乃木坂46 樋口日奈 評価

乃木坂46

樋口日奈(C)ウォーカープラス

「My rule」

樋口日奈、平成10年生、乃木坂46の第一期生。
表題曲の歌唱メンバーに選抜された回数や、アイドルそのものの人気・知名度が、生まれ持った資質との乖離をまったく描いておらず、良くも悪くも驚きの少ない、話題性や意外性に乏しい登場人物。ただ、運は良いようである。アイドルを眺めやるとバランスが良く見える。小ぶりだが安定感があり、バックライトでアイドルを大きく照らし出すような、実力以上の信頼感を作り上げている。「乖離」のあるアイドルだが、その乖離がプラスに働いているようだ。腐っても乃木坂の1期、ということなのだろうか。であれば、やはり運が良いのだろうし、その恵まれた状況がアイドルをつまらないものに引き下げているのだろう。
「人狼ゲーム」で描いてみせたブラックスワン的な立ち居振る舞いは一体なんだったのか。予測不可能な衝動性を把持したアイドルが誕生した、樋口日奈というアイドルの素顔がようやく描かれた、という感興のすべてを裏切るように、現在の乃木坂46のなかにあっては、群像の影に重なり合い、存在感がまるで無い。”やれたけど、やらなかった”、”やれたかもしれないけど、やらなかった”、といったアナザーストーリーの構築を叶えない末端的登場人物の一人に押しやられている、とつよく感じる。近年はテレビドラマや舞台といった演技・表現活動に精力的に取り組むが、それが生田絵梨花や井上小百合のような自己の枠組みの拡張ではなくデビュー初期から書きつづけた「アイドル・樋口日奈」の本篇の放擲に映るのは、やはり彼女の作る邁進が空回りしているからか。成長共有への致命的な裏切りとまでは言い切れないものの、今後の展望(アイドルとしての憧憬)が見出し難く、アイドルの物語を語るという点において扱いづらいタイプの人物に映る。

年齢不詳的な美人、京人の淑やかと狂人的な立ち居振る舞いを作る架空のキャラクターという意味では、舞台で演じた『しずかちゃん』と重なって見える場面も多く、『シークレットグラフィティー』との融和からも見て分かるとおり、樋口日奈はフィクションを作り上げるために必要な材料を豊富に入手している。境遇に恵まれた、強運の持ち主と云える。だが一方では、その強運によって入手した『My rule』の「センター」を失敗に終え、境遇に左右されるだけのアイドル、という無聊をあらわにし、徒労感を観者に投げつけてしまった。

”黒い心”の露出、つまり闘争の描き方に意識的なアイドルだが、仲間やファンとの向き合い方はきわめて繊細で真剣、グループアイドルとして心地よい物語を作っている。歌もダンスも上手い、演技だってできる、それでいてどこか脇の甘い、脆い部分も見せる。情動の発露によって自家撞着=ありがちな愚行も披露しており、多くのアイドルの物語に書かれるイベントを一通りこなしているように読める。
だが、むしろその「網羅」が樋口日奈を、折好くまとまった平板で退屈なアイドルに引き下げている。
彼女は一見、新鮮で人間味のある、「生活」の手触りを感じさせる科白を並べ立てるが、あらためて意識的に彼女の文章を通読してみれば、それらが代わり映えのない、以前にもどこかで誰かが書いていたような、どんな局面でもありきたりな描写に終始する、見栄えの良い嘘=張りぼてである事実に容易く到達できる。
乱暴に総じてしまえば、彼女が演じ作り上げるアイドルには、”君じゃなきゃ”という重さ、希求力の発揮がない。アイドルとして、”自分だけのルール”を持っていない。たしかに、救済的な仕草で溢れる日常の提供は、彼女が不条理や不遇に頬を打たれた際に、同情や共闘を募る手順を簡易にしているが、樋口日奈の作る意味ありげな微笑からは、そのような妖美よりも、浅薄や企みの浅さといった幻想を歪ませる模倣性をどうしても嗅いでしまうのだ。常に何者かの真似をしているように見える。しかもそれは大抵の場合、想像力によって描き出されたものであり、つまり以前にどこかで眺めたことのある光景を無意識に再現しているだけの紛い物である。もちろん、何かの真似をすることはまったく悪いことではないけれど、その場合、自己の内に秘めた想いを表現するにはこれしか手がないのだ、というどうしようもなさをさらけ出さなければならないだろう。
結局、模倣というのは構図の練り上げを目的とするわけだが、樋口日奈がどれだけ他のアイドルの物語を模倣しても洗練されたアイドルは立ち現れてこないし、むしろ類型に収まっているだけに見える。要するに、凡人なのだろう、このひとは。

「シークレットグラフィティー 編」

京都人の”イメージ”に憧憬を抱き、見様見真似で京人を立居振舞う。すると、樋口日奈=京人というイメージが自然に独り歩きをはじめ、アイドル=幻想が他者の内に堆積し固められて行った。もう一人の自分の誕生。アイドルが作る虚構(フィクション)の性質を説明する上で、デビュー当時の「樋口日奈」ほど扱いやすい事例はない。読者の手腕によって幻想が作られて行くという観点において、彼女が敬慕する「西野七瀬」の後を追いかける資質の発揮と捉えることも可能だろう。
樋口日奈の失敗は、事実と異なった情報の伝播が生む誤解、それが”事実を歪曲する嘘”としてファンの眼に映ることに怯え、独り歩きするイメージに戸惑いを覚え、その幻想を抱きしめながらアイドルを演りきるのではなく、妄執の解消に努めてしまった点にある。彼女は過去の自分が書いた”教科書の裏のいたずら書き”や”高架線の柱の落書き”を、自ら消し去ってしまったのだ。

 

総合評価 56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 11点

演劇表現 12点 バラエティ 12点

情動感染 10点

乃木坂46 活動期間 2011年~

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...