乃木坂46 和田まあや 評価

和田まあや © Natasha,Inc

「擦過」

「人生の機微に通じているが大仰な思想も訓戒も並べはしない。勇者は武張り、麗人はたおやかで、小気味よく淀みなく、面白い話をずんずんと聞かせてくれる。それで何の不足があるだろうか。」

福田和也「作家の値うち」

手練れである。バラエティ番組において、「和田まあや」との共演は他のアイドルにとってはひとつの「脅威」となる。次世代ホープから矜持を抱えたトップアイドルまで、和田まあやの怜悧な天真爛漫さの前では、当たり前のように準備された主役の座を奪われ、存在感をかき消されてしまう。アイドルたちが各々の武器を用いて場の空気を自分の色に作り上げても、その後に発する和田まあやの一言で物語の全てが転覆する。彼女の笑い顔には緻密に計算された鋭い企みの影が覗くのだから、脅威に映る。割に合わない、と察して敗走するしかない。その剛腕に反して、和田まあやのアイドルとしての名声が極端に低いのだから、尚更、割に合わない勝負なのだ。
では、何故圧倒的な多様性=資質をもつ人物がアイドル活動に苦戦を強いられているのだろうか。

和田まあやが作り上げるアイドルの立ち居振る舞いには、涙もあるし、笑いもある。笑いを誘う立場への傾倒に自己犠牲的な憐憫を感じないわけではないが、能動性の発露により、救われる。
モノマネが巧いというのは、対象の人物へ短時間で興味を抱ける資質があり、長所と短所を抽出し切り取って掴む洞察力を兼ね備えた証拠でもある。さらにそれを表現へと転化させるには孤独な反復練習に耐える精神力と自己省察に立ち向かう冷静さが必要だ。これらを経て、観者の心を揺かすモノマネが生まれる。笑いが生まれる。
共演者たちの心を鷲掴みにしてしまうのも和田まあやが授かった天性の資質である。バラエティの分野だけではなく、ダンスに打ち込む姿勢もストイックであり、「アンダー」としての存在理由を満たすために訓練を怠らない。その直向きな姿勢を目の当たりにしてしまうと、どんなに厳格な人間でも最後には心を絆されて『まあや~』と言いながら彼女の元に駆け寄って行くのである。そんな和田まあやの人格の影には、狂気にも満ちた痛々しい屈辱の痕が見て取れるのだから、興味深い。人間味があると云える。隘路の両壁で自身を損なう擦り傷を負いながらも、明るさを放棄せずに「アイドル」を演じつづけているのだから、まさに不撓不屈と評価すべき人物であろう。けれど、それが、それらの行いが、観る側の情動を引き起こすことは稀である。アイドルにとって必要な何かが致命的に欠如しているのか、わからない。その正体は一体どんなものなのだろうか。やはり、痛手を負った、怜悧な人物を観ても、企みの露出に直面してしまったら、素直に笑うことはむずかしいのだろうか。もしかしたら、和田まあやに必要だったのは伊藤万理華のようなバランス感覚のすぐれた自己プロデュース力(センス)だったのではないか、と感じるが、明確な答えはみつからない。「小気味よく淀みなく、面白い話をずんずんと聞かせてくれる。それで何の不足があるだろうか。」という疑問は指原莉乃の成功以降、多くのアイドルの背中に、遭遇が許されない奇跡として、重くのしかかっている。

 

総合評価 56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 16点

情動感染 6点

 乃木坂46 活動期間 2011年~

評価点数の見方