乃木坂46 能條愛未 評価

能條愛未(C)シネマズPLUS/株式会社クラップス

「ゆっくりとすこしづつ失いながら」

演劇・ミュージカルに活路を見出すという点は隘路に陥ったアイドルの”お決まりのパターン”と云うか、きわめて陳腐な物語ではあるが、能條愛未の演劇表現力は(アイドル界においてならば)紛れもなくトップクラスと評価できるだろう。ただし、資質の観点では「役」を腑に落とす為の考察力、観察眼、検証や追究に対する能力が致命的に欠如しており、女優としての展望を見出すことはむずかしい。彼女はデビューしてから一貫し、才能=衝動だけで演技をしているように感じる。舞台装置の上に横一列に並ばされた、架空の世界に踏み込んだばかりの少女たちの中で「能條愛未」が群を抜く実力を示せた理由は、彼女が才能”だけ”でアイドルを演じたからである。しかし、才能とは尽きるものである。枯れない才能など存在しない。彼女は、舞台の上で自身の可能性をゆっくりとすこしづつ失いながら演技しているように錯覚(確信)させる。だから、アイドルとして豊穣な物語を獲得するライバルたちに置き去りにされるのも時間の問題であった。自己の枠組みを貫き、才能を拡張するには、やはり、自身のファンの前で追究心をもった登場人物を描き物語性を具える必要があるのだろう。たとえば、生田絵梨花のように。
歌唱力については、彼女の歌声は伴都美子を想起させるような、新しいタイプのジェンダーを感じさせる。力強さに透明感が内在するヴォイスであり、「個性」と表現して良い武器と云えるだろう。アンダー楽曲『ブランコ』を提供した時期ならば、ビジュアル、ライブ表現力、共に選抜に食い込めるレベルに到達していたとおもう。局面的ではあるかもしれないが、グループの象徴でもある「層の厚さ」に貢献していたと云える。

泥濘道を歩み続ける現状を打開できないまま、架空の世界を飛び立つことになった要因は、観客が求める能條愛未像と能條愛未自身が目論む、理想のアイドル像に齟齬があったためだが、これはアイドルが陥るありきたりの現象である。どこにでも転がっている、陳腐な葛藤。陳腐であるからこそ、抜け出すのが困難な隘路。現代アイドルの多くは、客観視に傾倒した自己分析(自己洞察)と、通俗的なファンが作り出す欲望の枠組みの中にすっぽりと収まるような立ち居振る舞いを要求され、それに悩む。自己の理想と現実に求められる欲望との「乖離」がアイドルを隘路へと導くのは、容易い。そして、ほとんどのアイドルがこの隘路から抜け出せずに物語の幕を閉じる。迷宮から抜け出すには行き止まりの壁を堀るような奇抜さか、歩いてきた道をそのまま引き返す勇気と決断力が必要である。客観性と同時に求められるのは、特別な柔軟性、バランス感覚だ。能條愛未にはそのバランス感覚が決定的に欠如していたように映る。自身の立ち居振る舞いのなかに企みのない滑稽さが含まれていて、それが観者に感染して「笑い」が発生する。そのような現象を作り上げる資質を自身が所持しているという自覚が彼女にどこまであったのか、自覚があり、そのうえでそれを否定するようなアイドル像を求めてしまったのか。いずれにせよ、「引き寄せの法則」の意味を、意図を、ただしく理解し、実践するリテラシーが彼女に備わっていたら、あるいは違う結果がもたらされたかもしれない。平易に表現すれば、能條愛未はアイドル=観者の作り出す幻想と妄執を奇跡との遭遇と捉え、それを演り切ることができなかった、と云える。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 14点

演劇表現 15点 バラエティ 8点

情動感染 10点

乃木坂46 活動期間 2011年~2018年

評価点数の見方

乃木坂46