乃木坂46 伊藤純奈 評価

乃木坂46

伊藤純奈 (C) 乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE

「モーメント」

伊藤純奈、平成10年生、乃木坂46の第二期生。
モーメントなアイドル。その姿形に根付く雄々しさ荒々しさの働きかけなのか、生来の弱さや傷つきやすさを見落とされがちだが、複数の「演劇」通過によって日常の立ち居振る舞いや仕草に刹那的な憂いや儚さが表出するようになり、独特で深みのある高貴な美を提示するアイドルへと成長した。

メジャーなアイドルが立ち並ぶ乃木坂46において伊藤純奈は「アンダーグラウンド」を感じることのできる貴重な存在である。現代アイドルのなかでならば、元AKB48の秋元才加と同タイプのイメージを持つアイドルと云えるだろうか。つまり”可憐”の欠如がアイドルとしての明暗を分けた理由なのだが、アイドルの歴史を遡り、宝塚少女歌劇まで時代を戻すのならば、彼女たちのレーゾン・デートルは満たされるはずだ。まず舞台=演劇があって、そのなかでアイドルが形づくられる、という古典が彼女たちには備わっている。もちろん、宝塚的などという古典への憧憬と評価は、今日のアイドルシーンにおいてはなんら価値を持たないのだろうけれど。しかし、アイドル=グループアイドルという固定概念の衰退を予感しつつある現在のシーンにあって、生駒里奈の卒業後、その中心軸から放たれた乃木坂46のアイドルたちのなかで、目まぐるしく変わる環境の変化に振り廻されずに、最初に「個」として屹立するのは大園桃子とこの伊藤純奈になるのではないか、という予想の根拠、裏付けにはなるだろう。

乃木坂46の第二期生のなかでつよい主人公感を持つのは伊藤純奈のみである。それは先天的な資質ではなく、やはり舞台の上で培ったイメージに因るものだろう。演技の上手い下手によって醸し出される雰囲気というよりも、演じることを生きがいにする人間特有の迫力のようなものがたしかにある。ただ、それがグループアイドルとしての立ち居振る舞いにあらわれているのかといえば、そうでもないようで、アイドルとして、ライブステージの上で際立つもの、目を引くもの、強いものが一切なく、イメージが定まらない。たしかに踊りは上手いが、上手いだけ、といった感想から抜け出ない。彼女のアイドルの描き方を眺めていると、それはグループの群像劇の深度を増すために役割をあてられた登場人物というよりも、ただの端役、つまりターミナルキャラクターに過ぎないのではないか、と考えてしまう頼りなさがある。彼女は常に仲間の”だれか”に依存しており、そこに伊藤の持つ主人公感がかさなると、倒錯が浮かび上がる。あるいは、この倒錯が、伊藤純奈というアイドルの”誤解されやすさ”につながっているのかもしれない。

肝心の演技力については、評判通り、並ではないものがある。やはり迫力があるし、勘もいい。グループアイドルとしてトップクラスの演劇表現力を誇る、といった同業者評にも肯ける。それでもあえて彼女の演技の瑕疵を突くのならば、それは、日常の不在、と云えるだろうか。
役者である前にアイドルである、という前提のもとに(前提を崩せずに)舞台に立つ所為だろうか、つまり、アイドルのアイデンティティを舞台という仮構の中で成立させてしまった弊害なのだろう、彼女は架空の登場人物との会話に慣れすぎてしまったようだ。舞台上で呼吸をする伊藤純奈は、他者と交錯する際の彼女は”戸惑い”を内在しない。日常で自分の表情や言葉が思ったとおりに伝わらなかったときの戸惑いを、彼女は舞台上で再現できていない。”誤解されやすい”人物として、その個人的な体験がどこにも活かされていない。人は、他者との交流において、想像の範疇外から飛んでくる言葉に常に戸惑うものである。また、それが飛んでくるかもしれないという不安、緊張感の要求にも、我々は戸惑う。しかし伊藤純奈が演じ、作り上げる人物は、他者との会話で戸惑いを一切表明しない。彼女の演じる「役」は、自信に満ち溢れていて、予め決められた場所にしか移動をしないし、予め決められた場面でしか叫ばない人物に映る。糸が切れたマリオネットのような、意思を勝ち獲り、縦横無尽に舞台上を駆け回る風姿を想像できないため、舞台という仮構を作り上げた人間の想像力の内側でしか呼吸をできない人物にみえるのだ。
こうした観点においても伊藤純奈は秋元才加とつよく響き合っており、日常の不在を強く感じさせるタイプの舞台役者に映る。彼女たちの立ち居振る舞いは、たとえば、「三条会」の、関美能留の、舞台装置の上で三島由紀夫や安部公房の文体を砕いてしまうイノセンス、言語=日常への美意識の欠如とかさなる。傷を表現することは容易いが、擦過を表現することはむずかしい。日常を自壊させることこそが演技の本質である、という錯覚を捨て、自身の日常を切り取り、舞台上に投げ捨てる。そのような行為=演技が、命題として、今後、彼女の前に立ちはだかるのではないか、と予想する。

アイドルの物語へと話題を戻すならば、グループアイドルを演じることに対する無意識の集合として批判の的にされることもあるが、俯瞰的なリベラリズムこそ、乃木坂46・第二期生が作る空間の醍醐味である。ノスタルジックとまではいかないものの、若者の未成熟な、簡明な群像劇、冒険譚とも呼べる物語、バラバラに見えるけれどどこか深い場所でつながっている、強い絆で結ばれているようで簡単にバラバラになってしまう、そんな物語を描くところに乃木坂46・第二期生の魅力がある。その群像劇の幕が下り、ほとんどの観客が帰路につくなか、余韻に浸るように客席に座り込んだままのファンに対し、舞台上でみせた演技や拘りを、舞台から降りたあとのアイドルとして過ごす日常においても再現してみせることができるのならば、伊藤純奈はグループにあたらしい展開を描かせる原動力になるかもしれない。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 13点

演劇表現 15点 バラエティ 8点

情動感染 8点

乃木坂46 活動期間 2013年~2021年

 

センターの値打ち 乃木坂46 編

はじめに 「センター」に点数を付けてみたい。また遊び心が湧いた。と同時に、『ロー ...

NGT48 Awesome 評価

「Awesome」 楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、 6枚目シングル。小 ...

瀧野由美子はやっぱりおもしろいし、かわいい

「アイドルの物語化が起きる瞬間」 ひさしぶりに瀧野由美子を見たら、なんだか妙にし ...