乃木坂46 伊藤純奈 評価

乃木坂46

 

View this post on Instagram

 

koujiro46⊿さん(@koujiro46)がシェアした投稿

「モーメント」


モーメントなアイドルである。姿形に根付く雄々しさによって、生来の弱さや傷つきやすさが見落とされてしまう傾向があるが、アイドルとして経験を積み、立ち居振る舞いや仕草に刹那的な憂いや儚さが表出するようになり、独特な「美」を提供できる人物へと成長した。

伊藤純奈はメジャーなアイドルが立ち並ぶ乃木坂46において、唯一「アンダーグラウンド」を感じることのできる存在でもある。現役アイドルのなかでならば、SKE48の都築里佳と同タイプのアイドルと云える。つまり、”可憐”の欠如が現代アイドルとしての明暗を分けた理由なのだが、アイドルの歴史を遡り、宝塚少女歌劇まで時代を戻すのならば、彼女たちのレーゾン・デートルは満たされたはずだ。もちろん、このような評価に救いなどは生まれないが、アイドル=グループアイドルという固定概念が崩壊しつつある現在のアイドルシーンにあって、生駒里奈の卒業後、その中心軸から放たれた乃木坂46のアイドルたちのなかで、目まぐるしく変わる環境に振り廻されずに、最初に個として屹立するのは大園桃子と伊藤純奈ではないか、という予想の根拠、裏付けにはなるだろう。この2名のアイドルに共通するのは”アイドル女優”としての可能性である。

乃木坂46の第二期生のなかで”主人公感”を持つのは伊藤純奈のみである。それは、先天的な資質ではなく、やはり舞台の上で培ったイメージに因るものだろう。だが、彼女の日常の立ち居振る舞いを眺めると、彼女はグループの群像劇の深度を増すために役割をあてられたターミナルキャラクター(端的登場人物)なのではないか、と思えてしまう。彼女は常に”だれか”に依存している。それは、彼女にとっても、相手にとっても、トランキライザー(精神安定剤)として機能しているようだ。これを、STU48の佐野遥の項で述べた、「ひとりではなく、ふたり」というアイドルのコンテンツとして眺めれば良いのかもしれないが、伊藤純奈の持つ”主人公感”によって、一種の倒錯として映ってしまうのだ。この倒錯が、彼女の”誤解されやすい表情”につながるのではないか。

演劇力については、アイドルとして、トップクラスの表現力を誇るものの、アイデンティティの確立を舞台という仮構の中で成立させてしまった弊害なのだろうか、彼女はこちら側の世界には実在しない架空の登場人物との会話に慣れすぎてしまったようだ。舞台上で呼吸をする伊藤純奈には、他者と交錯する際の彼女には、”戸惑い”が内在していないのである。日常で自分の表情や言葉が思ったとおりに伝わらなかったときの戸惑いを、彼女は舞台上で再現できていない。上記で述べた、”誤解されやすい”人物として、その個人的な体験が活かされていない。彼女のみならず、人は、他者との交流において、想像の範疇外から飛んでくる言葉に常に戸惑うものである。また、それが飛んでくるかもしれないという不安、緊張感の要求にも、戸惑うのである。しかし、伊藤純奈が演じ、作り上げる人物は、他者との会話で一切戸惑いを表さないのである。彼女の演じる「役」は、自信に満ち溢れていて、予め決められた場所にしか移動をしないし、予め決められた場面でしか叫ばない人物に映ってしまう。糸が切れたマリオネットのような、意思を勝ち獲り、縦横無尽に舞台上を駆け回る姿を想像できない。舞台という仮構を作り上げた人間の想像力の内側でしか呼吸をできない人物に観えるのだ。この点から、伊藤純奈は、元AKB48の秋元才加のような日常の不在を感じさせるタイプの役者と云える。傷を表現することは容易いが、擦過を表現することはむずかしい。日常を自壊させることこそが、演技であるという錯覚を捨て、自身の日常を切り取り、舞台上に投げ捨てる。そのような行為が、演技が、命題として、今後の彼女の前に立ちはだかるのではないか、とおもう。

集合的な無意識として批判の的にされることもあるが、俯瞰的なリベラリズムこそ、乃木坂46・第二期生が作る空間の醍醐味である。ノスタルジックとまではいかないが、若者の未成熟な群像劇とよべる物語を描くのが乃木坂46・第二期生である。その群像劇の幕が下り、ほとんどの観客が帰路につくなか、余韻に浸るように客席に座り込んだままのファンに対し、舞台上でみせた演技や拘りを、舞台を降りたあとでも、アイドルとして過ごす日常でも、再現してみせることができるのならば、伊藤純奈は、グループにとって、まったくあたらしい物語を提供できる人物になり得るはずだ。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 15点

演劇表現 16点 バラエティ 8点

情動感染 9点

乃木坂46 活動期間 2013年~

評価点数の見方