乃木坂46 樋口日奈 評判記

乃木坂46

樋口日奈(C)the first times

「シヴィライゼーションの妙」

樋口日奈、平成10年生、乃木坂46の第一期生。
乃木坂46の立ち上げメンバーとして、黎明期、成長期、黄金期、そして衰退期、と、ひとつのアイドルグループの、ひとつのシヴィライゼーションと歩調を共にしてきた、数少ないメンバー。移り行く文明のなかで、自己の存在理由、役割を奪われてしまう人がいる一方で、「存在」を勝ち獲る者もいる。西野七瀬白石麻衣の卒業を機に衰退期あるいは世代交代という意味での大きな端境期に入ったかに見える乃木坂46にあって、ようやく、樋口は眩しいスポットライトの下に立つことができたようだ。
見知った日常の風景としての人混みのなかに”恋”が落ちているのだと歌ったアンダー楽曲『シークレットグラフィティー』のセンターを務め、アイドル自身のイメージと楽曲のイメージが上手に重なり合ったことから、グループの多くのファンのあいだで話題に挙がったその時期を除けば、あるいは、『人狼ゲーム』において突飛なキャラクターを演じたその瞬間を除けば、意外性と話題性に乏しい、影の薄い、主役に選ばれた少女を支える、まさしく脇役然としたメンバーであり、アンダー楽曲のセンターポジションに立った回数、表題作の歌唱メンバーに選抜された回数など、アイドルとしての人気・知名度が、アイドルを演じる本人の資質とまったく乖離しない、良く言えば驚きの少ない、悪く言えば個性に乏しい平凡な登場人物だったが、ここに来て、数少ない1期の生き残り、という点を支えにして「アイドル」を勢いよく飛翔させつつある。

とはいえ、そうした興奮、感興のようなものに惑わされずに「アイドル」を読むならば、グループをブレイクに導き、またその価値を底上げしてきた同期の面々や、次世代を担う若手メンバーの才能に比べれば、現在の樋口のアイドルとしての有り様は「便乗」としか言い様がなく、引きつけられるものが一つもない。近年は、テレビドラマや舞台といった役者商売に精力的に取り組むが、生田絵梨花井上小百合のような夢の探求に憑かれた人間特有の表現力など望むべくもなく、また歌唱力を評価され楽曲の重要な場面を任されることも多いが衝動性に痩せていて引かれるものがない。いずれも平均的、と評価するほかになく、魅力に乏しい。
このひとは、運が良いのだろう。ただそれは、運の女神に愛された運の良さ、ではなく、人情をつく「運」なのだが。アイドルを組み立てるそのステータスを眺めれば、突出した能力を何一つ持たず、ひどく小ぶりであり、魅力に乏しいが、そこに乃木坂46の第1期生という肩書きを添えれば、経験豊富なオールラウンダーとでも呼ぶべきか、バランス良く見え、小ぶりであることがむしろプラスイメージにすり替わり、安定感抜群のアイドルを見せかける。
腐っても乃木坂の1期、と云うしかない。平凡であっても、そこに「乃木坂」を敷けば、特別な役割を持ったアイドルに映る。やはり、運が良い。しかし、バックライトでアイドルを大きく照らし出すような、実力以上の信頼感を作り上げるその恵まれた状況・境遇がアイドルをよりつまらないものに引き下げている、アイドルが空転しているのもまた、事実ではないか。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 9点 ライブ表現 12点

演劇表現 12点 バラエティ 12点

情動感染 10点

乃木坂46 活動期間 2011年~2022年

2022/07/17  本文を一新しました

  関連記事

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...