乃木坂46 岩瀬佑美子 評価

岩瀬佑美子 (C) けつばん@Ketsuban_No000/twitter

「ハイウェイ」

21歳でデビューし、22歳で卒業する。アイドルとしての活動期間、物語は短い。平成の暮れ、現在の乃木坂46において、活動1年、22歳で卒業を決心するというのは、どちらも早すぎる決断と映るが、岩瀬が卒業をした2012年当時のグループには、そのような雰囲気はほとんどなかった、と記憶している。例えば、橋本奈々未卒業時のような喪失感や、相楽伊織が卒業発表をした際に渦巻いた意外性の存在は皆無であった。

彼女の卒業理由を改めて考察、批評することに意義などはまったく無いし、理由を知るすべもない。
当たり前だが、感情の数を数えることなどできない。バンドマンを志す若者らしさに溢れ、きっと、だいたい百個くらいの理由があったのだろう。

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって
ひとつめはここじゃどうも息も詰まりそうになった
ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること
みっつめは車の免許とってもいいかな なんて思っていること

くるり「ハイウェイ」

生まれた場所や境遇は様々だけれど、数あるアイドルの卒業スピーチのなかでも、岩瀬佑美子はアイドル史に銘記されるべき珠玉のスピーチを作った。彼女の言葉がグループアイドル史のなかでどれだけの読者の目に触れ、どれだけの時間経過に耐えうるか、わからない。だが、乃木坂46の1期生たちが2期生や3期生には備わることが決してない鮮度と輝きを放ちつづけ、現在のアイドルシーンにおいてきわめて独特な魅力を湛える理由をあえて説明するのならば、岩瀬佑美子から贈られたメッセージをそれぞれが胸に仕舞い込み、彼女との約束をいつまでも、しっかりと守っているからだ、と云える。

「これからもっと悔しい事とか辛い事とか納得いかない事がたくさんあると思うけど、でも、それでもみんな今の気持ちのまま、今のピュアな気持ちのまま良い意味で大人にならないで、そのままの純粋なきみたちでいてください」

乃木坂ってどこ「笑顔、そして涙の岩瀬佑美子卒業式」

岩瀬佑美子から見て、まだ少女だった「きみたち」が、岩瀬佑美子がアイドルを卒業した22歳という年齡を次々に超えていく…、この、ある種のパラドックスと云える現象は、「きみたち」にどのような影響を与えているのか、与えたのか、洞察は尽きない。現代のアイドルシーンにきわめて緊密に絡みつくテーマを残した岩瀬佑美子の物語は功績と呼ぶに値するだろう。

 

総合評価 58点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 13点

演劇表現 9点 バラエティ 8点

情動感染 15点

乃木坂46 活動期間 2011年~2012年

評価点数の見方