乃木坂46 畠中清羅 評価

乃木坂46

畠中清羅(C)スクランブルエッグ

「小さな空も素敵な人生と知る」

畠中清羅、平成7年生、乃木坂46の第一期生。
アイドルグループ・Chimo出身。衛藤美彩も同グループ出身であり、固い絆で結ばれている。ただ、畠中のアイドルの性質は衛藤美彩のそれとは径庭している。たとえば、ファンに不意打ちを喰らわせる衝動性をもつ、という意味では大和里菜と通い合うアイドルであり、都会の光りの眩しい世界にあっても本来の自分を見失わない、夢を前にして急に他人になってしまうような「俗」とは無縁をつらぬく純度の高い素朴さをそなえ持つ、という点においては大園桃子の先駆をなす。
そのビジュアルのインパクトから、グループに親和と多様性を与える存在として、また同時に、グループのイロに反抗する粗野なアウトローとみなされる場面が多かった。もちろん剣呑な一面もたしかにあったようだが、畠中は本来的に、熱誠で情誼に厚い人物であり、だれからも愛されるひとであり、だれに対してもつねに「真実」であるという、好感をいやますアイドルを描いている。そのだれからも愛される、愛着されてしまう特質が結局は彼女から「アイドル」を引き剥がす結果になったのだけれど。
つまり、アイドルとして過ごす日々を青春の犠牲として捉えるのではなく、「アイドル」を嘘偽りなく青春の書と扱う器の持ち主、と呼ぶべきだろうか。畠中が描く「後日の物語」、たとえば子どもを抱きかかえて公園を散歩するといった日常風景が、今後グループに誕生するであろう多くのアイドル=夢見る少女にとっての、より普遍的な憧憬になることは、シーンの衰退・索漠をみるかぎりほぼ決定づけられているようにおもう。そうである以上、青春と引き換えにして夢をつかむ成長物語としての「アイドル」に儚さや活力を見出すのではなく、哀れな夢を手に入れるため、価値にまったく気づかないまま投げ捨ててしまったその青の時代への名残の内に「アイドル」の儚さは宿る、という姿勢を今後は「主流」とするべきなのだろう。そうした観点の上では、畠中清羅の横顔にはなかなかの泡沫がある。

15歳でデビューし、19歳でアイドルの物語の幕を閉じるが、その資質に比して、「選抜」の椅子に座したのが一度のみ、これは少なすぎるように感じる。乃木坂46のアンダーの原点である『左胸の勇気』で「センター」を務め、次作『おいでシャンプー』において表題曲の歌唱メンバーに選抜されるも、アイドルとしての飛翔はここまで。グループをブレイクに導こうと奔走する作り手にとってのゾルレンではなかった、ということなのだろうか。

 

総合評価 60点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 10点

演劇表現 7点 バラエティ 15点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2011年~2015年

引用:見出し、秋元康/自由の彼方