乃木坂46 能條愛未 評価

乃木坂46

miimiさん(@ezw_kp)がシェアした投稿

 

「ゆっくりとすこしづつ失いながら」

 

演劇・ミュージカルに活路を見出すという点は隘路に陥ったアイドルの”お決まりのパターン”と云うか、陳腐な物語ではあるが、能條愛未の演劇表現力は、アイドル界においてならば、紛れもなくトップクラスだろう。歌唱力についても、その歌声は伴都美子を想起させるような、新しいタイプのジェンダーを感じさせる。力強さに透明感が内在するヴォイスであり、「個性」と表現して良い武器である。アンダー楽曲『ブランコ』を提供した時期ならば、ビジュアル、ライブ表現力、共に選抜に食い込めるレベルに到達していたとおもう。局面的ではあるかもしれないが、グループの象徴でもある「層の厚さ」に貢献していたと云える。しかし、乃木坂46というアイドル史に銘記されるべきグループに在籍しているかぎり、それだけでは人気獲得への期待値は低い。物語の量が不足している。

泥濘道を歩み続ける現状を打開できないまま、アイドルとしてのカタストロフィを迎えることになりそうな要因は、観客が求める能條愛未像と能條愛未自身が目論む、理想のアイドル像に齟齬があったためだが、これは多くのアイドルが陥るありきたりの現象である。どこにでも転がっている、陳腐な物語である。現代アイドルには、客観視に傾倒した自己分析(自己洞察)と、通俗的なファンが作り出す欲望の枠組みの中にすっぽりと収まるような立ち居振る舞いが求められる。自己の理想と現実に求められる欲望との「乖離」がアイドルを隘路へと導くのは、容易い。そして、ほとんどのアイドルがこの隘路から抜け出せずに物語の幕を閉じる。この隘路から抜け出すには行き止まりの壁を堀るような奇抜さか、歩いてきた道をそのまま引き返す勇気と決断力が必要である。つまり、客観性のなかに、特別な柔軟性(バランス感覚)が求められるとういうことだ。能條愛未にはそのバランス感覚が決定的に欠如していたようである。自身の立ち居振る舞いのなかに滑稽さが含まれていて、それが観者に感染して「笑い」が発生する。そのような現象を作り上げる自身の資質への自覚がどこまであったのか、自覚があり、そのうえでそれを否定するようなアイドル像を求めてしまったのか。いずれにせよ、「引き寄せの法則」の意味を、意図を、ただしく理解し、実践するリテラシーが彼女に備わっていたら、あるいは違う結果がもたらされたかもしれない。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 14点

演劇表現 15点 バラエティ 11点

情動感染 7点

乃木坂46 活動期間 2011年~

評価点数の見方