乃木坂46 伊藤万理華 評価

乃木坂46

 

View this post on Instagram

 

伊藤万理華さん(@marikaito_official)がシェアした投稿

 

 「これは何かのはじまりに過ぎない」

伊藤万理華というアイドルの存在は、そのまま現代アイドル史にとっての「純文学」とできる。サブカルチャーではなく、純文学である。私のなかでそれを決定付けたのは、やはり映像世界(虚構)の中でみぎへひだりへと動きまわる彼女の姿形(哲学)だろう。
伊藤万理華×柳沢翔『ナイフ』では仮装と錯誤という凝った仕掛けを前に、映像作品に対する高いポテンシャルを示し、『はじまりか』においての叙情を抑制しリズミカルに流れるその映像と科白は、アイドルが個性として標榜するものが如何に他者に影響され左右されたものでしかないのか、その不条理を再認識させ、現代アイドルの風姿をありのままに叙述し、『ナイフ』からはじまった才能への期待感を見事に結実させた。彼女の映像作品は、まるで優れた私小説作家の作品を読むような読後感を観る者に与えるのだ。ありきたりで多少の想像力すら要求されない通俗的なアイドルの映像作品が溢れるなか、伊藤万理華の創り出す虚構は、ファンの想像力の外側に回り込もうとしてくる。

きらめく光とおびただしい群衆に満ちた、この広大な谷間がわたしを眩惑する。
だれひとりとして、わたしを知っているものはなく、みんながわたしよりすぐれている。わたしの頭はかき乱される。

(スタンダール「赤と黒『弁護士レイナの詩』」)

伊藤万理華の表現する「伊藤万理華」と、伊藤万理華自身が表現したいと想う「伊藤万理華」の方向性が、何故これほどまでに適合しているのか、ピタリと嵌っていると観ている者に確信させ、歓心を勝ちとるのか。それは、やはり伊藤万理華の強烈な客観性によるものだろう。何が、どれが、自分の進むべき道であるのか、自分の姿形が当てはまる窪みはどこにあるのか、深く洞察し理解をしている。これが所謂「センス」と表現される言葉の持つ意味である。輝きとエネルギーが漲るグループ。アイドル史に名を刻むような同期のアイドルたちに囲まれて、少女の頭はかき乱されたかもしれないが、伊藤万理華はアイドルという枠組みに拘泥することなく、生きること、笑うこと、哭くこと、葛藤と苦闘がもたらす渇望と絶望を表現できるセンスの持ち主であった。そして、その才能と経験は、仲間の苦悩を揺れ動かし、救済する力も発揮した。

 

総合評価 80点

現代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 19点

演劇表現 20点 バラエティ 9点

情動感染 15点

 

・乃木坂46 活動期間 2011年~2017年
引用:見出し:村上春樹(1Q84)

評価点数の見方