、アイドルを演じるという行為を前にして、彼女には独特な仮装仕掛けがあり、現実と仮想ではなく、まず虚構と仮構の行き交いを試みるようなフェーズを意図的に配置していたようにみえる*1
一般的なアイドルが虚構の内側に踏み込むための一歩と、伊藤万理華のそれは情況が異なっている。
よりほぐして云えば、仮想空間において作り上げたアイドルを、そのまま現実の世界に移動させ物語化することを、伊藤万理華は不成立に終えている。このひとは、虚構=フィクションではなく、現実と仮想のあいだ、いわば仮構の内にアイドルを置き、呼吸する。◯と◯を半分まで重ね、そこに出来上がるもうひとつの空間、完全な現実でもなく、完璧な仮想でもない世界に暮らすアイドル、とでも表現すべきか。仮死はするけれど、”実際には”絶対に死なない登場人物、とでも呼ぶべきか。
伊藤万理華が演じるアイドルは、嘘で死ぬことがない。
たとえば、松村沙友理のように虚構の中に立て籠もったまま死ぬ、といった危うい事態への予感を招かない。乱暴に云えば、伊藤万理華は、アイドルを演じる行為に切迫していない、ということだ。彼女はウソをつく行為を果たすための、乗りこえなければならない壁を最後まで乗りこえることができなかった。グループアイドルに染まるための”お芝居”がどうしてもできなかった、ようだ。
伊藤万理華が乃木坂46のなかで独特なセンスの持ち主=異邦人と映った真の理由は、彼女だけ日常におけるアイドルの演じ分けを意識的に看過していたから、ではないか。彼女が意識的に演技をしフィクションを作り物語るのは映像世界の中、仮構の内側のみであり、日常生活の流れの上においては、ウソをつく行為、”無いこと”を云ったり、”あること以上のこと”を表現したり、”感じること以上のこと”をファンに訴えるのを頑なに拒んでいる。こうした愚直さのなかに、アイドルの有り様に、ムルソー的な、”絶対と真理に対する情熱に燃え、影を残さぬ太陽を愛する人間”、を感じ取ってしまうのかもしれない。

だが、伊藤万理華の卒業作品にもなった『はじまりか』において、映像の内で叙述・述懐される彼女の言葉、彼女の踊り、彼女の歌、そのアイドルの横顔のすべてから、これまでの映像作品の内で演じ作られてきたウソ、配置された仮装仕掛けの一切が排除され、あられもない、裸のアイドルが差し出された点は看過できない。
おそらくは、それが彼女の演じる「アイドル」がたどり着いた境地であり、ともすれば、それは平成のグループアイドルのカリカチュアにすら映る。
異邦人と形容され、既存のアイドルとはまったく異なるアイデア、ファッション・センスをもって映像世界によった独自のアイドルを作り上げてきた自分も、所詮は、グループアイドルという枠組み、丸い円のなかで揺いていたに過ぎない、という確信のなかで、その円形の内に発生した物語をはじめから最後まで、アイドルと映像作家が歩調を共にしながらありのままに叙述するという、ある種の平易さに達した。そうした思惟、行動力によって演じられた『はじまりか』には、今日のグループアイドルが経験するであろう感情、日常の機微のすべてが印されており、まさしくアイドルシーンの映し鏡、つまり純文学と呼べる。
今日、異端と持て栄される欅坂46のコンセプトに伊藤万理華の物語が再利用されているのは云うまでもない。平手友梨奈のプロトタイプこそ「伊藤万理華」であり、欅坂46の作り出す楽曲、その映像世界の設定は伊藤万理華の手によって黒板にチョークで何度も殴り書きされた構図であり、アイドルの閾である。
なによりも、驚嘆すべきは、『トイ』におけるフィクティブな企みが顕著だが、伊藤万理華は、奇跡との遭遇によって自身の可能性の空白がアイドルという希望の虚構に埋め尽くされることを許可しておらず、彼女の懐から落とされた物語のすべては序章でしかなかった、”アイドル”は何かのはじまりに過ぎなかった、という事実の提示がなされている点にある。

 

総合評価 83点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 17点

演劇表現 18点 バラエティ 15点

情動感染 17点

乃木坂46 活動期間 2011年~2017年

引用:*1カミュ/異邦人/窪田啓作 訳

  関連記事

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...