乃木坂46 いつかできるから今日できる 評価

乃木坂46, 楽曲

(C) いつかできるから今日できる ジャケット写真

「いつかできるから今日できる」

歌詞、楽曲について、

映画『あさひなぐ』の主題歌。
映画の主題歌とあって、当然、作り込まれている。力作だ。西野七瀬と齋藤飛鳥のダブルセンター、この実現により、冠絶したライブ表現力を誇る2人の主人公が並ぶ姿を一度は見ておきたい、グループの歴史に記述しておきたい、といったファンと作り手双方の輿望を担う作品になった、と云える。
活力と自己啓発に傾倒した詩は、エンターテインメントの地平におけるグループの特色をうまく活写している。楽曲を演じるアイドル自身にも課題が用意されており、アイドルとの成長共有の観点に立っても文句なしの楽曲にみえる。ただ、あまりにも前のめりで、説明的で、どこか人工的にも映る。端的に云えば、現代人の屈折に通底していないようにおもえる。

ミュージックビデオ、ライブパフォーマンスについて、

ミュージックビデオに関しては、映画『あさひなぐ』のシーンが継ぎ接ぎされ、それが作品中に脈絡なく唐突に映し出されるという、なんとも矜持の欠けた、両足で立たない、商品として流通すべきではない作品を提出している。映画のシーンを継ぎ接ぎした結果、フィクションの内に生じた隙間を、代わり映えのしないアイドルのアップの多用とダンスシーンで埋める…、作り手から深刻なアイデア不足を投げつけられ、げんなりする。演者についても、表情に抑揚があるのは西野七瀬だけ。
ミュージックビデオのみを評価するならば、グループの表題曲において最も低い点数を付けるべきだが、これまでに披露され、保存されたライブパフォーマンスには、グループがひとつの成熟を迎えた兆しを目撃できるため、総合的な評価に躊躇がうまれる。とくに、西野七瀬のライブパフォーマンスには目をみはるものがある。ビジュアルの輝きは説明するまでもなく、特筆すべきは、アイドルの像そのものが、強さと儚さを共存する姿形からメランコリーへと切り替わる瞬間を、「違う自分に なろうと」する瞬間を保存している点だ。アイドルの身体の動きから心の揺きをよむことが可能であり、アイドルの踊りを眺めることでアイドルの物語を辿れるという鑑賞では得られない感興の在り処を指し示している。西野七瀬というアイドルがなぜここまでの人気を博したのか、その一端に触れる。現代でアイドルを志す少女にとって「いつかできるから今日できる」は、これ以上にない教材と云えるのではないか。(*1)

 

総合評価 62点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 13点

ボーカル 8点 ライブ・映像 13点

情動感染 13点

引用:(*1) 秋元康 / いつかできるから今日できる

歌唱メンバー:西野七瀬、齋藤飛鳥、白石麻衣、新内眞衣、斉藤優里、星野みなみ、生駒里奈、秋元真夏、北野日奈子、中田花奈、高山一実、若月佑美、井上小百合、松村沙友理、生田絵梨花、伊藤万理華、桜井玲香、衛藤美彩、堀未央奈

作詞:秋元康 作曲:Akira Sunset、京田誠一 編曲:京田誠一、Akira Sunset

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...