乃木坂46 泥だらけ 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)泥だらけミュージックビデオ

「泥だらけ」

楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、

『君に叱られた』のカップリング曲。メンバーがバンドマンに扮した、ユニット楽曲。
青春の濫費という意味でのアイドルを、ロックに重ね、いま自分の打ち込んでいるものがなんら未来につながらないという確信、屈託を歌っている。それなりに暗さのようなものがある。乃木坂46にとっての、アイデンティティの探求、自我の模索劇とはこうした暗さを持つ、ということなのだろうか。あるいは、こうした屈託を打ち出したほうがリアリティがあり共感されるのかもしれない。要するにこれはアイドルが「アイドル」を演じているに過ぎないのだが。ビジョン、伝達力があり、なかなか考えられている。文句なしに良作。
『泥だらけ』は、表題作『君に叱られた』と同様のテーマを持っており、あたらしくグループに加わる少女、アイドルを志す少女を意識して作られている。グループアイドルの魅力を簡明に打ち出し、それを教えようと試み、表現している。表題作が「羨望」ならば、これは「投影」だろうか。
今作品を眺めて思うのは、乃木坂46というアイドルグループは、アイドルに興味を持たない少女、しかし現在グループで活躍するアイドルたちと似たような前日譚を持った少女を、強く欲しているのだな、という感慨である。「アイドル」から離れた場所に立つ人間を過剰に意識しているように映る。たしかに、もし演じているのがアイドルだと知らずにこの作品に触れたら、という視点に立ち想像すれば、引きつけられるものがある。
こうした思惟を準備しあらためて楽曲を眺めてみると、筒井あやめの横顔=演技がもっともリアリティをそなえているように感じる。山下美月、久保史緒里のボーカルにも「アイドル」の魅力が込められている。

一方で、ミュージックビデオのイメージを放棄し、作詞家・秋元康の編む世界観だけをうかがうならば、その詩情(とくに書き出しの一行)と合致するのは、和田まあや、彼女になるだろう。この詩情と響き合う、ということは、つまりなにかの主役ではありえないわけであるから、そうしたアイロニーにおいても和田の屈託と詩情が強く呼応しているように思われる。

 

総合評価 68点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 13点

ボーカル 15点 ライブ・映像 14点

情動感染 12点

歌唱メンバー:齋藤飛鳥 和田まあや 久保史緒里 山下美月 遠藤さくら 筒井あやめ

作詞:秋元康 作曲:CottON 編曲:CottON

 

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...

アイドルの可能性を考える 第十六回 秋元康 編

「秋元康=歌詞の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」を執筆 ...

乃木坂46 斉藤優里 評判記

「うれしい!  たのしい!  大好き!」 斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一 ...